購入・ライセンスなどの質問

使用方法関連

SpriteStudioの使い方、機能について調べたい

ヘルプセンターにはSpriteStudioに関する様々な情報をまとめています。
状況に応じて、どのページを見れば良いか、ご案内します。

はじめて使う・SpriteStudioのことを知らない方

スプライトアニメーションの作成ツールを初めて導入しようとしている方や、SpriteStudioはどんなツールかを知りたい方は、以下のページをご覧ください。
SpriteStudioを使用した、基本的なアニメーション作成の一連の流れをご紹介しています。

既にSpriteStudioを使用しており、操作方法を確認したい方

現在SpriteStudioを使用しており、操作方法やテクニック、エラーの対処法などを確認したい方は以下のページをご覧ください。

ライセンスや購入方法について知りたい方

SpriteStudioのライセンスや購入方法について知りたい方は以下のページをご覧ください。

SpriteStudioのレクチャーをしてほしい

OPTPiX SpriteStudioの基本的な使用方法につきましては「はじめての方」の各ページをご覧ください。

以前配布しておりました「OPTPiX SpriteStudio ビギナーズ」は電子書籍で配布を行っています。動画も掲載していますのでこちらも併せてご参照ください。

勉強会を実施してほしい

OPTPiX SpriteStudioの導入を検討しており、使い方の講座・勉強会をご希望の会社様は、一度弊社へお問い合わせくださいませ。
どのような用途をご希望なのか、詳細をいただけますと幸いです(メッシュ・ボーン機能を活用してキャラクターアニメーションを作りたい、エフェクト用途がメイン、ガチャ演出を作りたい等……)

また、OPTPiX SpriteStudioの勉強会は定期的に実施しております。
実施の際は SpriteStudioコミュニティにて案内していますので、ご確認いただけますと幸いです。

ライセンス関連

ライセンスの購入・更新方法を知りたい

OPTPiX SpriteStudioは現在サブスクリプションライセンスのみご提供しております

SpriteStudio Ver.6 は、「OPTPiX SpriteStudio 5」からのメジャーアップグレードとなり、以前販売しておりました買い切りの「フルライセンス」ではご利用いただくことができません。
「サブスクリプションライセンス」の場合、そのままのご契約でご利用いただけます。

新たにライセンスを購入したい・ライセンスを更新したい

下記ページよりお申込みくださいませ。

SpriteStudio 5と SpriteStudio Ver.6を両方利用したい

サブスクリプションライセンスをお持ちの場合、契約期間内であれば、SpriteStudio 5とSpriteStudio Ver.6を両方ご利用いただけます。

フルライセンスを持っているがSpriteStudio Ver.6を利用したい

大変申し訳ございません。以前提供しておりました買い切り形式のフルライセンスではSpriteStudio Ver.6はご利用いただくことはできません。
サブスクリプションライセンスへ移行(または新規で購入)していただく必要があります。

フルライセンスからサブスクリプションライセンスへの移行をご希望される場合、以下からお申込みください。サブスクリプション期間を6ヶ月無料で延長いたします。
(新規購入された場合や、オンライン決済で移行した場合は、無料延長期間はございません)。

フルライセンスでVer.6を使用したい

大変申し訳ございません。以前提供しておりました買い切り形式のフルライセンスではSpriteStudio Ver.6はご利用いただくことはできません。
サブスクリプションライセンスへ移行(または新規で購入)していただく必要があります。

フルライセンスからサブスクリプションライセンスへの移行をご希望される場合、以下からお申込みください。サブスクリプションの有効期間を6ヶ月分無料で延長いたします。
(新規購入された場合や、オンライン決済で移行した場合は、無料延長期間はございません)

トライアルライセンスを申し込みたい

トライアルライセンスはOPTPiX SpriteStudio Ver.6、SpriteStudio 5を一か月間無料でお試しいただくことができます。


トライアルライセンスを発行したら、本体をダウンロードし、インストールしてください。
SpriteStudioを起動し、発行されたトライアルライセンスを入力してご利用ください。

インストールは何台まで可能ですか

Version 5.8より台数変更されました。

OPTPiX SpriteStudioは、1つのライセンスを1人のユーザーに提供します。

1人のユーザーは、このライセンスで(Windows / Mac問わず)2台までコンピュータへインストールし、利用することが可能です。

トライアル、トレーニング、アカデミック、indieライセンスにつきましては1台のみとなっております。

WindowsとMacで利用する場合、それぞれのライセンスを購入する必要がありますか

OPTPiX SpriteStudioのライセンスキーは、Windows・Mac どちらでもご利用いただけます。

Version 5.8より台数変更されました。

OPTPiX SpriteStudioは、1つのライセンスを1人のユーザーに提供します。
1人のユーザーは、このライセンスで(Windows / Mac問わず)2台までコンピュータへインストールし、利用することが可能です。

