減色・重要領域指定

OPTPiX ImageStudio シリーズの中心的機能といえる「減色機能」は、他のグラフィック機能と比類なき性能を誇ります。
本ページでは減色のダイアログについての解説と、重要領域指定減色について説明します。

減色

ツールバーのアイコン、もしくは「メインメニュー」→「イメージ」内にある「減色」からダイアログを開くことができます。

減色(インデックスカラー化)

以下から減色する色数を設定することができます。256色であればあるほど美しく、少ないほど色味は元の色彩から変化します。
自由設定で任意の色数を指定することも可能です。

  • 256色
  • 128色
  • 64色
  • 32色
  • 16色
  • 自由設定

RGB階調

パレットに選出する色の階調を指定します。
例えば「RGB555:15bit」を選ぶと、R・G・B各5bit(32階調)からつくられる合計32768色の中から、減色に使用するパレットを選び出します。

  • RGBA 8888(32bit)
  • RGBA 4444(16bit)
  • RGBA 5551(16bit)
  • RGB 888(24bit)
  • RGB 666(18bit)
  • RGB 565(16bit)
  • RGB 555(15bit)
  • RGB 444(12bit)

誤差拡散モード

最適化パレットによるピクセルで新しいイメージを作る処理を「レンダリング」と呼びます。
このとき、元のイメージと減色後イメージの違いを少なくするため、色の誤差を周辺のピクセルに拡散する処理を行います。この誤差拡散アルゴリズムの種類を以下から指定します。

適応化誤差拡散

隣接する色が近似色の場合は拡散度を小さくし、誤差拡散による色再現性よりも、イメージの滑らかさ(ディザの少なさ)を重視するようにします。視覚的に目立ちやすい誤差拡散ノイズが低減されるため、自然画(写真)などに適しています。

ノーマル誤差拡散

標準的な誤差拡散方法でレンダリング処理をします。

誤差拡散なし

誤差拡散を行いません。誤差拡散を行わないことにより、イメージのファイル保存時の圧縮効果が高くなり、ファイルサイズを小さくすることができます。ただし色の再現度が低くなり、またグラデーション領域でのバンディングが目立つようになります。

※ 誤差拡散なしのときは、[最適化設定]ページ[広い面積の色を強調する]オプションをONにすることで、バンディングを低減できることがあります。

組織化ディザリング

誤差拡散パターンをランダムパターンではなく、規則的なパターンに近づけます。
ちょうど2つのパレットの中間の色に当たる部分などが市松模様(メッシュ)のようなパターンにレンダリングされます。アニメ調に塗られたイメージを減色するときに、見た目の滑らかさが上がることがあります。

高度な設定(Ver.8.2.0以降より実装)

こちらの項目はVer.8.2.0にて実装されました。

選択範囲を重要領域として扱う

誤差拡散パターンをランダムパターンではなく、規則的なパターンに近づけます。
ちょうど2つのパレットの中間の色に当たる部分などが市松模様(メッシュ)のようなパターンにレンダリングされます。アニメ調に塗られたイメージを減色するときに、見た目の滑らかさが上がることがあります。

完全透明・完全不透明の領域は半透明が混ざらないようにする

減色前のピクセルのアルファ値が 0 または 255 だった場合、減色結果でもアルファ値を変更しないようにします。

完全透明の領域は黒く塗りつぶす

完全透明の領域を黒く塗りつぶします

全レイヤー共通のパレットで減色する

こちらの項目はVer.8.4.0にて実装されました。

減色時に全レイヤーを参照して最適な共通パレットの生成を行い、そのパレットにより減色を行います。​

レイヤーが存在しない画像では、設定不可になります。​減色された画像、全レイヤーで同じパレットになるように減色がおこなわれます。

固定パレットの色で減色する

既存のパレットファイルを利用して減色します。

パレットファイルを指定して実行してください。

「完全透明・完全不透明の領域は半透明が混ざらないようにする」オプションによる結果比較

オリジナルの画像以外、すべて以下の条件で減色を行っています。

  • 256色
  • 誤差拡散モード:適応化誤差拡散 拡散度50%
  • RGB階調:RGBA 8888(32bit)
オリジナルの画像 通常のインデックスカラー化(256色)
完全透明・完全不透明の領域は半透明が混ざらないようにする ON 完全透明の領域は黒く塗りつぶす ON

