テクスチャー圧縮

ImageStudio 8 ではGUI上でテクスチャー圧縮の結果を確認することができます。
各形式ごとに詳細な設定を行うことも可能です。

テクスチャー圧縮ダイアログを開く

ツールバーの「テクスチャー圧縮(アイコン)」を選択する
メインメニューの「イメージ」から「テクスチャー圧縮」を選択する

選択すると、テクスチャー圧縮の設定ダイアログが表示されます。
OKを選択すると処理を行い、メインウィンドウに反映、比較が行えます。
キャンセルを押すと処理を行わずにダイアログを閉じます。

変換する形式と、形式ごとの設定

各種圧縮テクスチャについての詳細は「OPTPiX Labs Blog」にて解説しております。

PVRTC2

  • PVR垂直Flip
    PVRファイル保存時に「垂直Flip」形式のPVRTCとして保存します。PVRファイルを「Unity」に読み込ませる場合はこのオプションをONにしてください。
PVRTC4

  • PVR垂直Flip
    PVRファイル保存時に「垂直Flip」形式のPVRTCとして保存します。
    垂直Flipは座標系の変換に使用できます。
    利用対象システムの座標系が異なっている場合など、OFF設定では画像の上下が反転する場合にONに設定してください。

ClearPVRTCを有効にする

チェックを入れると、OPTPiX 独自のPVRTC 4bpp高画質化機能である「Clear PVRTC」プロセスを使用します。

  • フィルターの強さ

    元画像の色合いを可能な限り再現するかどうかを指定します。
    指定は6段階です。
    値が大きいほど元画像の色合いを最大限再現すべく処理を行いますが、その分変換速度は低下します。

  • 輪郭優先バランス
    輪郭形状の再現を優先するかどうかを指定します。
    指定は5段階です。
    大きな値を選択するほど、輪郭形状の再現を優先します。その分、周囲の色味などの再現性が犠牲になります。
  • 透過境界処理方法
    透過境界の処理方法を指定します。

    • 通常
      輪郭の形状と色合いのバランスを調整しながら画質を改善します。合わせて
       [輪郭優先バランス] で、透過境界の輪郭の再現性をどの程度優先するかを指定してください。
    • 特殊1・特殊2
      「通常」で思うような効果が得られない場合は、これを選択してみてください。より良い結果が得られる場合があります。
ETC1

  • PVR垂直Flip
    PVRファイル保存時に「垂直Flip」形式のPVRTCとして保存します。
    垂直Flipは座標系の変換に使用できます。
    利用対象システムの座標系が異なっている場合など、OFF設定では画像の上下が反転する場合にONに設定してください。
ETC2

  • PVR垂直Flip
    PVRファイル保存時に「垂直Flip」形式のPVRTCとして保存します。
    垂直Flipは座標系の変換に使用できます。
    利用対象システムの座標系が異なっている場合など、OFF設定では画像の上下が反転する場合にONに設定してください。

圧縮モード

  • 自動判定
  • RGB
  • RGBA
  • RGB_A1

ETC2品質

圧縮時の品質を設定します。4段階から選ぶことができます。
数値が大きくなるほど高画質になりますが処理が速度が遅くなりますが、数値が小さくなるほど低画質になりますが処理は早くなります。

ASTC

圧縮率(フォーマット)

ASTCに変換する際の圧縮率(フォーマット)を設定します
1ピクセルあたりに使用するビット数が少なければ少ないほど圧縮率は高くなりますが、画質は劣化します。

  • 0.89 bpp(12×12)
  • 1.07 bpp(12×10)
  • 1.28 bpp(10×10)
  • 1.60 bpp(10×8)
  • 2.00 bpp(8×8)
  • 2.67 bpp(8×6)
  • 3.56 bpp(6×6)
  • 4.27 bpp(6×5)
  • 5.12 bpp(5×5)
  • 6.40 bpp(5×4)
  • 8.00 bpp(4×4)

速度/画質

画質とエンコードの速度を設定します。数値が低いほど低画質ですが処理は高速になり、大きくなるほど高画質ですが処理は低速になります。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?