「無変化キーの削除」ウィンドウ

本ページではVersion 5.7以降について解説しています。
Version 5.6.1以前についてはこちらをご覧ください。

「無変化キーの削除」ウインドウは、アニメーションデータ、対象アトリビュートを指定して、一括で無変化キーの削除が行えます。

Window_keydelete_menu02_ver5.6.1「編集」メニューの「アニメーション」から「無変化キーの削除」を選択すると開きます。

 

 

 

 

Window_keydelete_menu_ver5.6.1また「プロジェクトウィンドウ」のssae(アニメーションファイル)、アニメーションデータのコンテキストメニューから「無変化キーの削除」でも本ウィンドウを開くことができます。

 

 

 

 

 

無変化のアトリビュートキーの削除を行うと、パーツのアニメーションの演出に影響が無いアトリビュートを削除します。
アトリビュートが全て削除されたキーについては削除されます。
この機能はデータ容量の削減に役立ちます。

Window_keydelete_ver5.7.0

アニメーションリスト

現在のsspj(プロジェクトファイル)に含まれているssae、アニメーションデータが列挙されています。
チェックを入れたファイルの無変化のアトリビュートを削除します。

文字がオレンジ色で表示されているファイルは、保存されていない変更が存在しているファイルです。
Window_keydelete_01_ver5.6.1

アトリビュートリスト

削除対象とするアトリビュートを選択できます。

  • すべて選択
    対象のアトリビュートすべてにチェックを入れます。
  • 選択をクリア
    対象のアトリビュートに入れられているチェックをすべて外します。
すべて選択

アニメーションリスト内に表示されているファイルすべてを、無変化のアトリビュートキーの削除の対象とします。

更新のみ選択 アニメーションリスト内に表示されている、更新されたファイルを変化のアトリビュートキーの削除の対象とします。
ssaeが更新されている場合、更新されたssaeに属するアニメーションデータをすべて選択します。
選択をクリア アニメーションリストのチェックをすべて外します。
OK 無変化のアトリビュートキーの削除を行います。
キャンセル 無変化のアトリビュートキーを削除せず、本ウィンドウを閉じます。

「フレームコントロール」ウィンドウのパーツ及びタイムライン部のコンテキストメニューでも「無変化キーの削除」を行えます。

ただし、「フレームコントロール」ウィンドウ上での「無変化キーの削除」は、最適化するアトリビュートを選択せずに、選択しているパーツの中で、アニメーションの演出に影響が無いアトリビュートを削除します。