出ました!OPTPiX SpriteStudio Ver.6.2!!

こんにちは。OPTPiX SpriteStudio のサポート関連を担当している瀬良です。

先日からかねがねβテストやGTMF等で告知させていただいておりました、OPTPiX SpriteStudio Ver.6.2 、7/24(火)にリリース!!しました!!

最新版のダウンロードはこちらからどうぞ~

ということで、アップデート内容をヘルプセンターの更新箇所と一緒にご紹介します。

デフォーム機能

メッシュパーツに設定した頂点・分割点を編集してアニメーションを作ることができるデフォーム機能が新たに追加されました!

右のアニメーションのように、従来の補間アニメーションでは実現できなかった立体的な表現が可能になり、ますます表現の幅が広がりました。

デフォームで実際にアニメーションをつける様子

SpriteStudio 5 → SpriteStudio Ver.6 コンバート

SpriteStudio 5 で作ったデータを SpriteStudio Ver.6 仕様に一括変換してくれる機能です。

すでにSpriteStudio5からSpriteStudio Ver.6へのお引越しに活用いただいた事例もあるこちらの機能、場合によっては多少の座標のずれなど発生するものの、かなり効率的にデータを移行いただくことが可能です。

1113個のキーを変換したの図。手動でやるとなるとかなりの手間です。

現状でも充分実用に耐えうると考えてはおりますが、まだまだ試行が足りないので、本機能はβとさせていただいております。
「こんなデータだと上手くコンバートできなかったよ~!」「こういう機能もほしい!」といったご意見・ご要望、お待ちしております!

補助イメージ設定機能

レイアウトウィンドウに一時的な画像を設定する機能です。
この機能で設定した画像は SpriteStudio 上のみ表示されます。レンダリングでの出力、SS6Player へのインポートでは、実際に作ったアニメーションのみ表示されます。

実際に使用する背景画像を設定したり、前景にはゲージやボタンなどのUIを設定したり、ルーラー画像を作って設定することでガイド表示代わりにしたり。様々な使い方ができる便利機能です。

カーブ形状のコピー

カーブエディタ上で「ベジェ」「エルミート」で作ったカーブの形状を、違うアトリビュートに持って行きたい……!というご要望にお応えする機能です。

今まではカーブ形状をコピーするという概念が無かったため、すべての形状を一つずつ作成・調整する必要がありました。
今回追加された「カーブ形状のコピー・ペースト」を使うことで、作業が効率化されることを期待しています。

その他、エフェクトエディタを含めた様々な改善

その他の追加機能については、以下の通りです。
エフェクトエディタ、使いやすくなっています!

そんなこんなで表現力と作業効率がグン!とアップした SpriteStudio Ver.6.2
ぜひ!! アップデートしてみてください!

余談ですが……

製品ページや勉強会・イベントでも展示しております「スプラちゃん」と「ボックスくん」ですが、サンプルデータとしてダウンロードできるように現在対応を進めております。
楽しみにお待ちくださいませ~。

今後ともOPTPiX SpriteStudioをよろしくお願いいたします!

Tagged , , , | 2018/07/30 更新 |

コメントはこちら

※ コメントは承認後に公開されます。