トライアル、indieライセンスにつきましては1台のみとなっております。

リモートデスクトップ、または仮想環境での利用はできますか

ライセンス利用規約上、禁止となっています。

ライセンス解除の方法を教えてください

ライセンス解除の方法につきましては、以下のページをご覧ください。

アンインストールしてもライセンスが解除できません

SpriteStudioはアンインストールと同時にライセンス解除されません。
アンインストールの前に、必ず「ライセンス解除」を行ってください。

ライセンス解除の方法について、詳しくは以下のページをご覧ください。

ライセンス解除せずパソコンをクリーンインストールしました

SpriteStudioのライセンス解除をしないままパソコンをクリーンインストールしてしまった等、ライセンス解除ができない状態になってしまった場合、ユーザー情報を記載の上、お問い合わせください。

トライアルライセンスを利用し製作したものを含む作品を 商用リリースをすることは可能でしょうか

ライセンスがトライアルの状態でも、導入が内定している状態であれば、制作データを商用リリースにご利用いただいて問題ございません。

ライセンス費用のほかにロイヤリティ費用など発生しますか?

OPTPiX SpriteStudioはライセンス費用のみでご利用いただけます。
SpriteStudioを利用した製品の売り上げに伴うロイヤリティ費用などは一切かかりません。

ライセンスを追加したい等、ライセンスの購入情報についてはこちらのページをご覧ください。

サブスクリプションは自動更新されますか?

OPTPiX SpriteStudioのサブスクリプションライセンスは自動更新を行いません。
ライセンス有効期限の約1ヶ月前に、弊社より契約の更新案内メールをお送りしております。
更新方法につきましては、更新案内メールをご確認くださいますようお願いいたします。

また、更新に関しましてはコーポレートサイトからも承っております。

更新されない場合、お手続きは不要です。
ライセンス有効期限が過ぎると自動的にOPTPiX SpriteStudioが起動できなくなります。

ヘルプセンターのサンプルデータを自分のアプリに組込んで公開しても良いのでしょうか?

本ヘルプセンターにて公開しているサンプルデータは、SpriteStudioをご利用いただいているユーザー様であれば、私用商用に関わらず無償ご利用いただけます。
またデータの改変も自由にしていただいて構いません。

利用規約など、詳しくはファイルに同梱されているreadme.txtをご確認ください。

ただし キャラクーアニメーションサンプル”ユニティちゃん” に関してはユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社が定める『キャラクター利用のガイドライン』をご確認ください。

トレーニングライセンスとはなんですか?

トレーニングライセンスは、2Dアニメーション クリエイターの育成を目的とした契約形態です。OPTPiX SpriteStudioの全機能をご利用いただくことができます。
ご利用いただける期間の上限は、6ヶ月までとなっております。

本ライセンスはあくまでクリエイターの育成を目的とするものです。
そのため、直接、商用利用するデータ制作をする為に、トレーニングライセンスを使用することは利用許諾外となることをご留意ください。 

ご購入、お問い合わせについては以下のお問合せボタンからお願いいたします。
お送りいただく際はフォームに以下の旨ご記入の上ご連絡くださいませ。

  • 種別:トレーニングライセンス
  • 問い合わせ内容:購入希望 もしくは トレーニングライセンスについてのご質問をお書き添えください

インディーライセンスの使用期間延長はできますか?

インディーライセンスは再度申請いただければ、使用期間の延長が可能です。
インディーライセンスの「申し込み」から、再申請を行ってください。

 

インディーライセンスについて

OPTPiX SpriteStudio for Indieにつきましては利用規約をご確認の上、ご利用ください。
利用規約につきましては以下のページをご覧ください。


インディライセンスではSpriteStudio 5 をご利用いただくことが可能です。
SpriteStudio Ver.6は使用できませんのでご了承ください。
SpriteStudio 5は以下のページからダウンロードいただけます。

目次

表示要件一覧

インディーライセンスで制作されたデータにつきましては、使用用途に応じて以下の表示要件を満たしてください。
該当する使用用途が無い場合は、OPTPiX SpriteStudio コミュニティにて、お問い合わせください。

