プログラマ向け

本ページではSpriteStudio Ver.6 に対応した各種ライブラリのダウンロードについてご案内しています。
SpriteStudio 5対応のライブラリにつきましては以下のページよりダウンロードを行ってください。

ライブラリのダウンロード

ボタンをクリックすると、詳細及びダウンロードのリンクが記載されたGitHubのページに遷移します。

SpriteStudio 6 SDK

OPTPiX SpriteStudio Ver.6で製作されたデータ(sspj,ssce,ssae,ssee)を、ユーザーの皆様の再生環境に応じて柔軟にご利用いただくためのライブラリ、及び、ツール群で構成されたSDKです。
Brushup へ登録する sspkg ファイルへのコンバートツールもこちらで公開しています。

導入方法・使い方については以下のページをご覧ください。

SpriteStudio 6 SDK

SS6Player For Unity

OPTPiX SpriteStudio Ver.6で製作されたデータ(sspj,ssce,ssae,ssee)をUnity上で使用するためのプログラムです。

導入方法・使い方については以下のページをご覧ください。

SS6Player For Unity

SS6Player For Unreal Engine 4

OPTPiX SpriteStudio Ver.6 で制作したアニメーションデータを Unreal Engine 4 上で再生するためのプログラムです。

導入方法・使い方については以下のページをご覧ください。

SS6Player for Unreal Engine 4

SS6Player For Web

OPTPiX SpriteStudio Ver.6 で制作したアニメーションデータを WEBブラウザ上で再生するためのプログラムです。

SS6Player for WEB

SS6Player for CPP

OPTPiX SpriteStudio Ver.6 で制作したアニメーションデータを再生するための汎用C++ライブラリです。C++で作られたゲームやアプリに使用する事ができます。
本ライブラリでは新しいコンバータで変換したランタイムデータ(ssfb2形式)を利用します。
ランタイムデータのロード、アニメーションの計算、プラットフォーム非依存の描画API呼び出しをサポートしています。
また描画APIのリファレンス実装としてOpenGLを利用したソースコードを含んでいるため、OpenGL類似のグラフィックライブラリによる実装が容易です。

SS6Player for CPP

SS6ssbpLib

OPTPiX SpriteStudio Ver.6 で制作したアニメーションデータを再生するための汎用C++ライブラリです。C++で作られたゲームやアプリに使用する事ができます。
ssbpLib自体はファイルの読み込み、描画の機能を持っていません。
ssbpのバイナリデータからアニメーション情報を解析し、ゲーム側の描画へリクエストを行う部分を担当します。

導入方法・使い方については以下のページをご覧ください。

SS6ssbpLib

SS6Player for Cocos2d-x

OPTPiX SpriteStudio Ver.6 で制作したアニメーションデータを Cocos2d-x 上で再生するためのプログラムです。

SS6Player for Cocos2d-x

各種ダウンロードページ