2015.02.27. 販売終了致しました。

OPTPiX imésta 7 for Wii は、2015年2月27日を持ちまして販売終了いたしました。
また製品サポートにつきましても、2016年2月26日に終了いたしました。
永い間に渡りOPTPiX imésta 7 for Wii をご愛用いただき誠にありがとうございました。

Wii に最適化されたS3TC圧縮エンジンと流麗なインデックスカラーを生成できるOPTPiX画像最適化エンジンを搭載

OPTPiX imésta 7 for Wii®では、Wii に最適化されたS3TC圧縮エンジンと流麗なインデックスカラーを生成できるOPTPiX画像最適化エンジン、二つのエンジンが最高品質の画質を実現します。

この製品はWii 向けゲームタイトル開発会社のみご購入いただけます。また、ご購入には任天堂株式会社とのデベロッパー契約が必要です。

スマートフォンアプリ開発向けには「OPTPiX imésta 7 for Mobile & Social」 をお勧めいたします。

特長

OPTPiX画像最適化エンジン

Wii用ゲームタイトル開発では、用途や画像の性質に合わせて、インデックスカラー形式を選択するケースが増えています。OPTPiX imésta 7 に搭載されたOPTPiX画像最適化エンジンはフルカラーの品質を保ったまま、流麗な減色結果をお約束します。

imestaで減色

iméstaで減色した画像

他社製ソフトで減色

他社製ソフトで減色した画像

高品質な「S3TC圧縮」機能

「OPTPiX imésta 7 for Wii」はWiiに採用されているS3TC圧縮をサポートしています。

S3TC圧縮では、4x4ピクセルごとに、最適な代表色2色を決め、これらの色とその補間色を用いて、1ピクセルを2bitのインデックス値で表現しています。 24bitカラーテクスチャのデータサイズを1/6へ、16bitカラーテクスチャのデータサイズを1/4へ圧縮します。

「OPTPiX imésta 7 for Wii」では、Wii用に最適化されたS3TCテクスチャの作成をアルファチャンネル付きでサポートします。

S3TC圧縮サンプル

S3TC圧縮サンプル

S3TCエディタ

S3TC圧縮後の画像を直接編集できるのが「S3TCエディタ」です。

「代表色の変更」「ドット修正」といった編集作業によって、S3TC圧縮の最大の弱点と言われるブロック状の色飛びが発生した場合でも、手作業で補正が可能です。

S3TC圧縮後の画像データの編集

S3TC圧縮後の画像データの編集

Wii対応イメージ変換機能

「OPTPiX imésta 7 for Wii」は、色数の多いフルカラー画像でも、Wiiで使用するRGB565、RGB5A3、CMPR(S3TC)などの各種フォーマットへ高品質な変換をすることができます。

複数のレイヤを持つイメージファイルも一度に変換することができます。さらに「レンダリング処理」を選択することで、画像の劣化を最小限に抑えることが可能です。

イメージ変換ダイアログ

イメージ変換

MIPMAP画像作成機能

Wii用のMIPMAPを作成し、Wii専用フォーマット等で保存することができます。

また、フルカラーでMIPMAP画像を作成した後にS3TC圧縮を行うことにより、簡単にS3TC圧縮されたMIPMAP画像を作成することができます。

MIPMAP

MIPMAP

リモート出力

PC用モニタとNTSCテレビモニタの表示特性は大きく異なります。

「OPTPiX imésta 7 for Wii」では、PCと開発機を接続し、PC上の画像データをワンタッチでテレビモニタ上に表示させることができます。デザイナーは「編集作業」と「色の確認」を同時にかつ簡単に行うことができるようになり、肥大化する開発コストの圧縮と品質の向上が実現できます。

[リモート出力イメージ]

リモート出力イメージ

Wii対応カラーイコライザ

グラフィックデザイナーが開発に利用しているPC用モニターとユーザーが使うテレビモニタの色味の再現性の違いを埋める「Wii/GCカラーイコライザ」が使用できます。「OPTPiX imésta 7 for Wii」は、WiiとNTSCテレビモニタの出力特性を考慮して演算を行います。

カラーイコライザをオンにすることで、テレビモニタでの表示に最適な画像を生成できるため、デザイナーがPC上で描いた色をテレビモニタ上で再現させることが容易になります。
※ カラーイコライザは、「S3TC圧縮」「イメージ変換」「減色」時に使用できます。

Wii専用フォーマットに対応

「OPTPiX imésta 7 for Wii」は、Wii専用フォーマットの読み書きに対応しています。また、NINTENDO GAMECUBE専用フォーマットにも対応しています。

RGB565モード

RGB565のモードでのパレット編集や各種画像調整をサポートしています。 RGB565モードでは、カラーチャートウィンドウやパレットリストウィンドウで扱う数値がR=5bit, G=6bit, B=5bitデータに制限されます。

導入実績

ゲームタイトル採用事例

スマートフォンのゲームアプリ、各種コンソールゲーム機でのOPTPiX iméstaシリーズの採用事例をご覧いただけます。

採用事例を見る

各種用途向け・モバイルコンテンツ採用事例

各種組み込み機器やモバイルコンテンツ、デジタルデータ放送でのOPTPiX iméstaシリーズの採用事例をご覧いただけます。

採用事例を見る

動作環境

対応OS Windows 7 (32bit/64bit)
  • 64bitOSでも32bitアプリケーションとして動作します。
言語 日本語のみ
対応機種 上記OSが正常に動作するもの
CPU Intel Pentium 4以上を推奨
メインメモリ 1GB以上を推奨
グラフィックス 1024x768以上(フルカラー)以上を推奨
ネットワーク ご利用にはインターネット常時接続環境が必要です。

OPTPiX, imésta, Web Technology は、株式会社ウェブテクノロジの登録商標です。
Wii は任天堂の商標です。


トップへ