ウィンドウの配置について

ウィンドウメニューから「ウィンドウの配置の保存・復帰」を行うことが可能です。
各ウィンドウのサイズやフローティング状態を、最大3つまで保存することができます。

「アニメーションを編集するときだけレイアウトウィンドウをフローティングさせたい」等、作業ごとにウィンドウの配置を変更する場合、あらかじめ保存しておくと便利です。

ウィンドウの配置の変更方法

ウィンドウサイズを変更する

メインウィンドウの基本位置は変更することはできません。
ですが、各ウィンドウの枠部分をドラッグすることで、ウィンドウサイズを変更することができます。

ウィンドウをフローティングさせる

ウィンドウ名の部分をダブルクリックすることで、ウィンドウをフローティングさせることができます。
固定の位置から外れ、任意の位置に移動させることが可能なため、「メインディスプレイにSpriteStudioのメインウィンドウを表示し、サブディスプレイにレイアウトウィンドウのみを表示して、アニメーションを編集する」等も可能です。

ウィンドウの配置を保存・復帰する

ウィンドウメニューから、ウィンドウの配置情報を保存することが可能です。
ウィンドウのサイズやフローティングの状態を残せるため、「セルを登録する時の配置」や「アニメーションを編集するときの配置」等、用途毎に保存しておくことができます。

ウィンドウの配置を保存する

1.メインメニューの「ウィンドウ」から「配置を保存」を選択します。

3つあるうちのいずれかを選択します。
「レイアウト1」を選択した場合、「レイアウト1」に現在のウィンドウの配置を保存します。

2.配置名を設定します。

OKボタンをクリックすると、設定した名称で現在のウィンドウの配置を保存します。

3.保存が完了しました。

すでに設定しているウィンドウの配置に上書き保存を行いたい場合は、上書き保存をしたい配置を選択して、保存をし直してください。

保存したウィンドウの配置を復帰させる

保存したウィンドウの配置を反映させたい時は、メインメニューの「ウィンドウ」から行います。
また、「出荷状態」を選択することで、各ウィンドウの位置を、初期設定の位置にリセットすることも可能です。

1.ウィンドウの配置変更前の状態です。

「レイアウトウィンドウ」をフローティングさせた状態で保存した「アニメーション編集用」という配置を反映させます。

2.メインメニューの「ウィンドウ」から「配置を復帰」を選択します。

反映させたいウィンドウの配置を選択してください。

今回は「アニメーション編集用」という配置を選択します。

3.保存していた配置が反映されました。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?