拡大縮小

画像のサイズ(このページでのサイズは寸法を指します)を変更したい場合「拡大縮小」を実行します。

拡大縮小ダイアログを開く

以下のいずれかの方法から拡大縮小のダイアログを開きます。

ツールバーの「拡大縮小(アイコン)」を選択する
メインメニューの「イメージ」から「拡大縮小」を選択する

選択すると、拡大縮小ダイアログが表示されます。

拡大縮小

拡大縮小ダイアログについて解説します。

基本設定

寸法で指定

幅と高さを任意の数値で指定することができます。

  • 縦横の比率を固定する
    チェックを入れることで、幅・高さいずれかに入力した数値に対し、縦横比を保った数値を自動で入力します。
倍率で指定

パーセントで画像の拡縮率を指定することができます。

条件で指定

指定したサイズに合わせて画像サイズを変更します。

例えば、「幅を合わせる」にチェックを入れ、100pixelと指定した場合、すべての画像の幅を100pixelに併せて拡縮します。

アルゴリズム

lanczos3

resize_lanczos3_quality

  • 人物・風景画など、自然や写真の拡大・縮小に向いています。
  • 拡大処理
    lanczos3補間され、使用色数が変化します。ジャギーをある程度除去します。
  • 縮小処理
    lanczos3補間され、使用色数が変化します。ディテール劣化が小さく、コントラストの低下も小さいです。
  • シャープネスが強めにかかります。
  • 不自然な輪郭強調が発生することがあります。
  • 上下方向・左右方向で非対称の処理結果が出ることがあります。
  • 処理に時間がかかります。
3次補間法
(バイキュービック)

resize_bicubic

  • 人物・風景画など自然画の拡大・縮小に向いています。
  • 拡大処理
    3次補間され、使用色数が変化します。ジャギー除去能力が強力です。
  • 縮小処理
    3次補間され、使用色数が変化します。ディテール劣化が小さく、コントラストの低下も小さいです。
  • 絵のシャープさにはやや欠けます。
  • 不自然な輪郭強調が発生することがあります。
  • 処理に時間がかかります。
直線補間法
(バイリニア)

resize_bilinear

  • 幾何学的なイメージの拡大・縮小に向いています。
  • 拡大処理
    直線補間され、使用色数が変化します。ジャギーをある程度除去します。
  • 縮小処理
    直線補間され、使用色数が変化します。ディテール劣化が大きく、コントラストの低下も大きいです。
  • 絵のシャープさには欠けます。
  • 不自然な輪郭強調は起こりません。
近傍画素法
(3次補間型)

resize_nearestneighbor_cubic

  • 手書きの図形や、文字によるイメージなどの拡大に向いています。
  • 拡大処理
    3次補間されますが、使用色数が変化しません。ジャギー除去能力が強力です。
  • 縮小処理
    3次補間され、使用色数が変化します。
  • エッジがぼけず、シャープです。
  • 処理に時間がかかります。
近傍画素法
(直線補間型)

resize_nearestneighbor_linear

  • 幾何学的な図形の拡大に向いています。
  • 拡大処理
    直線補間されますが、使用色数が変化しません。ジャギーをある程度除去します。
  • 縮小処理
    直線補間され、使用色数が変化します。
  • エッジがぼけず、シャープです。
近傍画素法
(ニアレストネイバー)

resize_nearestneighbor

  • 整数倍拡大イメージの作成に向いています。
  • 拡大処理
    補間なしで行われ、使用色数が変化しません。ジャギー除去は行われず、ブロック状になります。
  • 縮小処理
    間引き(補間なし)で行われ、使用色数が変化しません。間引きされたピクセルの情報が完全に失われます。
  • エッジがぼけず、シャープです。
  • 高速処理ができます。

高度な設定

指定色領域の保護

透過色など、境界部の滲み(補間)を防止する際に設定を変更します。

次の設定から選択を行います。

  • 使用しない
  • 完全透明(アルファ値が0)の領域を保護する
  • 指定色(透過色など)の領域を保護する
    選択時は保護する色を設定します。
出力サイズより小さなイメージは拡大しない

チェックすることで、出力サイズより小さいイメージは拡大しません。

「寸法で指定」、「条件で指定」の場合に使用できます。縮小になる場合のみ処理を行います。

インデックスカラーの画像はインデックスカラーを維持する

このオプションを ON にすると、パレットを変化無しに拡大・縮小の処理を行います。補間色も、現在のパレットの中から選択します。

OFF のときは、ダイレクトカラーイメージに変換してから、拡大・縮小を実行します。

ダイアログの下部の各種ボタン

設定のリセット

全ての設定を初期状態に戻します。

OK

ダイアログの設定で拡大縮小処理を実行します。

拡大縮小処理を実行するとダイアログは閉じられ、現在の設定でアクションをタイムラインに登録します。

キャンセル

処理を行わずにダイアログを閉じます。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?