テクスチャー超解像(Clear waifu2x)

テクスチャー超解像(Clear waifu2x)は、ウェブテクノロジ独自の「Clear waifu2x」技術を使用した、アルファチャンネル付きの画像を機械学習を活用して高品質な超解像処理をおこなう機能です。

ツールバーのアイコン、もしくはメインメニューの「イメージ」内にある「テクスチャー超解像(Clear waifu2x)」からダイアログを開くことができます。

テクスチャー超解像(Clear waifu2x)

出力サイズの指定

出力する画像のサイズを指定方法を選択して設定します。

テクスチャー超解像では、出力画像サイズを元画像より小さくすることはできません。

寸法を指定

幅もしくは高さを指定します。アスペクト比は変化しません。​

倍率を指定

拡大する倍率を指定します。​

分数で倍率を指定​

拡大する倍率を分数で指定します。

​640pixel 画像を 720pixel に高解像化を行い、その倍率を他の画像に適用するケースで 「720」 / 「640」 と入力していただくようなケースなどでご使用ください。​

条件を指定​​

条件を選択してサイズを指定します。​

  • 幅を合わせる
  • 高さを合わせる
  • 長辺を合わせる

アルファチャンネル処理

テクスチャー超解像では、アルファチャンネル付きの画像に対して高品質な拡大処理が行えます。​

アルファチャンネル処理のタイプを選んでいただくことで、使用用途にあった画像を生成することが可能です。​このオプションは、アルファチャンネルを持つ画像の場合、RGB部分にも影響します。​

タイプ

特徴​

アルファ状態​

用途

スマート

輪郭部分の乱れを抑制し、バランスのよい多階調アルファで生成します。​​

多階調アルファ​​

標準的なオススメの設定です。​​

キープトーン​

元画像のアルファ階調をできるだけ維持します。​​

元画像のアルファ階調を維持​​

階調維持を優先しますが、元画像の状態と拡大条件の組み合わせによって階調変化が発生するケースがあります。​

​二値アルファが必須の画像などに適しています。​

スムージング​

輪郭部分が[スマート]よりもなめらかに生成します。​​

多階調アルファ​

​[スマート]設定で輪郭部分のなめらかさが足りない場合、お試しください。​

OFF

​特殊な処理をあまり行いません。​

オリジナルのwaifu2xに近い処理結果になります。​​

​他の画像処理と組み合わせる場合などにご使用ください。​

ノイズ除去を行う

除去の強度を指定することで、画像に合わせた調整が行えます。​
通常はOFFでご使用ください。​

元画像が撮影した写真、JPEG画像など、ノイズが多い画像を拡大する際にノイズを目立たなくします。​元画像が高画質で、無劣化圧縮フォーマット(pngなど) で保存されている場合は、使用する必要はありません。

その他

その他の機能について解説します。

元画像の色を可能な限り保持する

通常はOFFで使用します。​

色数を抑えた画像、ベタ塗り感を残したい画像などでONにしてお試しください。​

「ピクセルアート」あるいは「ドット絵」画像について、「元画像の色を可能な限り保持する」を ONにして「テクスチャー超解像」機能を実行することで、ピクセルの雰囲気を残して高解像度化できます。​
画像によっては、テクスチャー超解像の出力画像で輪郭部分の周辺などに色の乱れが発生した場合、ONにすることで色の乱れを抑制することもできます。​

元画像の色を使用して出力しますが、常に元画像の色のみが使用されるわけではないのでご注意ください。​

プレビュー

設定されたパラメータで実行した結果を、編集ウィンドウに表示します。

プレビュー表示を元画像に戻す場合は、プルダウンメニューから「元の画像に戻す」を選択してください。

OK

現在の設定でアクションをタイムラインに登録します。

キャンセル

キャンセルしてダイアログを閉じます。

このエントリーは役に立ちましたか?