ウィンドウ

「OPTPiX ImageStudio 8」は、ゲーム業界向けの総合画像最適化処理ツールです。

OPTPiX ImageStudio 8 のウィンドウ

ImageStudio 8のウィンドウは実際にプレビューを比較する「編集ウィンドウ」と処理の設定、管理を行う「タイムラインウィンドウ」が中心になっています。

各機能ウィンドウ

メインウィンドウ上に存在するそれぞれのウィンドウにについて紹介します。

メインメニュー

OPTPiX ImageStudio 8の機能がまとまっています。ほとんどの機能はここから実行します。

ツールバー

OPTPiX ImageStudio 8の各機能へのショートカット・ボタンです。

編集ウィンドウ

タイムラインウィンドウで設定した処理をプレビューするウィンドウです。
「重要領域指定」もこのウィンドウ上で行います。

タイムラインウィンドウ

画像に対して行った処理(アクション)が「パネル」として登録されます。アクションの順番を変えたり、設定を変更することが可能です。
タイムラインウィンドウ上で変更した内容は、編集ウィンドウにリアルタイムで反映されます(一部リアルタイムではないものもあります)

カラーチャート・パレット

インデックスカラー変換時(減色時)に使用している色と、カラーチャートを表示します。

プロパティウィンドウ

現在編集している画像のプロパティ情報を表示します。

処理によるファイルサイズの比較も可能です。

 

補助表示ウィンドウ

編集ウィンドウで選択している画像の全体図を表示します

コマンドコンソールウィンドウ

作業、マクロの実行状況のログ等が表示されます。コマンドコンソールを選択している状態の場合コマンドを入力することが可能です。

その他のウィンドウ

メニュー、ツールボタンから呼び出されるウィンドウについて紹介します。

ファイル保存オプション

画像保存時に保存フォーマットに合わせた設定が行えます。

減色・重要領域指定

OPTPiX ImageStudio シリーズの中心的機能といえる「減色機能」は、他のグラフィック機能と比類なき性能を誇ります。

テクスチャー圧縮

GUI上でテクスチャー圧縮の結果を確認することができます。各形式ごとに詳細な設定を行うことも可能です。

透明境界の色漏れ予防

「透明領域の色漏れ予防」機能を使用することで、色漏れを予防する加工を施すことが可能です。

拡大縮小

画像のサイズ(このページでのサイズは寸法を指します)を変更したい場合「拡大縮小」を実行します。

マクロの編集と実行

画像ファイルの入力、出力の設定から、画像処理の設定をマクロファイルとして保存、実行することができるウィンドウです。タイムラインウィンドウで作成したアクションファイルを画像処理として指定できます。

環境設定

環境設定ダイアログは、「OPTPiX ImageStudio 8」本体に関する各種設定を行うためのダイアログです。

ライセンス管理

ライセンス管理ダイアログは、「OPTPiX ImageStudio 8」本体に関するライセンスの確認、更新を行うためのダイアログです。

 

このエントリーは役に立ちましたか?