画像の軽量化からテクスチャ変換までを
ワンストップで実現する画像最適化ツール

OPTPiX ImageStudio 8

画像の印象を変えることなく
ファイルサイズを削減

IP(知財財産)タイトルの開発では画像の取り扱いに何かと気を使います。とはいえ画像をそのまま使用してしまうとファイルサイズが大きくなってしまい、アプリケーションの処理速度やメモリの使用量に影響を与えてしまいます。

OPTPiX ImageStudio 8 は長年ゲーム開発の現場を「OPTPiX 画像最適化エンジン」を搭載。ファイルサイズの削減と画質を両立します。

もっと詳しく
もっと詳しく

OPTPiX 減色エンジンによる減色機能

長年ゲーム業界から認められた独自の「OPTPiX 減色エンジン」を搭載。画像をインデックスカラーに変換し、美しいままで色数を減らすことでファイルサイズを削減します。

また、組み込み機器など限られた色しか使用できない場合、固定パレットを利用した減色を行うこともできます。

特定の箇所の色を残す重要領域指定

キャラクターの瞳や髪のワンポイントなど、画像全体に占める割合が少ないながらも画像を印象づける箇所をピンポイントで指定し、その箇所の色をなるべく残すように減色処理を行うことができます。

PNGを極限まで小さくする2つの最適化機能

見た目が変わらないようにピクセル単位でフィルターを掛け、画像の圧縮効率を高める「高圧縮化加工フィルター」「PNGオプティマイザー」を搭載。減色処理と組み合わせることで PNG のファイルサイズを大幅に削減します。

画像処理作業の自動化・高速化を
誰にでも

処理のルーチンやマクロを組む、という作業はプログラムを知らない人にとってはなかなか難しい作業です。しかし、実現できれば作業の分業化や効率化が大きく進みます。

OPTPiX ImageStudio 8 ではマクロ処理の「組み方」を大きく見直したことで、処理の順番や処理内容、処理結果が見やすく、分かりやすくなりました。また、複数ファイルを処理する際の速度も大幅に向上しました。

もっと詳しく
もっと詳しく

処理工程を分かりやすく表示する「タイムライン」

減色、リサイズといった画像処理を左から順に表示するタイムライン方式を採用。ファイルの読み込み後にどういった処理が行われ、どう画像が変化するのかを確認しながら作業をすすめることができます。

タイムラインに並べた処理と処理内容は「アクション」としてファイルに保存し、後から呼び出すこともできます。

大量のファイルを一括処理するマクロ機能

作成した「アクション」を複数の画像に一括適用するマクロ処理(一括処理)機能も搭載。リサイズや最適化をかけた後に最終出力としてテクスチャ圧縮を行う、といったことも可能です。

マルチスレッドによる並列処理で従来より高速に

マクロ処理はマルチスレッドによる並列処理に対応。コア数・スレッド数の多いCPUを使うことで、従来製品(OPTPiX imésta 7シリーズ)よりも高速に処理を行うことができます。

ワンストップで
最適化からテクスチャ変換まで

スマートフォンアプリに使用される画像の中には、KTX や PVR、ETC と言ったテクスチャ形式に変換してからアプリに組み込むものもあります。テクスチャ変換はゲーム開発ツールの一部として提供されているものが多く、デザイナーが処理した画像をプログラマーが受け取って変換を行う、というケースも。

テクスチャ変換機能も搭載している OPTPiX ImageStudio 8 ならこれひとつですべての作業が完了します。

もっと詳しく
もっと詳しく

テクスチャ変換機能

ファイルの保存形式として KTX、PVR、PKM、ASTC の各形式を選択可能。変換ツールを介することなく直接テクスチャ形式で出力することができます。

また、PVRTC 形式はウェブテクノロジ独自の高画質化技術「ClearPVRTC」で変換も可能。背景を透過にしている素材のフチの部分のノイズを低減させます。

劣化なしのコンテナ形式変更にも対応

KTX、PVR、PKM、ASTC の各形式の読み込みにも対応しています。元のテクスチャ形式を維持したまま読み込み、再保存時は元のテクスチャデータを再現しますので、劣化無しでコンテナ形式の変更ができます。

開発規模と運用方法に応じた
プランをご用意

グラフィック担当のPC1台で運用するミニマムな環境から、100人以上のスタッフが関わるような大規模な開発環境まで、規模に応じたプランをご用意しています。

また、JenkinsなどのCIツールを導入し、ビルド処理を自動化している環境向けにコマンドラインから画像最適化処理を呼び出せるプランもご用意しています。

無料で体験

OPTPiX ImageStudio 8は導入前の検証用にトライアルライセンスを無料で提供しています。

初回起動から14日間、減色やテクスチャ変換などのすべての機能をお試しいただくことができます。

OPTPiX imésta 7 ユーザーはすぐに使える

OPTPiX imésta 7 for Mobile & Social をご利用中の方は、同じライセンスでOPTPiX ImageStudio 8もご利用いただくことができます。

  • 両方のツールが同一のPCにインストールされている必要があります。
  • 同時起動はできません。

導入実績・メディア掲載

OPTPiX 画像最適化エンジンを搭載した OPTPiX imésta / OPTPiX ImageStudio シリーズはスマートフォンアプリ・ゲームの開発企業、各種コンシューマゲーム開発会社等、様々な企業様に導入いただいています。

CRI Sofdec2 と OPTPiX imésta の併用で容量半分!『マギアレコード』の導入事例

株式会社 f4samurai 開発の iOS・Android 用ゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』での活用例

OPTPiX imésta の歴史、そして新 UI を搭載した ImageStudio 8が 生まれた経緯

GameBusines.jp による開発チームへのインタビュー

ゲームタイトル採用事例

スマートフォンのゲームアプリ、各種コンソールゲーム機での OPTPiX imésta / ImageStudio シリーズの採用事例

Information

更新履歴

2019/10/31
OPTPiX ImageStudio 8 Ver.8.2.0 を公開しました。
2019/09/26
OPTPiX ImageStudio 8 Ver.8.1.0 を公開しました。
2019/08/28
OPTPiX ImageStudio 8 を販売開始しました。

公式Twitter