OPTPiX SpriteStudio

ページの先頭へ戻る

概要 :

「超汎用」データ制作
あらゆるゲーム開発シーンに対応
2Dスプライトアニメーションデータ作成ツール
OPTPiX SpriteStudio

2Dスプライトアニメーションデータ作成ツール
OPTPiX SpriteStudio はスプライトアニメーションデータを
制作する際の煩雑な手間を削減することで、制作効率を大幅に改善します。 OPTPiX SpriteStudioを使えば、スプライトアニメーションデータの 制作をデザイナー単独の作業で完結できるようになります。
また制作されるデータは、あらゆるゲームシーンで利用できる
「超汎用」データで、使いまわしも思いのまま。
従来のWindows プラットフォームに加えMac OSにも対応し、
英語モードも実装しました。

ページの先頭へ戻る

特長 :

超汎用データ

「超汎用データ」で様々なプラットフォームやゲームエンジンに対応

コンシューマゲーム機やスマートフォン(iOS / Android)などのプラットフォームを想定して、各種ゲームエンジン「Cocos2d-x」・「CoronaSDK」・「Unity」に対応し、さらに「HTML5」用のデータ形式をサポートします。

開発支援ツール ダウンロードはこちら

操作性

マニュアルなしで、すぐに使える操作性

ドラッグ・アンド・ドロップ、キーフレーム、プロジェクトタイプのインターフェースにより 編集~プレビュー~出力のスムーズなフローを実現し、少ない学習コストでデザイナーのクリエイティビティを即座に反映することが可能です。またOpenGL のGPU アクセラレーションを利用することで、スムーズなアニメーション再生を実現しました。

エフェクトデータ

エフェクトデータ有り

OPTPiX SpriteStudioは、すぐに開発へご利用いただけるようにエフェクトサンプルデータを用意しています。データをそのままご利用いただくことも、編集してお使いいただくことも可能です。工数の大幅削減と、全体的なクオリティアップに効果があります。エフェクトの制作シーンでご利用いただくケースが増えています。

補助ツール・ライブラリ群・サンプルのダウンロード

エフェクトサンプル「花吹雪の作り方」はチュートリアルページでご覧いただけます

その他 :

その他の詳細をすべて見る

各種ゲームエンジン用再生モジュール SSPlayer(SpriteStudio Player)を無償提供

「HTML5」の他、「Unity」、「Cocos2d-x」、「CoronaSDK」には専用の SSPlayer を無償提供します。

ユーザー様は、 OPTPiX SpriteStudioで制作したスプライトアニメーションデータをSSPlayerというPlayer Library(ソース付き)を使ってアプリ等に簡単に組み込むことができます。 その他、各種サンプルデータやサンプルプログラム等はOPTPiX ヘルプセンターからダウンロードできます。

開発支援ツール 詳細はこちら

汎用性の高い出力データとして、可読性の高い「XML」形式とコンパクトな「バイナリ」形式を採用

今後登場する新たなプラットフォーム・ゲームエンジンはもちろん、様々な開発環境に適応できるよう、2つの基本的な出力形式をサポートしました。既存の他社ツールや、インハウスツールからの置き換えも容易です。

「インバース・キネマティクス方式」・「ギズモ方式」による3Dツールライクな編集

多関節キャラクター表現や、複数パーツの追従コントロールに、「インバース・キネマティクス」を採用しました。また、通常の編集モードの他「ギズモ方式」を使い分けることで、より高速にアニメーション編集を行うことができます。

Sprite Sheet(スプライトシート)出力に対応NEW

本体の機能として、OPTPiX SpriteStudioで Sprite Sheet(スプライトシート)を作成できるようになりました。通常のSprite Sheet(スプライトシート)の作成はもちろん、自動的に透明領域をトリミングする機能によってファイルサイズの縮小を実現しました。


▲通常

▲トリミング機能有効

TexturePacker 連携

TexturePacker のプラグインとして、「TexturePacker To SS」をOPTPiX ヘルプセンターにて公開しました。 このプラグインによってTexturePacker で作成したデータをOPTPiX SpriteStudio にエクスポートすることができます。TexturePacker上で画像素材の追加・削除をした場合でもリロードにより簡単にデータが同期され、TexturePacker との連携が容易になりました。

Flash からのエクスポート対応

Flash のプラグインとして、「Flash To SS」をOPTPiX ヘルプセンターにて公開しました。 このプラグインによって、既存のFlash アセットをOPTPiX SpriteStudio で編集ができるよう変換します。これによりFlash データ(画像データと移動・回転・拡大縮小などのアニメーションデータ)をOPTPiX SpriteStudio で編集できるようになるため、過去の資産の有効利用が可能になります。

Windows だけでなくMac にも対応、さらに英語モードにも対応

多様化する開発環境に対応するため、 OPTPiX SpriteStudio の開発にあたりエンバカデロ・テクノロジーズ社の「C++ Builder XE3」を採用。ネイティブコード出力により、より高速に動作が可能になったほか、 OPTPiX SpriteStudio の動作環境に、Windows に加えてMac 環境をサポートすることができました。

グローバル化するゲーム開発シーン、ソーシャルデベロップメントもフォロー。

詳細ページ:http://www.webtech.co.jp/eng/spritestudio/

無料トライアルはこちら

ページの先頭へ戻る

導入事例 :

事例紹介

ゲームタイトル採用実績

導入企業

ページの先頭へ戻る

動作環境 :