RGBA階調変換

RGBAに使用するbit数などを指定して、画像フォーマットを変換する機能です。
減色ダイアログの「RGBA階調変換」を選択していただくことで使用できます。

以下から設定することができます。

  • RGBA 4444(16bit 4096色 +16階調アルファ)
  • RGBA 5551(16bit 32768色 +2階調アルファ)
  • RGB 666(18bit 26万色)
  • RGB 565(16bit 65536色)
  • RGB 555(15bit 32768色)
  • RGB 444(12bit 4096色)
  • RGB 333(9bit 512色)

誤差拡散モード

ノーマル誤差拡散

標準的な誤差拡散方法でレンダリング処理をします。

誤差拡散なし

誤差拡散を行いません。誤差拡散を行わないことにより、イメージのファイル保存時の圧縮効果が高くなり、ファイルサイズを小さくすることができます。ただし色の再現度が低くなり、またグラデーション領域でのバンディングが目立つようになります。

※ 誤差拡散なしのときは、[最適化設定]ページ[広い面積の色を強調する]オプションをONにすることで、バンディングを低減できることがあります。

パターンディザリング

誤差拡散パターンをランダムパターンではなく、規則的なパターンに近づけます。
ちょうど2つのパレットの中間の色に当たる部分などが市松模様(メッシュ)のようなパターンにレンダリングされます。アニメ調に塗られたイメージを減色するときに、見た目の滑らかさが上がることがあります。

各種設定

選択領域を重要領域指定として指定する

重要領域マーカーで指定している箇所の色域を優先して減色を行います。

元画像がすでに減色または階調変換されている場合はスキップ

すでに減色されている画像については処理を行わないようにします。
(一括処理時に有効となります)

設定のリセット

減色設定を初期設定に戻します

プレビュー

現在の減色設定を編集ウィンドウに反映します(実行は行いません)。

ボタンの横の▼をクリックすることで「元の画像に戻す」が表示されます。プレビューしている編集ウィンドウを元の状態に戻します。

OK

指定している設定で減色処理を実行します。

キャンセル

ダイアログを閉じます

重要領域指定減色

重要領域指定減色は、減色を行う際に変更したくない色を指定し、指定した色の色域を優先する減色方法です。

1.編集ウィンドウの「編集モードの切り替え」ボタンで、「重要領域指定」に切り替えます。

この際、「重要領域マーカー」の表示もONに切り替えます。

編集モードの切り替えは「メインメニュー」の「編集モード」からも変更が可能です。

2.指定したい色の個所をクリックするとマーカーが表示されます。

マーカーはあまりたくさん置くと、優先すべき色が増えすぎてしまい、きれいな結果になりません。

2~4か所程度をお勧めします。

マーカーは以下の方法で消すことが可能です。

  • 消したいマーカーの上で右クリック
  • 編集ウィンドウの何もないところで右クリックし、コンテキストメニューから「重要領域マーカーをすべて削除」を選択

4.減色ダイアログを開き、「選択範囲を重要領域として扱う」にチェックをいれます。

Ver.8.1.0以前の場合は「選択領域を重要領域指定として指定する」にチェックを入れてください。機能に変更はありません。

5.「OK」を押すと、指定した箇所の色域を優先して減色を実行します。

共通パレット減色

共通パレット減色はVer.8.4.0にて実装されました。

共通パレット減色は、指定された複数画像すべてで一つの「共通パレット」の作成をおこない、減色する機能です。

共通パレット減色の設定は、マクロの編集と実行ダイアログの単独機能実行で「共通パレット減色」を選択時に使用する専用の設定になります。

減色ダイアログと異なり、「階調変換」など共通パレット減色で使用できない機能は非表示、もしくはグレーアウトになり設定できません。​

設定可能な 減色(インデックスカラー化)機能については、このページの 減色(インデックスカラー化)をご確認ください。

生成された共通パレットをファイルに保存する

共通パレット減色ダイアログの機能として 生成された共通パレットをファイルに保存することが可能です。

ファイル名を設定することで、マクロ実行時に共通パレットが保存されます。
共通パレットを他の画像ファイルに適用する場合など、ご使用ください。

関連ページ

 

このエントリーは役に立ちましたか?