メインメニュー

メインメニューには「OPTPiX ImageStudio 8」の各機能が用意されています。 メニューバーと、頻繁に使用される機能のショートカットボタンを並べたツールバーの二段になっています。

メニューバー

ファイル

画像ファイルの読込・保存や、各種設定、「OPTPiX ImageStudio 8」の終了などを行うためのメニューです。

開く ImageStudio 8 で編集したい画像ファイルを開きます
最近開いたファイル

ImageStudio 8 で編集した直近10件のファイルを開くことができます。

閉じる

現在編集している画像ファイルを閉じます。保存していない場合、上書き保存を確認するダイアログが表示されます。

すべて閉じる

すべての画像ファイルを閉じます。保存していない場合、上書き保存を確認するダイアログが表示されます。

上書き保存

現在編集している画像ファイルを上書き保存します

名前を付けて保存 現在編集している画像ファイルを別のファイル名を付けて保存します
複製を保存

現在編集している画像ファイルの複製を保存します

ファイル読み込みオプション

「ファイル読み込みオプション」ダイアログを開きます。

各種フォーマットの読み込みオプションの設定を行うダイアログを開きます。

ファイル保存オプション

ファイル保存オプション」ダイアログを開きます。

各拡張子のファイル保存時のオプションの設定を行うことができます。

終了

ImageStudio 8 を終了します。
編集中の画像ファイルを保存していない場合、保存を確認するダイアログが表示されます。

編集

コピー(カット)&ペーストや、操作のリトライ(アンドゥ・リドゥ)、編集モードの変更などを行うメニューです。

元に戻す

現在作業しているファイルに対する操作を取り消し、一段階前の状態に戻します。

複数回実行すると、その回数分の操作を取り消した状態に戻ります。 ただし、元に戻すことができる回数には制限があります。

やり直し

「元に戻す」で取り消した操作を、もう一度やり直します。 複数回実行すると、その回数分だけの操作を再実行します。

ただし、元に戻すことができる回数には制限があります。 また、「元に戻す」を選んだ後で別の操作を行った場合、別の操作を行う前の操作を再実行することはできませんのでご注意ください。

コピー 現在選択している画像をコピーします。選択範囲を指定している場合、選択範囲内の部分のみコピーします。
切り取り

現在選択している画像を切り取ります。選択範囲を指定している場合、選択範囲内の部分のみ切り取ります。

貼り付け

クリップボードに保存されている画像を編集中の画像に貼り付けます。

新規作成貼り付け

クリップボードに保存されている画像を、ファイルを新規作成し、貼り付けます。

削除

現在選択している画像を削除(消去)します。選択範囲を指定している場合、選択範囲内の部分のみ削除します。

すべて選択

現在選択している画像全体を選択範囲にします。

選択を解除

設定している選択範囲を解除します。

編集モード

メインウィンドウの編集モードを切り替えます。

  • 範囲選択
    選択範囲を指定することができます
  • スクロール
    画像をスクロールします
  • レイヤー移動
    psdなど、レイヤー情報を持った画像の場合使用できます。選択しているレイヤーを移動することができます。
  • 重要領域マーカー指定
    減色時に優先する色域を指定するマーカーに切り替えます

イメージ

現在作業している画像の減色、フォーマット変換、拡大縮小など加工処理を行うメニューです。

減色

減色」ダイアログを開きます。

現在編集している画像に対し、減色処理を行います。

テクスチャー圧縮

テクスチャー圧縮」ダイアログを開きます。

現在編集している画像を圧縮テクスチャに変換します。

テクスチャー超解像(Clear waifu2x)

この機能はVer.8.4で追加されました

テクスチャー超解像(Clear waifu2x)」ダイアログを開きます。

現在編集している画像を高解像度化します。

透明境界の色漏れ予防

透明境界の色漏れ予防」ダイアログを開きます。

画像が補間拡大されるときに、透明部分のピクセルの色が不透明部分に混じり込む、「色もれ」を予防する加工を行います。

画素形式の変更

現在編集している画像の画素形式を変更します。
現時点では RGB 8bit/Channel または インデックスカラー に変更することが可能です。

チャンネル

アルファチャンネルの付与、削除を行います。

拡大縮小

拡大縮小」ダイアログを開きます。

編集している画像のサイズ(寸法)を変更します。
寸法や倍率で指定できる他、拡大縮小を行う際のアルゴリズムも選択することが可能です。

キャンパスサイズ変更

編集している画像のキャンパスサイズを変更します。

画像の一部を切り取ったり、画像の周辺に余白を追加して、キャンパスサイズを変更できます。

切り抜き

選択範囲に合わせて画像を切り抜き(トリミング)します。

画像の回転

編集している画像を回転します。

180°

画像を180度回転します。

90°(時計回り)

