編集・タイムラインウィンドウ

OPTPiX ImageStudio 8 で画像の編集、プレビューを行うのが「編集(プレビュー)ウィンドウ」と「タイムラインウィンドウ」です。

編集ウィンドウとタイムラインウィンドウは連動しています。

編集(プレビュー)ウィンドウ

処理後の画像のプレビューの確認や、重要領域マーカーの指定、選択範囲の指定などを行うウィンドウです。

スライダーの操作の仕方と見方

スライダーは赤い線の上でクリック→マウスでドラッグすることで、左右に動かすことができます。

赤い線から右が「現在選択しているアクションを反映した状態」で、左が「選択しているひとつ前のアクションを反映した状態」になります。
下の図では、線の左が「Original(元画像)」、線から右が「減色後の画像」になっています。

編集ウィンドウのツールバー


編集モード

編集モードを切り替えます。プルダウンメニューから選択することができます。

  • 範囲選択
    選択範囲を指定することができます
  • スクロール
    画像をスクロールします
  • レイヤー移動
    psdなど、レイヤー情報を持った画像の場合使用できます。選択しているレイヤーを移動することができます。
  • 重要領域指定
    減色時に優先する色域を指定するマーカーに切り替えます


比較表示モード

比較表示モードのON・OFFを切り替えます。
プルダウンメニューから比較表示モードの設定を選択することができます。

  • スライド比較
    スライダーでの比較を行います
  • 結果比較(左右分割)
    ウィンドウを左右に分割し、選択しているアクションと1段階前のアクションで比較します
  • 結果比較(四分割)
    等倍・全体・1段階前のアクション・現在選択しているアクション で比較を行います。
  • 倍率比較(四分割)
    現在選択しているアクションを倍率で比較します。
    等倍・全体表示・選択している倍率の2倍・選択している倍率の4倍


1段階前を表示

押し続けている間、ひとつ前のアクションの状態を表示します。

比較表示モードがONの時は使用することはできません。


表示チャンネル

表示しているチャンネルを切り替えます。

  • 合成表示
    RGB、アルファ、両方のチャンネルを合成して表示します
  • RGBチャンネルのみ表示
    RGBチャンネルのみを表示します
  • アルファチャンネルのみ表示
    アルファチャンネルのみを表示します


ピクセルグリッド

ズームインした際にピクセル単位のグリッドの表示ON・OFFを切り替えます


重要領域マーカー

重要領域マーカーの表示のON・OFFを切り替えます。
この機能がONになっていないと重要領域指定を使用することができません。


ズームイン

編集ウィンドウの表示倍率を上げます。


ズームアウト

編集ウィンドウの表示倍率を下げます。


タイムライン

タイムラインウィンドウのON・OFFを切り替えます

タイムラインウィンドウ

タイムラインウィンドウはアクションの順序や設定を変更することができます。

また、タイムラインウィンドウに登録している一連のアクションは「アクションファイル(.isact)」に保存することができます。
保存した「アクションファイル(.isact)」は一括処理、マクロに使用することができます。

アクション

ImageStudio 8 で何か画像に対して処理を行うと、タイムラインウィンドウにアクションが登録されます。

アクションは左側から順に追加されていきます。また、アクションファイルに保存し、一括処理やマクロで使用した際も左から順に処理を行います。

タイムライン上でアクションの編集や順番の入れ替えを行うと、随時編集ウィンドウに反映されます。

アクションパネルの操作

タイムラインに登録されたアクションは、後から設定を変更したり、処理の順序を変更することができます。

アクションの設定を変更したい

アクションをダブルクリックする

設定を変更したいアクションをダブルクリックすると設定ダイアログが表示されます。

アクションの設定変更アイコンをクリックする

アクションに表示されている「設定変更アイコン(スパナマーク)」をクリックすると、そのアクションの設定ダイアログが表示されます。

コンテキストメニューから変更する

1.設定を変更したいアクションを右クリックします。
2.コンテキストメニューから「アクション内容の変更」を選択します。
3.選択しているアクションの設定ダイアログが表示されるので、任意の設定に変更し「OK」を選択してください
4.選択したアクションの処理の設定が変更されます。

アクションの順序を変更する

1.順序を変更したいアクションを選択し、ドラッグドロップで任意の位置に変更します。

アクションが移動する先に青い縦線が表示されます。

2.アクションが移動しました。

「!」マークが出る場合

「減色」の後に「拡大縮小」といった、綺麗に処理が行われない順序になった場合に表示されます。このマークが出ないように、アクションの順序を変更してください。

「減色」は最後に実行するようにしましょう。

アクションファイルの保存・読み込みを行う

タイムラインに登録したアクションは「アクションファイル(.isact)」として保存、読み込むことができます。保存したアクションファイルは一括処理、マクロに使用することが可能です。

また、アクションファイルに登録されている一部のアクションを変更したいときは、タイムラインウィンドウ上で読み込み、編集することが可能です。

アクションファイルを保存する

アクションファイルはタイムラインウィンドウのアイコンで保存することができます。

また、メインメニューのタイムラインメニューからもアクションファイル(.isact)を保存することが可能です。

アクションファイルを読み込む

アクションファイルはタイムラインウィンドウのアイコンで読み込むことができます。

また、メインメニューのタイムラインメニューからもアクションファイル(.isact)を読み込み、展開することが可能です。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?