動作環境について

Windows版 対応OS: Windows® 8(64bit) (*1), Windows® 7(64bit/32bit), Windows® Vista(32bit)
日本語版Windows®, 英語版Windows®
対応機種: 上記OSが正常に動作するもの
CPU: Intel® Core™2Duo 2GHz以上
GPU: OpenGL Version 2.1以上、VRAM512MB以上
メインメモリ: 2GB以上※使用状況により更に増加
グラフィックス: 1024x768ドット以上(フルカラー)を推奨
ネットワーク: ご利用にはインターネット接続環境が必要です。
Mac版 対応OS: OSX Lion(10.7)、Mountain Lion(10.8)
※OS X Mavericks(10.9) については、10/25時点で対応しておりません
対応機種: 上記OSが正常に動作するもの
CPU: Intel® Core™2Duo 2GHz以上
GPU: OpenGL Version 2.1以上
メインメモリ VRAM256MB以上
グラフィックス: 2GB以上
ネットワーク: ※使用状況により更に増加
1024x768ドット以上(フルカラー)を推奨
ご利用にはインターネット接続環境が必要です。

(*1) 各動作環境のWindowsを正式にサポートしているGPU・ディスプレイドライバを使用してください。
特に、Windows 8 上で動作させる場合、Windows 8 を正式にサポートしていないGPUは動作対象外となります。
たとえば、Intel製GPUの場合、Intel HD Graphics 2000より前の製品(第1世代 Intel HD Graphics、Intel Express Chipset内蔵グラフィックスなど)は Windows 8を正式にはサポートしていないので、Windows 8での利用は動作対象外となります。ご注意下さい。

ページの先頭へ戻る

購入 :

購入・価格情報

製品名 OPTPiX SpriteStudio Ver.5(オプトピクス スプライトスタジオ)
新規購入価格 95,000円 / ライセンス(税別)
バージョンアップ価格 48,000円 / ライセンス(税別)
※ SpriteStudio Ver.4 からOPTPiX SpriteStudio Ver.5 へのアップグレード
サブスクリプション価格 1ヶ月あたり 5,500円 / ライセンス(税別)
※契約期間は6ヶ月単位となります。
製品提供形態: ダウンロード方式での提供
お支払い方法 お支払いはクレジットカード、PayPal、銀行振込がお選びいただけます。
※銀行振込をご利用の場合、ご購入時に別途事務手数料3,000円(税別)をご負担いただきます。
  • インディーズゲーム
    開発者向けライセンス
  • インディーズゲーム(インディペンデントゲーム)開発者の皆様の2Dスプライトアニメーションデータ制作をサポートするために、無料のライセンスをご用意しました。
    • 無料でご利用いただけます
    • 機能制限はありません
    • 商用利用可能です

    <ご利用条件>
    別途、利用期間を設定します。
    本ソフトウェアを使用して開発した製品のタイトル画面に、スプラッシュスクリーンを表示させる義務があります。
    本ソフトウェアが独立系開発者の開発環境支援等を目的としていることに鑑み、本ソフトウェアを使用して開発した製品の商用利用は、直近の決算期において、ソフトウェア開発・販売による売上が年間1000万円未満の会社、または、昨年のソフトウェア開発・販売による収入が1000万円未満の個人の方に限ります。

    その他、インディーズゲーム(インディペンデントゲーム)開発者向け無料特別版のライセンス付与に当たっては、当社の指定条件を満たしていただく必要があります。条件に違反した使用が判明した場合、ライセンスの使用を停止させていただく場合がございますので、ご了承ください。

  • 製品版
    ライセンス
  • 製品ライセンスには「ライセンス購入」と「サブスクリプション(6ヶ月単位の月額制)」の2通りがございます。
    製品名 OPTPiX SpriteStudio Ver.5(オプトピクス スプライトスタジオ)
    新規購入価格 95,000円 / ライセンス(税別)
    バージョンアップ価格 48,000円 / ライセンス(税別)
    ※ SpriteStudio Ver.4 からOPTPiX SpriteStudio Ver.5 へのアップグレード
    サブスクリプション価格 1ヶ月あたり 5,500円 / ライセンス(税別)
    ※契約期間は6ヶ月単位となります。
    製品提供形態 ダウンロード方式での提供
    お支払い方法 お支払いはクレジットカード、PayPal、銀行振込がお選びいただけます。
    ※銀行振込をご利用の場合、ご購入時に別途事務手数料3,000円(税別)を
    ご負担いただきます。
  • アカデミック
    ライセンス
  • SpriteStudio Academic

    学生の皆様の2Dスプライトアニメーションデータ制作をサポートするために、 OPTPiX SpriteStudioアカデミックライセンスを無償でご利用いただくことができます。お気軽にお問い合わせください。

    ※ 本ライセンスは、各種学校や学校法人等、教育を目的とした機関を対象としたライセンスです。

    <ご利用条件>
    1.本ソフトウェアを使用して開発した作品の商用利用は禁止しています
    2.本ソフトウェアを使用した作品のタイトル画面に「スプラッシュスクリーン」を表示させる義務があります
    3.ウェブテクノロジが生徒作品をPR素材として利用することに同意する必要があります
    4.カリキュラム外での利用は禁止しています
    ※ 但し学校公認のイベントやオープンキャンパス等でのご利用についてはご相談ください

    <契約期間>
    1年間以上、1年単位

    日本工学院専門学校蒲田校学生コンテスト入選作品「爆弾投球」

OPTPiX, SpriteStudio, Web Technologyは、株式会社ウェブテクノロジの登録商標です。
その他、記載されている会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。