SsKeyBindingEditorV6 ショートカットキーを編集

「SsKeyBindingEditorV6」はOPTPiX SpriteStudio Ver.6に対応した補助ツールです。
SpriteStudio 5をご利用の方は「SsKeyBindingEditor」のページをご覧ください。

SsKeyBindingEditorV6はSpriteStudio Ver.6.0に対応した、ショートカットキーカスタマイズツールです。

搭載されているショートカットキーの一覧の確認と、カスタマイズを行えます。
どのようなショートカットキーが採用されているか把握したり、自分の使いやすいようにカスタマイズすることで、作業効率の向上が見込めます。

このページではVer.1.1.0以降を解説します。

SsKeyBindingEditorV6の使い方

ここでは、SsKeyBindingEditorV6の基本的な使い方を解説します。

事前準備

SsKeyBindingEditorV6を利用を使用するにあたり、事前に準備を行います。

SsKeyBindingEditorV6を利用のダウンロード

GitHubからダウンロードしてください。

「SsKeyBindingEditorV6_Setup.exe」を無事ダウンロードしたら、exeをダブルクリックしてインストーラーを起動します。
インストール先の初期設定は以下の通りです。インストールの際に任意の場所に変更することが可能です。

OS インストール先の初期設定
Windows C:¥Program Files (x86)¥Web Technology¥SsKeyBindingEditorV6

 

SpriteStudioを起動し「SsKeyBindings.xml」を作成する

「SsKeyBindingEditorV6」は「SsKeyBindings.xml」をGUI上で編集するツールです。

「SsKeyBindings.xml」はSpriteStudioのキー設定ファイルです。
SpriteStudioは「SsKeyBindings.xml」を読み込み、各コマンドにショートカットキーを設定します。

sskeybindingeditor_01

「SsKeyBindings.xml」はSpriteStudioを1度でも起動すると自動で作成されます。
作成されるフォルダは以下の通りです。

OS 作成されるフォルダ
Windows /Documents/SpriteStudio
Mac /書類/SpriteStudio/

SpriteStudioは /Documents/SpriteStudio(macOSの場合は /書類/SpriteStudio/ )の「SsKeyBindings.xml」を読み込みます。

別のフォルダに存在する「SsKeyBindings.xml」や、別名のxmlを用意していても、そのファイルは読み込まれません。
(初期設定の「SsKeyBindings.xml」が新たに作成されます)

使い方

「SsKeyBindingEditor.exe」を開く

SsKeyBindingEditorフォルダ内にある「SsKeyBindingEditorV6.exe」をダブルクリックすると「SsKeyBindingEditorV6」が開きます。

C:Program Files (x86)Web TechnologySsKeyBindingEditorV6

ショートカットキーの編集を行う

SsKeyBindingEditorV6を開くと、各操作に対して設定されているショートカットキーの一覧が表示されます。

デフォルトでは以下の場所に保存されている「SsKeyBindings.xml」を開きます。

ショートカットキーを設定する

編集したいコマンドをクリックして選択します。
青くハイライトされているのが選択されているコマンドです。

左下でショートカットキーを設定します。

プルダウンメニューからキーを選択し、有効にしたい修飾キーにチェックを入れてください。

設定が完了したら「SpriteStudio6に適用」ボタンをクリックしてください。

問題が無ければ適用されます。次回SpriteStudioを起動したときに編集したショートカットキーが反映されます。

重複している場合、重複を知らせるダイアログが表示されます。
コマンドを選択することで、該当のコマンドまで移動します。

重複しているコマンドを選択して、重複状態を修正してから再度「SpriteStudio6に適用」をクリックしてください。

注意点

  • ショートカット設定ファイル(SsKeyBindings.xml)を作るため、一度 SpriteStudio Ver.6を起動する必要があります。

  • ツールのフォルダにあるファイルを編集、削除しないでください。
    SsStringTable.ja.dat、SsStringTable.en.datはツールの起動に必要なファイルです。編集、削除をしないでください。

  • キー単体の指定は「フレームコントロールウィンドウ」など、「~ウィンドウ」に属するコマンドに限られます。

    例えば「編集」カテゴリにある「コピー」に”C”キー単体を、「元に戻す」に”Z”キー単体を割り当てるようなことはできません。
    Ctrl(Command) などの修飾キーを指定してください。

OS固有のショートカットキーとの重複について

OS固有のショートカットキーとSsKeyBindingEditorV6で設定したショートカットキーが重複した場合、OSの固有のショートカットキーが優先されることがあります。

例えば option + command + D を設定すると Dock の表示/非表示 操作を優先することがあります。

意図しない動きをする場合、以下のページに該当するコマンドが無いかご確認いただき、ほかのショートカットキーを設定してください。

  • Windows
    https://www.microsoft.com/ja-jp/enable/products/keyboard/default.aspx?navIndex=4
  • macOS
    https://support.apple.com/ja-jp/HT201236

Mac 固有の制限

  • 修飾キーに 単体を指定した場合、を押しながら、もしくは、メインメニューを出した状態でないと動作しませんのでご注意ください。
    • 「Shift+Command+キー」「Option+Command+キー」「Command+キー」にて設定することをオススメします。
      「Option+Shift+キー」では「Shift + option + d」は「option + D」となり fn キーの追加入力が必要となります。
  • テンキー(Num xxxの割り当て)は非対応となります。設定は可能ですが操作はできません。ご注意ください。

ユーザーガイド

ここでは「SsKeyBindingEditorV6」の各種機能についての説明します。

SsKeyBindingEditorV6 ウィンドウ

コマンド

SpriteStudioで行うことができる操作です

キー設定

コマンドに設定されているショートカットキーの設定です

キー編集

ショートカットキーを編集する場所です。キーはプルダウンメニューから選択します。
修飾キーは設定したいキーにチェックを入れてください。
(複数の修飾キーを設定することも可能です)

SpriteStudio6に適用

編集した内容を「SsKeyBindings.xml」に反映します。重複などがあった場合、ダイアログが表示されます。
該当するコマンドを編集しなおしてください。

SsKeyBindingEditorV6 メニュー

ファイル

開く

編集したいxmlファイルを開きます。

上書き保存

上書き保存します

名前を付けて保存 別名をつけてxmlファイルを保存します

操作

インポート

xmlをインポートし、現在編集しているxmlに反映させる機能です。

上書き

xmlを元に、設定を上書きする機能です。設定中のものは消してしまいます。

マージ

機能構成をインポートしたxmlにあわせつつ、現在設定されているショートカットがあれば残します。

SpriteStudio6に適用

現在編集しているxmlを SpriteStudio Ver.6 に適用します
次回SpriteStudio起動時にショートカットキー設定が反映されます。

ヘルプ

OSのショートカットキー一覧を表示

OSのショートカットキー一覧のリンクが記載されているページに遷移します

https://github.com/SpriteStudio/SsKeyBindingEditorV6/wiki#osshortcut

SskeyBindingEditorV6について

現在ご利用のSskeyBindingEditorV6のバージョンが記載されたダイアログを表示します。

SpriteStudio本体に反映されないショートカットキー設定があった場合、注意点の制限項目に抵触している可能性があります。
キー単体を設定している場合は、修飾キーをつけ足したり、OS固有のショートカットキーと重複していないか等ご確認ください。

関連ページ