2015.02.27. 販売終了致しました。

OPTPiX imésta 7 for PSP® + PlayStation®3 は、2015年2月27日を持ちまして販売終了いたしました。
また製品サポートにつきましても、2016年2月26日に終了いたします。
永い間に渡りOPTPiX imésta 7 for PSP® + PlayStation®3 をご愛用いただき誠にありがとうございました。

1ライセンスで "PSP®" 向けタイトル開発、"PlayStation®3" 向けタイトル開発の両方にお使いいただけます。

"PSP®" 専用機能と"PlayStation®3" 専用機能、両方が盛り込まれた OPTPiX imésta 7 for PSP® + PlayStation®3 。 1ライセンスで "PSP®" 向けタイトル開発、"PlayStation®3" 向けタイトル開発の両方にお使いいただけます。

この製品は、"PSP®" ライセンシーでかつ、"PlayStation®3"ライセンシーの方のみご購入いただけます。 本製品の評価・ご購入には、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントとの契約が必要です。

スマートフォンアプリ開発向けには「OPTPiX imésta 7 for Mobile & Social」 をお勧めいたします。

特長

高性能アルファチャンネル対応減色(アルファブレンディング減色)機能

1,677万色のフルカラー画像を品質を保ったまま256色以下のインデックスカラー画像へ減色することができる「OPTPiX imésta」の強力な減色機能は各方面で高い評価をいただいています。

「透過色指定減色」「共通パレット・固定パレット指定減色」など、非常に豊富なオプションも備えているため、目的に適った画像へ変換することができます。さらにアルファチャンネル付きダイレクトカラー画像を減色して、アルファ値付きパレットを持ったインデックスカラー画像を生成する「アルファチャンネル対応減色(アルファブレンディング減色)」に対応。

これにより、「RGBA4444」「RGBA5551」「RGBA8888」形式のパレットに対応した減色を実現しています。

アルファチャンネル対応減色(アルファブレンディング減色)

アルファチャンネル対応減色

S3TC圧縮と編集

"PSP®" や"PlayStation®3" で使用される圧縮テクスチャ「S3TC」形式への変換に完全対応。さらに圧縮後のS3TC画像に対する再編集を実現する「S3TCエディタ」を搭載。「ドット修正」「代表色の変更」といった編集作業を、画像を劣化させることなく実現します。

もちろん、DXT2~DXT5形式のアルファチャンネルの編集にも対応しています。

「S3TC圧縮の編集サンプル」具体的な例はこちらへ

S3TC圧縮サンプル

S3TC圧縮の編集サンプル

"PSP®"、"PlayStation®3" 専用テクスチャ形式への変換

「イメージ変換」により、編集中の画像を「RGBA4444」「RGBA5551」「RGB5650」「RGBA8888」形式へ簡単に変換できます。もちろん、マルチレイヤ画像にも対応しています。

また、S3TC圧縮(DXT1~5)テクスチャへ高品質な変換がおこなえます。変換時にレンダリング処理や誤差拡散の度合いも指定できます。

これにより、グラデーションのある素材でも実機画面上で表示した場合にマッハバンド(バンディング)が出にくい高品質なテクスチャへの変換が可能です。

16bit R5G6B5 DXT1 FP16 R16F
24bit R8G8B8 DXT2 FP16 G16P16F
16bit A1R5G5B5 DXT3 FP16 A16B16G16R16F
16bit A4R4G4B4 DXT4 FP32 R32F
32bit A8R8G8B8 DXT5 FP32 G32R32F
    FP32 A32B32G32R32F

"PSP®" 用液晶シミュレータ

"PSP®"開発ツールが手元にないときでも、OPTPiX imésta 7 for 7 for PSP® + PlayStation®3に内蔵している「"PSP®"用液晶シミュレータ」を使えば、実機に近い色特性をPC上で手軽に再現できます。

液晶シミュレータ

液晶シミュレータ

スプライト分割に対応

"PSP®"でのスプライト描画高速化のため「1個のスプライト画像を横幅32ドットの短冊状のスプライト画像に分割して描画したい」という場合でも簡単におこなうことができます。

「セル分割」機能で、1枚の画像を指定サイズで簡単に分割でき、マルチレイヤ画像として保存することも、別々の画像として保存することも可能です。

スプライト分割

スプライト分割

その他の特長

"PSP®" 用カラーイコライザ

"PSP®"の液晶画面の出力特性(色味)を考慮して、減色やイメージ変換演算をおこなう「"PSP®" 用カラーイコライザ」を搭載しています。「液晶画面で表示したときに、元画像に最も近い色味になる」画像を生成できるため、デザイナーがPC上で描いた色を再現させることが容易になります。

「"PSP®"用カラーイコライザ」具体的な例はこちらへ

"PSP®" 用開発機、"PlayStation®3" 用開発機へのリモート出力

元画像を用意するだけで、"PSP®"用や"PlayStation®3" 用のMIPMAP画像を簡単に生成することができます。

ダイレクトカラーでMIPMAP画像を生成した後で、OPTPiX画像最適化エンジンにより「MIPMAP画像用減色」や「S3TC圧縮」を実行することで、非常に高品質なMIPMAP画像の作成を実現します。

"PSP®" 用MIPMAP、"PlayStation®3"用作成

元画像を用意するだけで、"PSP®" 用のMIPMAP画像を簡単に生成することができます。

ダイレクトカラーでMIPMAP画像を生成した後で、高画質減色エンジンにより「MIPMAP画像用減色」を実行することで、非常に高品質なMIPMAP画像の作成を実現します。

"PSP®" 用フォーマット"PlayStation®3" 用フォーマット入出力

「GIMフォーマット」「GTFフォーマット」「DDSフォーマット」の入出力に対応しています。GIMフォーマットの出力では、"PSP®" の高速テクスチャモードを利用する「"PSP®"高速ピクセル格納形式」をサポートしています。

この形式では"PSP®" のテクスチャキャッシュに高速にロードできるように、画像を16x8のブロックに分割・再配置して格納します。 既存のGIMファイルをマクロ処理で一括変換することも可能です。

さらに、FP16/FP32といったHi Dynamic Rangeテクスチャの読み書きに簡易対応しています。

導入実績

ゲームタイトル採用事例

スマートフォンのゲームアプリ、各種コンソールゲーム機でのOPTPiX iméstaシリーズの採用事例をご覧いただけます。

採用事例を見る

各種用途向け・モバイルコンテンツ採用事例

各種組み込み機器やモバイルコンテンツ、デジタルデータ放送でのOPTPiX iméstaシリーズの採用事例をご覧いただけます。

採用事例を見る

動作環境

対応OS Windows 8.1 (64bit), 7 (32bit/64bit)
  • 64bitOSでも32bitアプリケーションとして動作します。
言語 日本語のみ
対応機種 上記OSが正常に動作するもの
CPU Intel Pentium 4以上を推奨
メインメモリ 1GB以上を推奨
グラフィックス 1024x768以上(フルカラー)以上を推奨
ネットワーク ハードウェアキー用にUSBポートを1つ使用します。
ご利用にはインターネット常時接続環境が必要です。

OPTPiX, imésta, Web Technology は、株式会社ウェブテクノロジの登録商標です。
「PlayStation」、「PSP」、「プレイステーション」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。


トップへ