複数のキーをまとめて編集する

本ページでは複数のキーをまとめて編集する方法を解説します。

本ページはSpriteStudio 5をベースに解説していますが、SpriteStudio Ver.6でも同様の操作でご利用いただけます。

複数パーツのフレームに数値を設定・編集したい

「両腕を同時に動かしたい」「並んだ同じ物体を一律に移動したい」など、複数のパーツに同じアトリビュート値を設定したい場合、以下の操作を行ってください。

  1. フレームコントロールウィンドウ上で、 + クリック()を行い、設定したいフレームを選択
  2. 設定したいアトリビュートのをクリックし、有効状態に切り替える
    または数値を入力する
  3. 選択しているフレームにアトリビュートが設定されます

範囲選択したフレームに含まれるキーをまとめて編集したい

再生区間として指定したフレームに含まれるキーをまとめて編集することができます。
対象となるアトリビュートは以下の通りです。

  • X・Y座標
  • Z軸回転
  • X・Yスケール
  • X・Yサイズ
  1. フレームコントロールウィンドウのルーラー部で再生区間を指定します。
    ルーラー部で、再生開始フレームと再生終了フレームを+クリックし、選択します。
    黄色くハイライトされる範囲が再生区間となります。
  2. レイアウトウィンドウでパーツの座標を移動します。
    下図ではリボンのX・Y座標とZ軸回転をレイアウトウィンドウ上で調整しました。
  3. 再生区間に含まれるすべてのキーに対し、変化した値を相対値で加算します。
    X・Yスケールのみ変化率を乗算する形で編集します。

    下図ではリボンのX・Y座標とZ軸回転が調整されていることを確認することができます。

キーがひとつも設定されていないパーツの場合、選択しているフレームに新たにキーを作成します。

レイアウトを崩さずに複数のキーを編集したい

パーツのレイアウトを崩さずに複数のキーを編集したい場合、アトリビュートウィンドウの「相対値入力ボックス」を使用すると便利です。

  1. フレームコントロールウィンドウで変更を行いたいキーを選択します。
    +クリックで、キーを複数選択することができます。
  2. 任意のアトリビュートの補間キー設定ボタンの右にマウスカーソルを合わせると、相対値入力ボックスが表示されます。
    選択したパーツやフレームにキーがある場合、選択しているパーツのアトリビュートの値に入力した数値の加算・減算を行います。
    FAQ_ss_faq_12
  3. ボックスに数値を入力するか、マウスをドラッグしてください。
    通常は「-」か「+」のどちらかですが、先頭に「*」を入力すると乗算を行い、「/」だと除算を行います。

絶対値と相対値の違い

通常、アトリビュート値を設定する入力欄は「絶対値」で設定する入力欄です。

複数のキーを絶対値で設定すると、すべてのキーの値が一括で設定されてしまうため、レイアウトが崩れてしまいます。
例えば、X座標を「50」と設定した場合、選択しているすべてのキーのX座標が「50」に設定されます。

相対値で設定すると、設定しているアトリビュート値に対して相対値を足す・引くので、レイアウトを崩すことなく変更することが可能です。
例えば、X座標に「+10」の相対値を設定した場合、選択しているすべてのキーのX座標に対して「+10」されます。

参考画像

下画像は「Y座標」を絶対値・相対値で移動させようとした画像です。

絶対値で複数のキーのアトリビュート値を設定 相対値で複数のキーのアトリビュート値を設定

複数のキーの補間方法をまとめて変更したい

複数のキーの補間方法をまとめて変更したい場合、以下の方法をお試しください。

補間方法をまとめて変更したい

  1. フレームコントロールウィンドウで変更したいキーを選択します。+クリックで複数選択が可能です。
    範囲選択で変更したいキーを選択する形でも問題ありません。+クリックで範囲選択が可能です。
  2. 選択した状態のまま、右クリックでコンテキストメニューを開きます。
  3. 「補間方法の変更」から、変更したい補間方法を選択します。
  4. これで選択したキーすべての補間方法が変更されます。

特定のアトリビュートのみ変更したい

フレームコントロールウィンドウで変更する

フレームコントロールウィンドウのパーツのをクリックし、アトリビュートを展開することで、特定のアトリビュートのみ補間方法を変更することができます。

ですが、複数のパーツを跨いで複数のアトリビュートを選択することができません。
複数のパーツのキーを編集したい場合、下記のアトリビュートウィンドウを利用しての編集方法をお試しください。

アトリビュートウィンドウから変更する

変更したいキーをフレームコントロールウィンドウで選択した後、アトリビュートウィンドウで変更を行います。

アトリビュートウィンドウのアトリビュートのボタンを右クリックし、コンテキストメニューから補間方法を選択してください。

これで特定のアトリビュートのみ、まとめて補間方法を変更することが可能です。

「ベジェ」「エルミート」を選択した場合、アトリビュートウィンドウの、各アトリビュートの右にあるWindow_Attribute_icon06_ver5.6.1Window_Attribute_icon05_ver5.6.1ボタンを押し、カーブエディタウィンドウを開いて個別に調整を行ってください。

補間方法を変更する(SpriteStudio Ver.6)

SpriteStudio Ver.6では補間方法を選ぶ際にショートカットが追加されました。
カッコ内にある数字キーを入力することで、対応した補間方法に変更されます。

メニューを開いているときのみ有効です。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?