OPTPiX SpriteStudio」カテゴリーアーカイブ

【インタビュー】新人研修から生まれたプロジェクトでSpriteStudioを採用!「ABYSS MEMORY(アビスメモリー)」での採用事例

STEAMNintendo Switchにてリリースされるタイトル『ABYSS MEMORY』。
本作には、当社のOPTPiX SpriteStudioをご採用いただきました。
企画からデザイン、プログラム、実装までたった二人の新人さんが手掛けたという本作の制作に至るまでの過程やSpriteStudioの採用の理由をお伺いします。

続きを読む

カテゴリー: News, OPTPiX SpriteStudio |

【インタビュー】5年ぶりの新作でUI開発フローを一新! デザイナーとプログラマーの分業を実現した『真・女神転生V』

前作から約5年ぶりの新作となった『真・女神転生V』。2017年1月の「Nintendo Switchプレゼンテーション」で発表され、Unreal Engine 4(以下、UE4)での開発が公開されたことも相まって、発表当時から大きな話題になりました。

本作では、OPTPiX SpriteStudio (以下、SpriteStudio)をご採用いただいたということで、お二人の開発者にインタビューを実施。『真・女神転生V』での採用背景について迫ります。

続きを読む

カテゴリー: News, OPTPiX SpriteStudio |

OPTPiX SpriteStudio Ver.7.0 リリース!(5月18日 追記)

SpriteStudio 開発マネージャの遠藤です。

このたび、 SpriteStudio は約5年ぶりのメジャーアップデートとなる Ver.7.0 をリリースしました。
いち早くお届けするため、まずは Windows 版を先行公開いたします。
Mac 版は4月末の公開を目指して現在鋭意テスト中です。Mac ユーザーの方はもうしばらくお待ち下さい!

※5月18日追記:SpriteStudio mac版も公開されました!ぜひ活用してみてください。
OPTPiX SpriteStudio ver.7.0 mac 版のリリースノートはこちら

Ver.7.0 の紹介に入る前に、 OPTPiX SpriteStudio で一体どういうことが出来るのか教えてほしい!
という方は、是非製品ページもご覧になってみてください。 

続きを読む

カテゴリー: News, OPTPiX SpriteStudio | タグ: , , , | 2022/05/18 更新

OPTPiX Spritestudio Ver.6.6.3 でアニメーションWebPが出力可能になりました!

こんにちは、SpriteStudio スペシャリストの大野です。​
2021年12月14日にアップデートされた SpriteStudio Ver.6.6.3 で、レンダリングにアニメーション WebP の出力が追加されました。
注意:2021/12/16現在、iOS(14以降)上のWebブラウザ、macOS(Big Sur以降)上のSafariでアニメーションWebPを再生したときに、チラツキや表示欠けなどの発生が確認されています。

WebP は、米 Google が開発しているウェブサイトのトラフィック量軽減と表示速度短縮の為に開発されたフォーマットで、アルファチャンネル付きのアニメーションが可能になっています。​

アルファチャンネル付きアニメーションは SpriteStudio の得意とするところですので、活用の幅が広がるのではないかと思います。​
今回は活用例の1例として、ゆっくりMovieMaker4β での活用方法をご紹介しようと思います。​

WebP については、弊社の以前のブログ記事でも取り上げていますので、こちらもご覧ください。
OPTPiX Labs ブログ:『WebP』+『PNG24高圧縮化加工』で画質とファイルサイズを、両立。

※アニメーション WebP は現在の主要なブラウザでは殆ど対応されていますが、古いバージョンのブラウザでは再生されない場合があります。ご注意ください。

続きを読む

カテゴリー: OPTPiX SpriteStudio | タグ: , , | 2021/12/16 更新

SpriteStudioのカスタムシェーダー機能 3つの制作事例をご紹介

こんにちは、SpriteStudio エバンジェリストの池田陽朗です。

今回はSpriteStudio Ver.6.4から搭載されている「カスタムシェーダー機能」について制作例を3つご紹介します。 皆さまのご制作のヒントになれば嬉しいです。

※ OPTPiX SpriteStudioのインストールパッケージにカスタムシェーダーファイルは同梱されておりません。OPTPiX ヘルプセンターでサンプルのシェーダーファイルを配布していますのでご活用ください。

カスタムシェーダー機能とは?

「シェーダー」の意味はツールによって異なりますが、SpriteStudioにおけるカスタムシェーダー機能は素材に対して様々な効果を付与する機能になります。

図の左上がオリジナルのアニメーションです。他のアニメーションはSpriteStudioのカスタムシェーダー機能でそれぞれ別の効果を与えています。

効果を与えたいパーツを選択しアトリビュートウィンドウから各効果を選択できます。アトリビュートウィンドウにシェーダーの項目が無い場合は、メインメニューの「ファイル」→「プロジェクト設定」→「互換性」→「再生環境の指定」からシェーダーのチェックボックスを入力してください。 続きを読む

カテゴリー: OPTPiX SpriteStudio |