アプリケーション・ゲーム

いずれか2つの表示要件を満たしてください。

  • 製品の起動時に、本ソフトウェアのスプラッシュスクリーンもしくはロゴを表示させる
  • 製品のタイトル画面に、ロゴを表示させる
  • 製品のスタッフロール、クレジットに「OPTPiX SpriteStudio」の表示を行う
  • 製品紹介の公式ページに、「OPTPiX SpriteStudio」の表記を行う

映像作品

いずれか1つの表示要件を満たしてください。

  • 映像の冒頭、もしくは最後にスプラッシュスクリーンを表示させる
  • 映像の冒頭にロゴを表示させる
  • 映像の中でクレジットとして「OPTPiX SpriteStudio」の表示を行う
  • 映像のネット配信を行う場合、その説明欄に「アニメーション制作にはOPTPiX SpriteStudioを使用しています」との旨を記載する

ウェブページ

いずれか1つの表示要件を満たしてください。

  • トップページに「OPTPiX SpriteStudio」の表記を行い、弊社製品ページへリンクを設ける
  • トップページに、ロゴを掲載し、弊社製品ページへリンクを設ける
  • アニメーション内に、「OPTPiX SpriteStudio」表記を行う
  • サイトを閲覧した際に見えるところに「アニメーション制作にはOPTPiX SpriteStudioを使用しています」との記載を行う

SNSへの投稿

いずれか1つの表示要件を満たしてください。

  • アカウントのプロフィールなどに「アニメーション制作にはOPTPiX SpriteStudioを使用しています」との記載を行う
  • 投稿文章に、#spritestudio のハッシュタグを含める
  • アニメーション内に、「OPTPiX SpriteStudio」表記を行う

販売・頒布するデジタルデータ(ゲーム等アプリケーションは除く)

いずれか1つの表示要件を満たしてください。

  • 販売・頒布する説明文章に「アニメーション制作にはOPTPiX SpriteStudioを使用しています」との記載を行う
  • 入手した人が見る説明文やテキストに「アニメーション制作にはOPTPiX SpriteStudioを使用しています」との記載を行う

スプラッシュスクリーン・ロゴのデータについて

利用規約に記載されている「スプラッシュスクリーン」のデータにつきましては、サンプルデータからダウンロードいただけます。

また、ロゴデータのみを使用したい場合も、スプラッシュスクリーンのデータをダウンロードいただき、同梱されている素材画像からご使用くださいますようお願いいたします。

弊社製品ページへのリンクについて

WebサイトやSNSから弊社製品ページへのリンクを設置いただける場合は「 https://www.webtech.co.jp/spritestudio/ 」にお願いいたします。

インディーライセンスの使用期間延長について

インディーライセンスは再度申請いただければ、使用期間の延長が可能です。
インディーライセンスの「申し込み」から、再申請を行ってください。

成人向け(R18)コンテンツへの使用について

成人向けコンテンツの制作についてもOPTPiX SpriteStudioはご利用いただけます。

成人向けコンテンツにつきましては、採用事例への掲載をご遠慮させていただく場合がございます。ご了承ください。

アカデミックライセンスを申し込みたいのですが

アカデミックライセンスは、学校側から学生の皆様へ配布していただく形態で提供しております。

アカデミックライセンスをご所望の場合、学校の講師・教員様から弊社へご連絡くださいますようお願いいたします。

お問い合わせの種別で「その他」を選択し、『アカデミックライセンスについて』と記載くださいますようお願いいたします。
また「学校名」「所属の学科」「部署名」「役職」等、お書き添えください。

学生の方でSpriteStudioを使用したい場合は、講師、教員の方へアカデミックライセンスの取得についてご相談ください。
(アカデミックライセンスを弊社から直接、学生の皆様に提供はいたしません。
 あらかじめご了承ください。)


個人利用をご希望の場合、インディーライセンスを提供しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

アカデミックライセンスについて

OPTPiX SpriteStudioは学生の皆様の制作をサポートするためのアカデミックライセンスを無料で提供しております。

アカデミックライセンスについての利用条件・お問い合わせにつきましては、FAQ「アカデミックライセンスを申し込みたいのですが」をご覧ください。


SpriteStudio本体は以下のページからダウンロードいただけます。

目次

費用について

アカデミックライセンスは無料でご提供しております。

学校側から学生の皆さまへ配布いただく形で提供しておりますので、ご所望の際は学校の教師・教員様から弊社までご連絡くださいますようお願いいたします。

契約期間について

契約期間は1年間となっており、3月末を基準とした年度ごとの更新となっております。
年度の途中からご利用を開始いただくことも可能ですが、事務手続き上、契約周期は3月末とさせていただいております。

