SpriteStudioのカスタムシェーダー機能 3つの制作事例をご紹介

こんにちは、SpriteStudio エバンジェリストの池田陽朗です。

今回はSpriteStudio Ver.6.4から搭載されている「カスタムシェーダー機能」について制作例を3つご紹介します。 皆さまのご制作のヒントになれば嬉しいです。

※ OPTPiX SpriteStudioのインストールパッケージにカスタムシェーダーファイルは同梱されておりません。OPTPiX ヘルプセンターでサンプルのシェーダーファイルを配布していますのでご活用ください。

カスタムシェーダー機能とは?

「シェーダー」の意味はツールによって異なりますが、SpriteStudioにおけるカスタムシェーダー機能は素材に対して様々な効果を付与する機能になります。

図の左上がオリジナルのアニメーションです。他のアニメーションはSpriteStudioのカスタムシェーダー機能でそれぞれ別の効果を与えています。

効果を与えたいパーツを選択しアトリビュートウィンドウから各効果を選択できます。アトリビュートウィンドウにシェーダーの項目が無い場合は、メインメニューの「ファイル」→「プロジェクト設定」→「互換性」→「再生環境の指定」からシェーダーのチェックボックスを入力してください。 続きを読む

カテゴリー: OPTPiX SpriteStudio |

CRI・ミドルウェア との合併にあたって――株式会社ウェブテクノロジ 代表取締役 小高輝真からのご挨拶

ウェブテクノロジは今年の2月、創立30周年を迎えることができました。
長きにわたり我々を支えてくださったお客様、関係者の皆様のおかげと感謝しています。
学生時代、「自社製品」で身を立てることを夢見て起業し、仲間を得、幸運にも恵まれ、その夢を叶えることができました。

そこにとどまることなく、次なる飛躍のために、2018年にCRIグループにジョイン。そしてさらに企画力、開発力、営業力を強化するため、ウェブテクノロジは2021年10月1日より、CRI・ミドルウェアと統合し、OPTPiX(オプトピクス)シリーズを推進する事業部門として、リスタートを切ります。

メンバー一同、これからもこの言葉を心に抱きながら、チャレンジし続けます。

『クリエイターを笑顔に』

株式会社ウェブテクノロジ 代表取締役 小高輝真

カテゴリー: ウェブテクノロジ |

画像容量を小さくする方法 番外編:軽いページで大きい画像を見せる方法

ウェブ担当の嶋です。

シリーズ「画像容量を小さくする方法」、第3回までは画像の基礎知識、画像サイズ、フォーマットなどの話を進めてきました。

インターネット経由で画像をキレイに速く表示させるには、という観点で進めてきましたが、時にはECサイトの商品画像や細かい図表など「大きい画像サイズで見せたい」「原寸大で見せたい」ということもあると思います。

単純にページ内に大きい画像を埋め込むだけでは、画像1枚で大きなデータ転送が発生してしまい、ページの表示速度やレスポンスに影響を及ぼします。また、Page Speed InsightGTmetrixなどの表示速度計測サイトでも評価が大きく下がってしまいます。

今回はいくつかのケースを想定し、対応を考えてみたいと思います。

続きを読む

カテゴリー: OPTPiX Labs | タグ: , , , , ,

SpriteStudioで1枚のイラストを動かすテクニック 第2弾 ろまゆくえさん編

こんにちは、SpriteStudio エバンジェリストの池田陽朗です。

今回は作家のろまゆくえさん(twitter)のイラスト作品をお借りしてSpriteStudioで制作したアニメーションのメイキングを解説します。 静止画のイラストをアニメーション化することで、新しい一面や世界観の広がりを表現することができます。 皆さまのご制作の参考になれば嬉しいです。

TITLE「月夜に舞う戦士」

Pixiv:https://www.pixiv.net/artworks/76827353

こちらのダイナミックで美麗なイラストをこのようにアニメーション化しました!(PCでモニタからはみ出してしまう方は動画の右下のフルスクリーンボタンを押してご覧ください)

続きを読む

カテゴリー: OPTPiX SpriteStudio | タグ: ,

画像容量を小さくする方法:第3回 画像フォーマットの種類と適性

ウェブ担当の嶋です。

画像容量を小さくする方法、前回は画像サイズについての基礎知識やピクセル密度についてご紹介しました。画像の最適化処理は主にPCで行うことになると思いますが、それを見る環境がスマートフォンの場合はリサイズする場合も気を使わないといけない、といったものでした。

さて、画像のサイズが決まったら今度は画像ファイルとして保存する作業を行います。見た目は同じ画像でも、デジタルの世界ではそのフォーマットはいくつかの種類があります。それぞれの特長、得手不得手などをご紹介していきます。

続きを読む

カテゴリー: OPTPiX Labs | タグ: , , , , , , | 2021/07/07 更新