画像をが右90度回転します。

90°(反時計回り)

画像を左90度回転します。

角度の入力

回転ダイアログを開きます。

任意の角度、回転方法、回転時に生じた隙間の背景色などを指定して画像を回転させます。

左右反転

画像を左右反転します。

上下反転

画像を上下反転します。

自動レベル補正

画像の白レベル・黒レベルを最適な状態に補正します。

自動ホワイトバランス補正

光源による発色の差を自動で最適な値に補正します。

画像の最も明るい部分に注目し、その部分が無彩色の白になるように補正を行います。

調整

画像の色相等を調整します。

  • ガンマ補正
  • 色相・彩度調整
  • レベル補正
  • ホワイトバランス補正
  • 明度調整
  • コントラスト調整
  • 階調の反転

MIPMAP作成

MIPMAPを作成します。

編集中の画像が2のべき乗サイズかつMIPMAPが存在しない場合、選択可能になり作成できます。

MIPMAP削除

MIPMAPを削除します。

編集中の画像にMIPMAPが存在した場合、選択可能になり削除します。

RGBAチャンネル抽出

RGBAチャンネルを抽出して、新規画像を作成します。

編集中の画像からRGBAチャンネルのいづれかを指定することで、指定チャンネルのみで構成されたインデックスカラー画像を新しく作成します。
ダイレクトカラー時のみ実行可能です。

レイヤー

psdなど、レイヤー情報を持つ画像のレイヤー処理を行うメニューです。

レイヤー統合

すべてのレイヤーを統合し、1枚の画像にします。

psdなど、レイヤー情報を持つ画像で使用できます。

レイヤーサイズ統一化

各レイヤーのサイズを統一します。

フィルター

画像に特殊加工を施すメニューです。

ノイズ除去

この機能はVer.8.4で追加されました

「ノイズ除去」ダイアログを開きます。

画像のノイズ除去を行います。

ウェブテクノロジ独自の「Clear waifu2x」技術を使用した、画像のノイズ除去機能です。​除去の強度を指定することで、画像に合わせた調整が行えます。​

ぼかし

画像の輪郭をぼかす処理を行います。

シャープ

画像の輪郭を強調する処理を行います。

モノクローム

画像をモノクロに変換します。

タイムライン

アクションについて各種操作を行うメニューです。

直前のアクションを再実行

現在選択しているアクションのひとつ前のアクションを再度実行します。

前のアクションへ

選択しているアクションのひとつ前のアクションを選択します。

次のアクションへ

選択しているアクションの次のアクションを選択します。

最初のアクションへ

最初(先頭)のアクションを選択します。

最後のアクションへ

最後のアクションを選択します。

アクション内容の変更

選択しているアクションの設定を変更します。

減色のアクションを選択している場合は減色ダイアログが開き、減色の設定を変更することが可能です。

アクションのコピー

選択しているアクションをコピーします。

コピーしたアクションは「アクションの貼り付け」でタイムラインに挿入することが可能です。

すべてのアクションをコピー

タイムライン上にあるすべてのアクションをコピーします。(Originalは除きます)

アクションの貼り付け(次へ挿入)

コピーしているアクションを選択しているアクションの次に挿入します。

アクションの削除

選択しているアクションを削除します。

次以降のアクションを削除

選択しているアクションから先に登録しているアクションを全て削除します。

「色調補正→拡大縮小→減色
と登録していて、色調補正を選択した状態でこのコマンドを選択すると、「拡大縮小と減色」が削除されます。

ここまでのアクションを統合

選択しているアクションまでの、登録されたアクションを「Original」に反映、統合します。

現在のアクションを保存

選択しているアクションのみを「アクションファイル(.isact)」として保存します。

すべてのアクションを保存

タイムラインに登録されているアクションをすべて「アクションファイル(.isact)」として保存します。

アクションの読み込み

保存した「アクションファイル(.isact)」を読み込み、タイムラインに上書きで登録します。

「アクションの読み込み」前に登録していたアクションは消えてしまうのでご注意ください。

アクションの読み込み(次へ挿入)

保存した「アクションファイル(.isact)」を読み込み、選択しているアクションの次に挿入します。

一括処理

各種処理を一括で行う、マクロについて操作するメニューです。

マクロの編集と実行

マクロの編集と実行」ダイアログを表示します。

マクロの設定や保存、処理の実行が行えます。

表示

画像の拡大縮小、比較表示方法の変更など表示に関する操作が行えます。

ズームイン

画像の表示倍率を上げます。

ズームアウト

画像の表示倍率を下げます。

ズーム

メインウィンドウの表示倍率を選択します。

  • 5%
  • 10%
  • 20%
  • 25%
  • 50%
  • 75%
  • 100%
  • 200%
  • 300%
  • 400%
  • 500%
  • 600%
  • 700%
  • 800%
  • 1000%
  • 1200%
  • 1600%
  • 3200%
  • 5000%