提供される機能とサポートについて

アカデミックライセンスでも製品版と同様の機能をご利用いただけます。
ただし、サポートにつきましては、ユーザーコミュニティを経由しての対応となりますのでご了承くださいますようお願いいたします。


機能について不明な点等ございましたら下記ページをご覧ください。

 

R-18コンテンツに使用できますか

OPTPiX SpriteStudioはライセンスの種別を問わず、成人向コンテンツでご利用いただけます。

成人向けコンテンツにつきましては、採用事例への掲載をご遠慮させていただく場合がございます。ご了承ください。

その他

OPTPiX SpriteStudio Ver.6について

OPTPiX SpriteStudio Ver.6の新機能、および、使用できるライセンス等についてご案内いたします。

OPTPiX SpriteStudio Ver.6の新機能について

OPTPiX SpriteStudio Ver.6では「メッシュ・ボーン機能」「マスク機能」が新たに追加されました。
SpriteStudioでのアニメーションの作り方、および、メッシュ・ボーン機能、マスク機能の使い方の詳細は以下のページをご覧ください。

SpriteStudio 5で作成したデータをVer.6で使用する方法

SpriteStudio Ver.6 では、再生環境での表示の最適化を考えて処理を見直し、一部アトリビュートの非推奨化や、継承設定の削除などを行いました。

SpriteStudio 5 で作成した各種データをVer. 6で使用する方法は下記ページをご覧ください。

Ver.6.2.0では非推奨アトリビュートを一括で変換するβ機能が実装されました。Ver.6.2.0は現在どなたでも参加が可能なβテストを実施しています。

SpriteStudio 5 と Ver.6 を同時にインストールする

OPTPiX SpriteStudio 5 と Ver.6 は別のフォルダにインストールされます。
そのため、1台のPCの中に同時にインストールいただけます。

ただし、別バージョンのSpriteStudioを同時起動することはできません。

SS6Playerについて

Ver. 6に対応した各種プレイヤーは以下からダウンロードいただけます。

ライセンスの購入について

ライセンス購入は、下記ページよりお申込みください。

サブスクリプションユーザーの使用について

Ver. 5系でサブスクリプション契約をされているユーザーは、契約期間内であれば、新たにライセンス契約をしなくてもVer.6.0以降をご利用いただけます。

旧フルライセンスユーザーが購入される場合について

SpriteStudio Ver.6 は、「OPTPiX SpriteStudio 5」からのメジャーアップグレードとなり、以前販売しておりました買い切りの「フルライセンス」ではご利用いただくことができません。
「サブスクリプションライセンス」のユーザーは、そのままのご契約でご利用いただけます。

フルライセンスを所有されているユーザーが、Ver. 6.0以降をご利用いただく場合、サブスクリプション形式のスタンダードライセンスへ移行(または新規で購入)していただく必要があります。

フルライセンスからサブスクリプションライセンスへの移行をご希望される場合、以下からお申込みください。

サブスクリプション期間を6ヶ月無料で延長いたします。(新規購入された場合や、オンライン決済で移行した場合は、無料延長期間はございません)。

トライアルについて

トライアルライセンスでは SpriteStudio 5とVer.6、どちらもご利用いただけます。

インディライセンスについて

インディライセンスではOPTPiX SpriteStudio Ver.6の正式版はご利用いただけません。
何卒ご了承ください。

継続して OPTPiX SpriteStudio 5 を使用したい

OPTPiX SpriteStudio 5 の技術サポートは 2018/9/30 にて終了いたします。
OPTPiX SpriteStudio 5 につきましては Ver.5.8.3 が最終版となります。

SpriteStudio 5 につきましては不具合修正や Windows 10、macOS High Sierra以降にリリースされた最新OSへの対応等は行いません。

SpriteStudio 5 の対応OS

Windows macOS
  • Windows® 10 (64bit)
    • 2018/9までのWindowsUpdateまでのサポートとなります
  • Windows® 8.1 (64bit)
  • Windows® 7 (64bit/32bit)
  • macOS High Sierra(10.13)
    • Ver.5.8 のみ対応しています
  • macOS Sierra (10.12)
  • OS X El Capitan (10.11)

WindowsUpdateによる不具合につきましても 2018/9 までのサポートとなります。
それ以降の WindowsUpdate が影響するアップデートが伴う不具合につきましては、サポート対象外となりますのでご了承ください。

