ギズモの操作方法

Window_Layout_gizmo_ver5.6.1ギズモはパーツの変形、移動を行うことができます。
現在選択されているパーツの原点位置を中心位置として表示されます。
フォーカス枠によるコントロールがしにくい小さなパーツや、NULLパーツのコントロールに便利です。

レイアウトウィンドウのWindow_layout_icon09を選択することで、ギズモを表示、使用することが可能です。

ギズモの使用方法

中心の四角形をクリックしながらドラッグすると、選択しているパーツを自由に移動させることができます。 gizmo_01a

上矢印をドラッグすると、パーツを水平に上下移動させることができます。

gizmo_04

右矢印をドラッグすると、パーツを水平に左右移動させることができます。

gizmo_03

下の丸印をドラッグすると、Yスケールの変形を行います。

gizmo_06
左の丸印をドラッグすると、Xスケール変形を行います。 gizmo_05
左下部分の矢印をドラッグすると、パーツの縦横比を保ったままスケールを変形します。 gizmo_07
円の部分をドラッグすると、その方向にZ軸回転を行います。 gizmo_02

マイナススケール設定した際のZ軸回転使用での注意点

「X/Yスケール」にマイナスの値を設定した場合、マイナスの値を設定したパーツに属する子パーツをギズモでZ軸回転操作すると、操作と逆回転してしまいます。
アトリビュート値を調整した後にギズモを使用する際はご注意ください。

スケールを使用した左右反転をされている場合、下記ページもご覧ください。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?