比較表示モード

編集中の画像について比較表示のON・OFFを切り替えます。

比較表示タイプ

編集画像の比較表示のタイプを切り替えます。

  • スライド比較
    スライダーでの比較を行います
  • 結果比較(左右分割)
    ウィンドウを左右に分割し、選択しているアクションと1段階前のアクションで比較します
  • 結果比較(四分割)
    等倍・全体・1段階前のアクション・現在選択しているアクション で比較を行います。
  • 倍率比較(四分割)
    現在選択しているアクションを倍率で比較します。
    等倍・全体表示・選択している倍率の2倍・選択している倍率の4倍

表示チャンネル

編集画像の表示するチャンネルの ON・OFF を切り替えます。

合成表示

RGBチャンネル・アルファチャンネルを合成して表示します。

RGBチャンネルのみ表示

画像のRGBチャンネルのみを表示します。

アルファチャンネルのみ表示

>画像のアルファチャンネルのみを表示します。

完全透明/完全不透明ピクセルを色分けする

この機能はVer.8.4で追加されました

完全透明ピクセルを 、完全不透明ピクセルを で表示します。​

「アルファチャンネルのみ表示」がONの場合のみ機能します。
アルファチャンネル部分の消し忘れや加工ミス、意図しない半透明部分が残っていないかなど確認する際にご利用ください。

ピクセル グリッドを表示

ズームインした際にピクセル単位のグリッドの表示 ON・OFF を切り替えます。

重要領域マーカーを表示

重要領域マーカーの表示のON・OFFを切り替えます。この機能がONになっていないと重要領域指定を使用することができません。

画像表示オプション

メインウィンドウの表示について設定を行います。

  • キャンパスの中央に描画
    画像の配置位置を、メインウィンドウの中央にするか設定します
  • 倍率変更時に表示座標を維持
    表示倍率を変更する際に、メインウィンドウでの表示座標を変更しないで行うかどうか設定します
  • キャンパスの周囲を暗く描画
    チェックを入れるとキャンパスの周囲が暗くなります
  • 選択領域外を暗く描画
    チェックを入れると、範囲選択を行った際に、範囲外を暗くします
  • 自動的に比較表示モードを有効にする
    チェックを入れると、アクションを追加した際に自動的に比較表示モードをONにします

