2015.02.27 販売終了致しました。

OPTPiX imésta 7 for PlayStation®3 は、2015年2月27日を持ちまして販売終了いたしました。
また製品サポートにつきましても、2016年2月26日に終了いたしました。
永い間に渡りOPTPiX imésta 7 for PlayStation®3 をご愛用いただき誠にありがとうございました。

PlayStation®3 用圧縮テクスチャ作成、ノーマルマップ最適化機能等開発に必須の機能を搭載

OPTPiX imésta 7 for PlayStation®3 は、PlayStation®3用圧縮テクスチャ作成、ノーマルマップ最適化機能等、PlayStation®3 向けタイトル開発に必須の機能を搭載しています。

この製品は、PlayStation®3ライセンシーの方のみ評価・ご購入いただけます。 本製品の評価・ご購入には、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントとの契約が必要です。

スマートフォンアプリ開発向けには「OPTPiX imésta 7 for Mobile & Social」 をお勧めいたします。

特長

S3TC圧縮と編集

"OPTPiX imésta for PlayStation®3" は "PlayStation®3"に採用されているS3TC圧縮をサポートしています。 もちろん、DXT1 から DXT5 までをサポート。S3TCテクスチャの作成がアルファチャンネル付きで可能です。「最適化オプション」を使用すれば、圧縮の最適化レベルを調整できるので、一段と高品質なS3TC圧縮画像の作成も可能です。

また、S3TC圧縮後の画像を直接編集できる「S3TCエディタ」を搭載しているため、「代表色の変更」「ドット修正」といった編集作業によってS3TC圧縮画像最大の弱点と言われているブロック状の色飛びを手作業で補正することが可能です。

もちろん、DXT2~DXT5形式のアルファチャンネル編集にも対応しています。

「S3TC圧縮の例」具体的な例はこちらへ

S3TCサンプル

S3TC圧縮の編集サンプル]

ノーマルマップ専用最適化処理

OPTPiX iméstaの持つ高品質なS3TC圧縮アルゴリズムは、ノーマルマップ用の圧縮にも大きな力を発揮します。
幾何学模様のノーマルマップ専用最適化処理を搭載しているので、他社製品で作成した結果と比べるとその差は明らかです。

ノーマルマップ最適化

ノーマルマップ最適化処理の例

"PlayStation®3"用開発機へのリモート出力

「リモート出力」は、OPTPiX imésta上で編集している画像を、開発機を通してテレビモニタ上でリアルタイムに表示する機能です。 これにより、常に実機表示での色味を確認しながら画像を編集することができます。

リモート出力イメージ

リモート出力イメージ

「プレイステーション 3」対応「イメージ変換」機能

32bit RGBA8888や、24bitよりも色数の少ない16bit(RGBA4444, RGBA5551, RGBA5650)といったRGBA階調形式へ画像を変換することが簡単におこなえます。 もちろん、マルチレイヤ画像にも対応しています。

また、"PlayStation®3"で使用するS3TC圧縮(DXT1~5)テクスチャへ高品質な変換がおこなえます。複数のレイヤを持つイメージファイルも一度に変換。「レンダリング処理」を選択することで、画像の劣化を最小限に抑えることが可能です。

イメージ変換

イメージ変換

"PlayStation®3"用フォーマット入出力

"OPTPiX imésta for PlayStation®3"では、"PlayStation®3"で使用可能な「GTFフォーマット」「DDSフォーマット」の入出力に対応しています。 さらに、FP16/FP32といったHi Dynamic Rangeテクスチャの読み書きに簡易対応しています。

16bit R5G6B5 DXT1 FP16 R16F
24bit R8G8B8 DXT2 FP16 G16P16F
16bit A1R5G5B5 DXT3 FP16 A16B16G16R16F
16bit A4R4G4B4 DXT4 FP32 R32F
32bit A8R8G8B8 DXT5 FP32 G32R32F
FP32 A32B32G32R32F

アルファチャンネル対応減色

Adobe Photoshop等の一般的なフルカラー・レタッチソフトでは、アルファチャンネル付きのフルカラー画像をインデックスカラー画像に減色することはできますが、減色の対象となるのはRGB値のみであり、アルファチャンネルは別プレーンのままです。

一方、ハードウェアはRGBAパレット(アルファ値付きパレット)を持つインデックスカラーをサポートする場合が増えており、ルファ値による透過効果や反射効果を利用しつつ、高速な描画を行うためには、RGBAパレットを持つインデックスカラー画像を使うのが必須とされています。

OPTPiX imésta for PlayStation®3では、アルファチャンネル対応減色機能により、アルファチャンネル付きのフルカラー画像(32bit RGBA)から、256色以下のRGBAパレット付きインデックスカラー画像を生成することができます。OPTPiX画像最適化エンジンにより、最適化されたRGBAパレットを生成します。

単純にRGB+アルファの減色を行うだけではなく、アルファ値付きパレットを効率よく生成するための減色アルゴリズムを開発し、アルファチャンネル対応減色のチューニング用パラメータを用意しています。パラメータを変更することで、OPTPiX画像最適化エンジンの特性をコントロールできるため、画質を極力落とさず、アルファチャンネル付きの最適化パレットを生成できます。

「アルファチャンネル対応減色」具体的な例はこちらへ

アルファチャンネル対応減色(アルファブレンディング減色)

アルファチャンネル対応減色

導入実績

ゲームタイトル採用事例

スマートフォンのゲームアプリ、各種コンソールゲーム機でのOPTPiX iméstaシリーズの採用事例をご覧いただけます。

採用事例を見る

各種用途向け・モバイルコンテンツ採用事例

各種組み込み機器やモバイルコンテンツ、デジタルデータ放送でのOPTPiX iméstaシリーズの採用事例をご覧いただけます。

採用事例を見る

動作環境

対応OS Windows 7 (32bit/64bit)
  • 64bitOSでも32bitアプリケーションとして動作します。
言語 日本語のみ
対応機種 上記OSが正常に動作するもの
CPU Intel Pentium 4以上を推奨
メインメモリ 1GB以上を推奨
グラフィックス 1024x768以上(フルカラー)以上を推奨
ネットワーク ハードウェアキー用にUSBポートを1つ使用します。
ご利用にはインターネット常時接続環境が必要です。

OPTPiX, imésta, Web Technology は、株式会社ウェブテクノロジの登録商標です。
「PlayStation」、「プレイステーション」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。


トップへ