技術サポートについて

使い方、不明な点のお問合せにつきましては継続して承ります。
SpriteStudioコミュニティと併せてご利用ください。
また、ヘルプセンターの SpriteStudio 5 に関するページも引き続き掲載いたします。

本体のアップデートは現在リリースしている Ver.5.8.3 が最終となります。
不具合修正等は今後 Ver.6 にて継続して行ってまいります。

インディーライセンス・旧フルライセンスをご利用の方へ

SpriteStudio 5 は、今まで通り、継続してご利用いただくことができます。
本体のダウンロードも継続してヘルプセンターから行うことが可能です。

ですが、冒頭の通り今後 SpriteStudio 5 は最新OSの対応等は行いません。
不具合の修正につきましても原則行いませんのでご了承くださいませ。


SpriteStudio 5 につきましては、上記をご了承の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

SpriteStudio 5 から SpriteStudio Ver.6 へのデータの移行方法

SpriteStudio 5 から SpriteStudio Ver.6 へのデータの移行方法につきましては以下のページをご覧ください

ダウンロード・ヘルプセンターのマニュアルにつきましては継続して公開いたします。
使い方などのご質問はSpriteStudioコミュニティにて承ります。

Ver.6が使用できるライセンス

各ライセンスの対応状態につきましては以下の通りです。

SpriteStudio Ver.6

SpriteStudio 5
スタンダードライセンス
(サブスクリプションライセンス)

旧フルライセンス
(買い切りライセンス)

×
Ver. 5 系の旧サブスクリプションライセンス

トレーニングライセンス
インディーライセンス ×
アカデミックライセンス

旧フルライセンス(買い切りライセンス)をご利用の場合

旧フルライセンスではSpriteStudio Ver.6をご利用いただくことはできません。
スタンダードライセンス(サブスクリプションライセンス)に移行をお願いいたします。

旧フルライセンスからスタンダードライセンスへ更新いただいた場合、特典としてサブスクリプション期間を 無料で 6 ヶ月 延長いたします。是非ご利用ください。

  1. 旧フルライセンスからスタンダードライセンスへ移行する場合、「銀行振込」を選択してください。
  2. フォームの指示に従い選択・記入をお願いいたします。

インディーライセンスをご利用の場合

インディーライセンスでは SpriteStudio Ver.6 をご利用いただくことはできません。
スタンダードライセンスをご購入いただくか、定期的に実施しておりますβテストをご活用ください。

βテストにご参加いただくと、無料で開発中のβ版(評価版)をご利用いただくことができます。
βテストはSpriteStudioコミュニティにて告知しています。

参加方法につきましては以下のページをご覧ください。

 

他のツールと比較してSpriteStudioの利点はどんな点になりますか?

SpriteStudioの強み、導入メリットは以下のものが上げられます。

導入メリット

簡単操作

アニメーション の仕組みが比較的単純な構成なので、基本的なアニメーション ツールを利用していれば、簡単に操作を習得いただけます。
また、初心者の方のために各種チュートリアルもご用意しております。

効果・演出を作りやすい

ボーンに束縛されないアニメーションのため、2D キャラクターのコミカルな動きや、演出効果を構築しやすいのが特長です。

最新版SpriteStudio Ver.6ではマスク機能を実装。実現できる演出、表現の幅がさらに広がりました。

マスク機能についての使い方はこちらをご覧ください。

補助ツールを利用することで制作コストを削減できる

アニメーションデータ作成時の前に必要な準備作業については、PSDtoSSなど、各種補助ツールをご利用いただくことで制作コストを軽減することができます。

モーション作成以外にも多彩に活用できる汎用性

ピクセル単位での座標指定が出来るので、キャラクターのモーションだけではなく、エフェクトの作成やUIの構築等、幅広くご利用いただけます。
また、細かな調整も行いやすくなっています。

簡単に パーティクルエフェクト が作成できる「エフェクトエディタ」

パーティクルエフェクト を簡単に作成できる「エフェクトエディタ」を搭載しています。
SpriteStudioで作成したエフェクトのサンプルはこちらをご覧ください。

やわらかな表現を実現できるメッシュ・ボーン機能

最新版SpriteStudio Ver.6では待望のメッシュ・ボーン機能を追加いたしました。
パーツ構成のアニメーションでは作成が難しかった「布のはためき」や「髪の毛のなびき」といった表現が簡単に実現できます。

SpriteStudioのメッシュ・ボーン機能は必要なパーツにのみメッシュ・ボーンを適用することが可能なため、全てのパーツに対しメッシュとボーンを構成する必要がありません。