タイムライン

タイムラインウィンドウのON・OFFを切り替えます

MIPMAPの確認

この機能はVer.8.4で追加されました

MIPMAPの確認ダイアログを開きます。

MIPMAPの各レベルのビットマップを個別に確認できます。

ツール

ImageStudio 8 をサポートする機能のメニューです。

環境設定

環境設定」ダイアログが開きます。

ImageStudio 8 本体の動作について設定を行います。

ウィンドウ

各機能ウィンドウの表示・非表示などの設定を行うためのメニューです。

フローティング

選択中のウィンドウをフローティングさせます。好きな位置に配置することが可能になります。

ドッキング

選択中のウィンドウを元の位置に戻します。

自動的に隠す

選択中のウィンドウをメインウィンドウの右に折りたたみます。

折りたたまれたウィンドウは、右バーに表示されるウィンドウ名をクリックすることで表示されます。

非表示

選択中のウィンドウを非表示にします。

プロパティ
カラーチャート
編集モード
コマンドコンソール
マクロ処理ログ

各ウィンドウの表示・非表示状態を切り替えます。

チェック状態のウィンドウを選択すると非表示になり。チェックのないウィンドウを選択すると表示されます。

ウィンドウレイアウトを保存

現在のウィンドウの配置(レイアウト)を保存します。

レイアウトは3パターン保存することが可能です。

ウィンドウレイアウトを復元

保存されているウィンドウレイアウトを反映します。

「標準のレイアウト」を選択すると、レイアウトは初期設定に戻ります。
レイアウト 3パターンは、「ウィンドウレイアウトを保存」で保存したレイアウトが復元されます。

すべての画像を閉じる

現在編集中のすべての画像ウィンドウを閉じます。

保存されていない画像については、保存確認のダイアログが表示されます。

各画像ウィンドウ

現在編集中の画像ウィンドウにチェックが付きます。
選択することで、画像ウィンドウのアクティブを切り替えることができます。

ヘルプ

ご利用者様アンケート

ImageStudio 8 のアンケートを開きます。
アンケートの回答内容は開発の参考にさせていただきます。

リリースノート

ウェブブラウザにてリリースノートを開きます

ヘルプセンター

ウェブブラウザにてImageStudio 8 のヘルプセンターを開きます

製品ウェブサイト

ウェブブラウザにてImageStudio 8 の製品ページを開きます

公式Twitter

ウェブブラウザにて公式Twitterアカウント(@OPTPiX_IS)のホームを開きます

ライセンスの管理

「OPTPiX ImageStudio 8 ライセンス管理」ダイアログを表示します。

  • シリアル番号
    ご使用されているライセンスのシリアル番号です。
  • 有効期限
    ライセンスの有効期限です
  • ライセンス更新
    ボタンをクリックするとライセンスの更新を行います
  • ライセンス削除
    ボタンをクリックするとこのImageStudio 8 に登録しているライセンスを解除します
  • 情報のコピー
    ボタンをクリックするとこのImageStudio 8 とライセンスの情報をコピーします。問い合わせの際に、貼り付けてご利用ください。
  • OK
    ダイアログを閉じます。
WebTechnology Update 最新版の有無の通知と、ウェブテクノロジの各種製品・イベント出展情報を表示します。
WebTechnology Updateの設定

WebTechnology Updateの表示設定を行います。

  • プログラムのアップデートを確認する
    ImageStudio 8 のアップデートがあった際にWebTechnology Updateを表示します。
  • 「お知らせ」が更新されていたら表示する
    ウェブテクノロジの各種製品・イベント出展情報など、「お知らせ」が更新された際にWebTechnology Updateを表示します。

両方のチェックを外すことで、起動時にWebTechnology Updateが表示されなくなります。

バージョン情報

現在ご利用のImageStudio 8 のバージョンを表示します。

ツールバー

ツールバーのボタンは使用頻度の高い機能がそれぞれ割り当てられています。


開く
ImageStudio 8 で編集したい画像ファイルを開きます

上書き保存
現在編集している画像ファイルを上書き保存します


名前を付けて保存

現在編集している画像ファイルを別のファイル名を付けて保存します


元に戻す

現在作業しているファイルに対する操作を取り消し、一段階前の状態に戻します。

複数回実行すると、その回数分の操作を取り消した状態に戻ります。 ただし、元に戻すことができる回数には制限があります。


やり直し

「元に戻す」で取り消した操作を、もう一度やり直します。 複数回実行すると、その回数分だけの操作を再実行します。

ただし、元に戻すことができる回数には制限があります。 また、「元に戻す」を選んだ後で別の操作を行った場合、別の操作を行う前の操作を再実行することはできませんのでご注意ください。


コピー
現在選択している画像をコピーします。選択範囲を指定している場合、選択範囲内の部分のみコピーします。


切り取り

現在選択している画像を切り取ります。選択範囲を指定している場合、選択範囲内の部分のみ切り取ります。


貼り付け

クリップボードに保存されている画像を編集中の画像に貼り付けます。


新規作成貼り付け

クリップボードに保存されている画像を、ファイルを新規作成し、貼り付けます。


減色

減色」ダイアログを開きます。

現在編集している画像に対し、減色処理を行います。


テクスチャー超解像(Clear waifu2x)

この機能はVer.8.4で追加されました

テクスチャー超解像(Clear waifu2x)」ダイアログを開きます。

現在編集している画像を高解像度化します。


テクスチャ圧縮

テクスチャー圧縮」ダイアログを開きます。

現在編集している画像を圧縮テクスチャに変換します。


拡大縮小

拡大縮小」ダイアログを開きます。

編集しているファイルのサイズ(寸法)を変更します。
寸法や倍率で指定できる他、拡大縮小を行う際のアルゴリズムも選択することが可能です。


上下反転

画像全体を上下反転します


左右反転


画像全体を左右反転します


ガンマ補正

画像をガンマ補正で調整します。


色相彩度調整

画像に色相・彩度調整を行います


明度調整

画像の明度調整を行います


コントラスト調整

画像のコントラスト調整を行います


ズームイン

メインウィンドウの表示倍率を上げます。


ズームアウト

メインウィンドウの表示倍率を下げます。


前のアクションへ

選択しているアクションのひとつ前のアクションを選択します。


後のアクションへ

選択しているアクションの次のアクションを選択します。


先頭のアクションへ

最初(先頭)のアクションを選択します。


最後のアクションへ

最後のアクションを選択します。


マクロの編集と実行

マクロの設定や処理の実行を行うダイアログを表示します。


ヘルプセンター

ウェブブラウザにてImageStudio 8 のヘルプセンターを開きます

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?