Version 8.4.2 リリースノート (2020/11/05)

  • 2020/11/05 OPTPiX ImageStudio 8 Ver.8.4.2 をリリースいたしました。 OPTPiX ImageStudio 8 の 詳細につきましては「製品ページ」をご参照ください。
  • Windows対応版 Ver.8.4.5 と MacOS対応版 Ver.8.4.2 の機能差につきましては
    Mac版 と Windows版の機能比較をご確認ください。
  • 本バージョンは、Mac版のみのリリースです。
    Ver.8.2.6 Mac版からの更新内容になります。
対応ファイル形式とご使用の際の留意点

ライセンス認証対応

  • フローティングライセンス クラウドタイプ に対応しました。

機能対応

  • ASTC形式の読み込み、保存に対応しました。
  • テクスチャー超解像(Clear Wifu2x)に対応しました。
  • マクロコマンドラインに対応しました。
    ※ImageStudio 8 のマクロ機能を起動する ismacro 対応です。
  • MIPMAPの作成・削除に対応しました。
  • MIPMAPの確認機能に対応しました。

機能強化

  • PNG形式の保存でPNGオプティマイザーに対応しました。
  • WebP形式の保存でニアロスレス形式に対応しました。
  • 減色機能の「高度な設定」に対応しました。

変更点

操作強化

  • ホイールドラッグで画像スクロールするよう対応しました。
  • 画像の範囲選択指定時、キーを押しながらドラッグを行うと正方形になる機能に対応しました。
  • 画像をスペースキーを押しながらドラッグするとスクロールするように対応しました。

その他

  • ClearPVRTC 使用時、「透過境界処理方法」で「通常」以外を選択した際は、「輪郭優先バランス」を変更不可にしました。
    ※「透過境界処理方法」が「通常」以外では、「輪郭優先バランス」の影響を受けません。
  • マクロファイルの読み込み・保存を行うディレクトリについて保存するように対応しました。
  • 環境設定に「「アルファチャンネルのみ表示」の場合、完全透明/完全不透明ピクセルを色分けする」のオプションが追加されました。
  • 環境設定に「画像処理にGPU支援(GPGPU)を使用する」のオプションが追加されました。

その他、細かい挙動の調整・変更を行いました。

不具合修正

以下の不具合が修正されました。

  • 画像の拡大・回転処理時、縦横サイズが異なると異常終了することがある。
  • 画像を開いた直後に全選択を行うとラバーバンドが表示されない。
  • プロキシ環境で正常に動作しない。

その他、細かい不具合について修正しました。

関連ページ