Brushupへのデータ登録について

デザインレビューツール「Brushup」にて SpriteStudio のアニメーションのレビューが行えます。Brushup へ SpriteStudio のデータ登録する際は sspkg ファイルにコンバートして登録を行います。

本ページでは以下のバージョンを使用して、sspkg ファイルの準備方法について解説します。

  • SpriteStudio 6 SDK v2.1.0

今後のアップデートで、SpriteStudio から直接 sspkg ファイルを出力する機能を搭載予定です。


sspkgファイルの準備方法

SS6Converterのダウンロード

コンバートには、 SpriteStudio 6 SDK(GitHub) で提供しています SS6Converter を使用します。
SS6Converter は、Releases(GitHub) より各プラットフォーム用の SS6Converter をダウンロードください。
このページでは、ダウンロードした SS6Converter.zip を展開して、中身を D:¥SS6Converter へコピーした前提で解説を行います。

SS6Converterの使用方法

SS6Converter を使用してコンバートを行う方法を紹介します。

D:¥SS6Converter の中に SS6ConverterGUI.exe が含まれていることを確認します。

SS6ConverterGUI を起動します。

コンバートを行う、SpriteStudio のデータを確認します。

必要なデータが揃っていることを確認してください。

コンバートする SpriteStudio のデータをコンバートを行うリストに追加します。

今回は D:¥SpriteStudioData¥MeshBone¥knight.sspj をドラッグ&ドロップします。

出力フォーマットを sspkg に変更します。

Brushup にて使用可能なフォーマット sspkg をプルダウンメニューから選択してください。

「Convert Start」を押して、コンバートを開始します。
コンバートが完了するまで、お待ちください。

「convert end」と表示されたらコンバート完了です。


sspkg ファイルを確認します。

sspj ファイルのあるフォルダに拡張子が sspkg というファイルが生成されています。

「knight.sspj」をコンバートすると、「knight.sspkg」 というファイルが保存されていれば完了です。

コンバートした sspkg ファイルを Brushup にご登録ください。

関連ページ

SpriteStudio 6 SDK
最新版、質問・要望は GitHubへ

このエントリーは役に立ちましたか?