バージョンを指定してエクスポート

この機能は Ver.6.5 で追加されました

「バージョンを指定してエクスポート」の機能を使用することで、旧バージョンのフォーマットに準じた SpriteStudio データをエクスポートすることができます。

SSPlayer の古いバージョンに向けてのデータが必要な際などにご使用ください。 保存するバージョンを「Ver.5.8」に指定した場合、メッシュ・ボーン機能、マスク機能など Ver.5 に存在しない機能についてはサポートされませんのでご注意ください。

「プロジェクト」メニューの「バージョンを指定してエクスポート」を選択することで「バージョンを指定してエクスポート」のダイアログを開くことができます。

 

機能説明

保存するバージョン

保存するバージョンを指定します。

保存先フォルダ

保存先フォルダを指定します。

完了時に保存先フォルダを開く。

保存が完了した際に保存したフォルダを開きます。

ファイルに保存せずテストする。

ファイル保存は行わず、保存するデータへの変換テストを実行します。

警告のみログに出力する。

保存用のデータに変換、保存する際に警告のみログに出力します。

Setupデータを削除する。(5.8指定時のみ)

Setupデータを削除して出力します。

保存するバージョンが 5.8指定時のみ有効です。

保存

「保存先フォルダ」へ指定されたバージョンのフォーマットで保存します。

キャンセル

処理を行わずにこのダイアログを閉じます。

関連ページ