OPTPiX SpriteStudio 5のリリースノートはこちら

Version 6.6.1 (macOS 64bit対応版) リリースノート (2021/07/01)

  • 本バージョンは、macOS 64bit対応版 のみのリリースです。

OS対応

  • macOS Big Sur(11), macOS Catalina(10.15) に対応しました。
    注記: Intel CPU搭載Mac用ですが、Apple M1搭載MacでもRosetta 2 の機能により動作可能です。

改善点

  • CPU負荷の軽減:セルマップを表示している間のCPU負荷を軽減しました。
    軽減対策のため下記2点の仕様を変更しています。
    • セルの位置・サイズを示すオーバーレイ表示を下端に移動しました。
    • フォーカスしているセルの枠のアニメーションを無くしました。

  • レイアウトウィンドウ・アトリビュートウィンドウ・フレームコントロールウィンドウで IME をOnにした状態でもショートカットキーが動作するようにしました。
  • 数字のみ入力できるエディットボックスについて、IMEをOffにすることなく数字を入力できるようにしました。
  • セルリスト
    • セルリスト内でのセルのドラッグ時、ドロップ先を青いラインで表示するようにしました。

既知の不具合

  • ブラシ編集
    • ブラシのサンプル画像に硬さと濃度が反映されません。
  • セルリスト
    • セルをドラッグした際にセルの画像が表示されません。
  • フレームコントロール
    • パーツをドラッグした際にパーツ名が表示されません。
  • フローティンライセンス(クラウドタイプ)のライセンス認証について認証処理に10 ~30 秒待たされることがあります。
    通信環境、動作環境により処理時間が変化します。

Apple M1搭載 Mac

  • マスク機能が正常に動作しません。
    マスクパーツの配置は行なえますが、マスク効果が反映して表示されません。