複数のsspjをUnity上で連続再生する

複数のsspjを、SS6Player for Unityを使用して連続で再生する方法を解説します

今回使用する環境は以下の通りです。

  • アニメーション作成
    OPTPiX SpriteStudio Ver.6.0
  • 再生するUnityの環境
    SS6Player for Unity v1.0.4
    Unity 2017.3.0f3

目次

作成手順

事前に再生するアニメーションをSpriteStudioで作成済であることを前提としています。
SpriteStudioを用いたアニメーションの作成方法については本ヘルプセンターをご覧ください。

新しくプロジェクトを作成

Unityを開き、Fileメニューから「New Project」を選択し、新しくプロジェクトを作成します。

SS6Player for Unity をセッティング

SS6Player for Unity をプロジェクトに加えます。
詳しい方法は「Unityにアニメーションを表示する」を参照してください。

各種フォルダを準備

アニメーションを流す仕組みを入れるフォルダを設けます。

Projectウィンドウを右クリックし、コンテキストメニューの「Create」→「Folder」でフォルダを作成します。

今回は Assets フォルダの下に
Demo という名称でフォルダを作成しました。

このフォルダに、スクリプトを納めるフォルダと、リソースを納めるフォルダを作成します。
今回は以下の名前のフォルダを作成しています。

  • Script
    スクリプトを納めます
  • Resources
    リソースを納めます

以下の画像のようになります。

sspjをインポート

再生したいsspjをインポートします。
インポートの方法は「Unityにアニメーションを表示する」を参照してください。

インポート先は、先程準備した
Assets/Demo/Resources
を指定します。

今回は連続で再生するsspjを2つインポートしました。

  • tenohira_no_bouken.sspj
  • fire_sword.sspj

スクリプトをプロジェクトに追加する

次に再生するアニメーションを切り替えるスクリプトをプロジェクトに追加します。
今回は「MovieDemoVer.6.cs」という名称のスクリプトを作成しました。

これを
Assets/Demo/Script
を開き、ドロップして格納します。

MovieDemoVer6 と表示されていることを確認します。

sspjを表示するためにカメラを設置

Unity の Hierarchy ウィンドウ にカメラを追加します

Assets/SpriteStudio/Camera/Camera2D Pixel (720p)
の1オブジェクトをドロップします。

アニメーションを制御する

Hierarchy ウィンドウのコンテキストメニューを開いて、Create Emptyを選択、空のGameObjectを作成します。

今回は名前を分かりやすくするため、クリックして名称を「MainObject」に変えます。

Assets/Demo/Scriptを開き、先ほど組み込んだ MovieDemoVer6 をドラッグして、Hierarchy ウィンドウ の MainObject へドロップします。

※ Hierarchy ウィンドウ の MainObject をクリック、 Inspectorへ表示された Add Component をクリック。開いたプルダウンメニューから Scripts を選択して、Movie Demo Ver6 を選択する方法もあります。

Hierarchy ウィンドウ の MainObject をクリックし、InspectorにMovie Demo Ver 6(Script)項目が表示されることを確認します。

次にアニメーション表示の設定を行います。
MainObject の Inspector にある Movie Demo Ver 6(Script)項目に File Name List という項目があるので、これを開きます。

Sizeという項目が表示されます。ここに再生するアニメーション数を設定します。
ここでは 2つのアニメーションを再生しますので、 2 と設定します。

数字を設定すると、「Element 0」「Element 1」という項目が増えます。

それぞれに再生するアニメーションを設定します。
ここでは再生アニメーションの Script_SpriteStudio6_Root をScript上で取得するため、各アニメーションのPrefabAnimationの中にあるリソースを設定します。

ここでは、
「Element 0」に
「fire_sword/PrefabAnimation/fire_sword」
「Element 1」に
「tenohira_no_bouken/PrefabAnimation/Tenohira_no_Bouken」
を設定します。

※再生アニメーションのパスはResourcesと命名されたフォルダからの相対パスになります。

※PrefabAnimationの中にあるリソースを指定する詳細については、GitHubの「制御用オブジェクトのプレハブを実体化するときの注意点」をご確認ください。

再生

Unityの再生ボタンを押すと、設定したアニメーションが順番に表示されます。

スクリプトのソースコード

今回アニメーションの制御に使用した「MovieDemoVer6.cs」のコードは以下の通りです。

MovieDemoVer6.cs

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class MovieDemoVer6 : MonoBehaviour
{
	//再生アニメーションのresourcesフォルダ内のサブパス
	[SerializeField]
	public string[] FileNameList;

	//現在再生しているアニメーション番号
	private int m_Index;

    //スプライトスタジオアニメを操作するためのクラス
	private Script_SpriteStudio6_Root m_ScriptRoot;

	void Start()
	{
		//初期化
		m_Index = 0;
		m_ScriptRoot = null;
	}
	
	void Update()
	{
		//アニメーションを再生していないなら再生を開始する
		if(m_ScriptRoot == null)
		{
			if(m_Index >= 0)
			{
				//最初のアニメーションを再生
				animationStart(m_Index);
			}
		}
	}

	void animationStart(int index)
	{
		//初期化
		m_Index = -1;
		m_ScriptRoot = null;

		//再生するリソース名をリストから取得して再生する
		if(FileNameList.Length > 0)
		{
			m_Index = index % FileNameList.Length;
			string resourceName = FileNameList[m_Index];
			if(string.IsNullOrEmpty(resourceName) == false)
			{
				//アニメーションを実体化
				GameObject go = Instantiate(Resources.Load(resourceName), new Vector3(0, 0, 0), Quaternion.identity) as GameObject;
				if(go != null)
				{
					m_ScriptRoot = Script_SpriteStudio6_Root.Parts.RootGet(go);
					if(m_ScriptRoot != null)
					{
						//アニメーション終了コールバックを設定.
						m_ScriptRoot.FunctionPlayEnd = callbackPlayEnd;
						//アニメーション再生
						m_ScriptRoot.AnimationPlay(-1, 0, 1);
					}
				}
			}
		}
	}

	bool callbackPlayEnd(Script_SpriteStudio6_Root InstanceRoot, GameObject ObjectControl)
	{
		//再生しているアニメーションの操作クラスを初期化
		m_ScriptRoot = null;

		//次回のUpdateで次のアニメーションを再生開始
		m_Index++;

		//古いアニメーションはシーンから消す
		return false;
	}
}

関連ページ

SS6Player For Unity
 最新版、質問・要望は GitHubへ

このエントリーは役に立ちましたか?