OPTPiX SpriteStudio for Indie

同人作品の制作に無料で利用できる

「タイトル画面にスプラッシュスクリーンを表示させる」などの条件を満たせば、同人サークルによるインディーゲームの製作や個人クリエイターのアニメーション動画製作などにも無料でご利用いただけます。

また、制作したゲームや作品類はデジゲー博やコミックマーケットなどの即売会で頒布することもできます。

スプラッシュスクリーンのダウンロードはこちらから

  • アニメーションに改変を加えなければ、縦画面でも横画面でもお使いいただけます。
  • 背景は単色の白もしくは黒を指定してください。

OPTPiX SpriteStudio Ver.5.8.3までの機能が使える

エフェクト機能、インスタンス機能など、OPTPiX SpriteStudio Ver.5.8.3 までに搭載された全ての機能を使用することが可能です。

また、プロジェクトデータは製品版と互換性がありますので、将来的に製品版を購入された際にOPTPiX SpriteStudio for Indieで制作した資産を活用することができます。

* Version. 6.0以降に搭載された新機能はご利用いただくことができません。

ツールやサンプルはOPTPiXヘルプセンターからダウンロードできる

UnityやCocos2d-x、Unreal Engine 4などの各種ゲームエンジン用のPlayerやSDK、Photoshopファイルからプロジェクトファイルを作成するツールなどを無料でダウンロードして利用することができます。

また、コミュニティではユーザー間での情報交換や、開発チームへの質問もできます。

導入事例・Friendship

ゲームタイトル採用実績・メディア掲載

OPTPiX SpriteStudioが採用されたゲーム、スマートフォンアプリ、インディーゲームと教育機関での採用事例とメディア掲載についてご紹介しています。

採用実績を見る

SpriteStudioクリエイター・サンプルアニメーション紹介

OPTPiX SpriteStudioを使って制作された2Dアニメーションのサンプルと共に、作成を依頼できる企業やクリエイターをご紹介しています。

SpriteStudio Friendshipを見る

動作環境

対応OS

Windows 版

Windows 10, Windows 8.1, Windows 7

* Windows 10, 8.1は64bit版のみサポート

Mac版

masOS High Sierra(10.13), Sierra(10.12), OS X El Capitan (10.11)

言語 日本語, 英語
対応機種 上記OSが正常に動作するもの
CPU Intel Core i5 以上を推奨
メインメモリ 4GB以上(8GB以上を推奨)
GPU OpenGL Version 2.1以上、VRAM512MB以上
グラフィックス 1280x800ドット以上(フルカラー)を推奨
ネットワーク ご利用にはインターネット接続環境が必要です。
  • ご利用の GPU のディスプレイドライバが OS に正式対応していない場合は動作保証外となります。
  • VMWare や Parallels 等の仮想マシン環境でのご利用は動作保証外となります。
  • 提供するバージョンは5.8.3となります。6.0以降に搭載された新機能はご利用いただくことができません。

ライセンスお申し込み

インディーゲーム開発者の2Dスプライトアニメーションデータ制作をサポートするため、インディーライセンスを提供しています。下記の利用規約をご確認の上でお申し込み、ご利用をお願いいたします。

OPTPiX SpriteStudio for Indie 利用規約

  1. 本ソフトウェアが独立系開発者の開発環境支援等を目的としていることに鑑み、本ソフトウェアを使用して開発した製品の商用利用ができるのは、下記条件を満たす法人または個人のみとします。
    1. 法人:直近の決算期において、売上が年間1,000万円未満
    2. 個人:昨年の収入が1,000万円未満
  2. 本ソフトウェアを使用して制作したデータについて、使用用途により以下の表示要件を満たす義務があります。
    1. アプリケーションで制作データを使用する場合、下記要件のうち2つ以上を満たしてください
      1. 製品の起動時に、本ソフトウェアのスプラッシュスクリーンもしくはロゴを表示させる
      2. 製品のタイトル画面に、ロゴを表示させる
      3. 製品のスタッフロール、クレジットに「OPTPiX SpriteStudio」の表示を行う
      4. 製品紹介の公式ページに、「OPTPiX SpriteStudio」の表記を行う
    2. 映像作品として制作データを使用する場合、下記要件のうち1つ以上を満たしてください
      1. 映像の冒頭、もしくは最後にスプラッシュスクリーンを表示させる
      2. 映像の冒頭にロゴを表示させる
      3. 映像の中でクレジットとして「OPTPiX SpriteStudio」の表示を行う
      4. 映像のネット配信を行う場合、その説明欄に「アニメーション制作にはOPTPiX SpriteStudioを使用しています」との旨を記載する
    3. ウェブページにて制作データを使用する場合、下記要件のうち1つ以上を満たしてください
      1. トップページに「OPTPiX SpriteStudio」の表記を行い、弊社製品ページへリンクを設ける
      2. トップページに、ロゴを掲載し、弊社製品ページへリンクを設ける
      3. アニメーション内に、「OPTPiX SpriteStudio」表記を行う
      4. サイトを閲覧した際に見えるところに「アニメーション制作にはOPTPiX SpriteStudioを使用しています」との記載を行う
    4. SNSの投稿に制作データを使用する場合、下記要件のうち1つ以上を満たしてください
      1. アカウントのプロフィールなどに「アニメーション制作にはOPTPiX SpriteStudioを使用しています」との記載を行う
      2. 投稿文章に、#spritestudio のハッシュタグを含める
      3. アニメーション内に、「OPTPiX SpriteStudio」表記を行う
    5. 販売・頒布するデジタルデータ(アプリケーションは除く)に制作データを使用する場合、下記要件のうち1つ以上を満たしてください
      1. 販売・頒布する説明文章に「アニメーション制作にはOPTPiX SpriteStudioを使用しています」との記載を行う
      2. 入手した人が見る説明文やテキストに「アニメーション制作にはOPTPiX SpriteStudioを使用しています」との記載を行う
  3. 表示要件について、スプラッシュスクリーン、ロゴ、クレジット等を表示させる場合、表示サイズの指定はありません。ただし、表示を見た第三者が文字を読み、認識できるサイズにする必要があります。
  4. 別途、利用期間を設定します。
  5. インディーゲーム(インディペンデントゲーム)開発者向け無料特別版のライセンス付与に当たっては、当規約の条件を満たしていただく必要があります。通常の製品版の使用許諾契約違反、または、当規約の条件違反が判明した場合、ライセンスを停止しますので、ご了承ください。

最新版のSpriteStudioを試してみる

OPTPiX SpriteStudio for Indieで提供するバージョンはVer.5.8.3です。

最新版のVer.6ではボーン・メッシュ機能やマスク機能が搭載され、より効率的に、より表現力豊かに2Dアニメーションが制作できるようになりました。

キャラクターアニメーションや各種エフェクト、アプリのUI作成まで幅広い2Dアニメーションの作成に対応したOPTPiX SpriteStudioはすべての機能を無料でお試しいただくことができます。

お問い合わせ

OPTPiX SpriteStudio for Indieに関するご質問等はOPTPiXヘルプセンターのフォームで承ります。

OPTPiX, SpriteStudio, Web Technologyは、株式会社ウェブテクノロジの登録商標です。
その他、記載されている会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。


トップへ