フローティングライセンス について

フローティングライセンスとは

インストール台数ではなく、ネットワーク内で同時に実行するソフトウェアの数を管理する利用形態です。
サーバーは購入したライセンス数の範囲内でソフトウェアの起動を許可し、上限に達するとそれ以上は起動できなくなります。

※使用例フローティングライセンスとは

フローティングライセンスを導入するメリット

メリット1:新規に使用する人にも「すぐ」対応

インストール数に制限はないため、製品のインストールですぐ利用開始することができます。

メリット2:ライセンスの管理が「かんたん」に

社内の”だれ”が”どこ”でライセンスを使っているかの管理は、もう必要ありません。購入したライセンス数内であれば、社内で効率よくシェアできます。

メリット3:ライセンスの使用状況も「はっきり」と

専用ツール”フローティングライセンスマネージャ”が、リアルタイムな使用状況を管理。
Slack 投稿機能により、使用状況をリアルタイムに把握できます。

フローティングライセンスがある製品

以下の製品がフローティングライセンスに対応しています。

フローティングライセンスの利用条件

  • フローティングライセンスを利用できるプランでのご契約が必要です。
  • インターネットに常時接続可能なライセンス管理用サーバーまたはPCが必要です。
  • 対応OSは、Windows 10 (64bit)・8.1 (64bit) です。
  • 推奨されるメインメモリは4 GB 以上です。

トップへ