「カラーピッカー」ウィンドウ

本ページではVersion 6以降について解説しています。
Version 5.8以前についてはこちらをご覧ください。

「OPTPiX SpriteStudio」で、色を選択する際に開く機能ウィンドウです。

右の縦長な「色相」を選択する部分と、正方形の「彩度と明度」を選択する部分の組み合わせで色を指定します。
基本的に、正方形範囲内の丸印のある位置の色が選択されます。

また、下のRGBAのバーのスライダーを操作したり、数値ボックスに直接RGBA値を入力し、設定することも可能です。

  • R:赤
  • G:緑
  • B:青
  • Rate:カラーブレンドの反映度
    選択しているRGBの不透明度を変更します。
    「アトリビュート」ウィンドウの「カラーブレンド」からカラーピッカーを開いた時のみ表示されます。
    例えば、RGBの値を(255,0,0)とした状態で、Rateを127とすると、赤い半透明のフィルターを重ねたような表示となります。
    この数値はアルファチャンネルの値には適用されません。
  • A:アルファチャンネル(不透明度)
    255が不透明、0が透明です。
    「カラーブレンド」では選択しているパーツ自体の不透明度を変更します。

デフォルトカラー

デフォルトカラーのタイルを選択することで、選択した色に設定することができます。

ウィンドウオープン時カラー機能

本機能はVer.6.1で追加されました。

ウィンドウを開いた際に設定されていた色が、デフォルトカラーの右下隅に設定されます。

このエントリーは役に立ちましたか?