また、3DCGの知識が無くても、SpriteStudioの基本的な操作方法を理解していれば、通常のスプライトアニメーションの延長として理解、扱うことができます。

メッシュ・ボーン機能の使い方についてはこちらをご覧ください。

日本人による開発・サポート

日本人による開発・サポートを行っておりますので、時差や言語等に困りません。

OPTPiX SpriteStudio コミュニティで、疑問を解決できるかもしれません。
一度コミュニティを検索してみてください。
不具合や要望はこちらに書き込むことで、開発チームにフィードバックすることができます。


すでにSpriteStudioをご利用の方に向けた情報を、目的別にまとめています。


OPTPiX SpriteStudio コミュニティ、逆引きで解決できない問題のお問い合わせはこちらからどうぞ


お客様の目的に応じて、SpriteStudioはさまざまな形でアニメーション制作のサポートを行うことが可能です。

導入方法

導入方法については、以下をご覧ください。

企業・法人の方の場合

一度、すべての機能をご利用いただける1ヶ月のトライアルライセンスをお試しください。

個人(同人サークルなど)でのご利用の場合

個人でSpriteStudioをご利用いただく場合、インディーライセンスをご提供しております。
インディーライセンスでも製品版と同様の機能をご提供いたします。

インディーライセンスの利用条件・お申込みにつきましては以下をご確認ください。

学校の授業等でご利用の場合

学校での授業等でご利用いただけるアカデミックライセンスもございます。

ご相談は以下からどうぞ

SpriteStudioの導入・ご購入に関する質問をFAQにまとめています。なにか疑問点などございましたら一度ご一読ください。


「こういうことをしたいんだけどSpriteStudioでできる?」「どのライセンスを使って良いか分からない!」等、SpriteStudioに関するお問い合わせ、ご相談は以下の問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

ゲームタイトルへの採用実績はありますか

OPTPiX SpriteStudioは数々のゲームタイトルに採用されています。
直近の採用実績につきましては以下のページをご覧ください。

SpriteStudioのアニメーション制作が行える会社、クリエイターを紹介してほしい

OPTPiX SpriteStudioを活用するプロジェクトをお持ちで、サポート会社・クリエイターをお探しの際は「SpriteStudio Friendship」をご利用ください。

SpriteStudio Friendship」は、OPTPiX SpriteStudioを使用するプロジェクトをお持ちのクライアントと、SpriteStudioクリエイターをつなぐためのプログラムです。

SpriteStudio Friendshipへ参加するにはどうしたいいでしょうか

SpriteStudio Friendship の参加方法につきましては下記ページをご参照ください。

SpriteStudio Friendship」は、OPTPiX SpriteStudioを使用するプロジェクトをお持ちのクライアントと、SpriteStudioクリエイターをつなぐためのプログラムです。

SpriteStudioで作成したデータの使用方法

SpriteStudioで作成したデータは、さまざまなプラットフォームでご利用いただけます。
また、レンダリング機能・エクスポート機能をご利用いただくことで、さまざまなデータ形式で出力することも可能です。

詳しくは以下のページをご覧ください。

SpriteStudio 3rdPartyとは何ですか?

SpriteStudio 3rdPartyは、OPTPiX SpriteStudio シリーズに関連するサードパーティー製のライブラリ、コンバータ、プレイヤーなどのプログラム、およびサンプルデータを紹介・共有する場所です。

こちらで公開しているプログラムおよびデータについて、提供元、および、ウェブテクノロジはサポートを行っておりません。
ご了承の上、ユーザーさまご自身の責任においてご利用ください。

各SpriteStudioプレイヤーのアトリビュートの対応を知りたい

弊社が提供している各SpriteStudioプレイヤーのアトリビュートの機能対応は以下の表をご覧下さい。

※対応機能は、SpriteStudioのバージョンアップやプレイヤーのバージョンアップの際追加されることがあります。

SpriteStudioの本について

【2018年7月時点】
SpriteStudio Ver.6.1 を対象に解説を行った「OPTPiX SpriteStudio ビギナーズ2」をイベント・勉強会で配布を行っております。

詳しくは以下のページをご覧ください。


SpriteStudio 5 の解説書、「OPTPiX SpriteStudio ビギナーズ」は電子書籍版を配信しております。

詳しくは以下のページをご覧ください。
ビギナーズの掲載内容を動画「はじめてのOPTPiX SpriteStudio」として公開している他、電子書籍の配信先をご案内しております。