OPTPiX SpriteStudio」カテゴリーアーカイブ

OPTPiX SpriteStudio @京都精華大学!

2014年も年の瀬、年末年始はどの積みゲーを消化してくれよう、と毎年同じ悩みを抱えております、ウェブテクノロジ浅井でございます。 さて、積みゲーの話は置いときまして、2014年を振り返ってみて個人的にも会社的にも現時点で最大の事件といえば左様、

すがやみつる先生とSpriteStudioの出会い!

CEDEC2014での弊社ブースの様子

すがやみつる先生と OPTPiX SpriteStudio の出会い!

すがや先生と言えば、パソコンとマイコンの境目を、そして玄関にランドセルを放り出して駆け込み集ったゲームセンターを過ごしたボクらSPA世代の象徴たる大人物! なんかもーCEDEC会場で興奮のあまり記念撮影をお願いしてしまうなど、出展者としてあるまじき行動に至ってしまった自分の笑顔たるや・・・

さておきまして、その素敵な出会いから2ヶ月ほど経ちました去る11月、すがや先生が教鞭をとる、京都精華大学のマンガ学科 キャラクターデザインコースにて、3回+1回に渡って SpriteStudio の講義を行って来ました!

続きを読む

カテゴリー: OPTPiX SpriteStudio | タグ: , , | 2018/06/22 更新

OPTPiX SpriteStudio採用のインディーズタイトル「La-Mulana 2」が、KickStart!

国産インディーズゲームの星こと、NIGOROさんの「La-Mulana」をご存知でしょうか。

La-Mulana

インディーズゲーム界隈では開発中の段階から話題、PC版・Wiiウェア版もニコニコ動画の実況で話題、更には昨年のGDC2013で登壇でも話題・・・と話題に事欠かない「La-Mulana」ですが、つい先日でも北米最大手のPCゲームダウンロードサービス、SteamにてPC版のダウンロード数が10万ダウンロード(!)達成。まさに現在の国内インディーズゲームシーンの代表とも呼べるタイトルであります。 続きを読む

カテゴリー: OPTPiX SpriteStudio | タグ: , , , | 2018/08/15 更新

OPTPiX SpriteStudio :『プロの作例』シリーズ第一弾を公開!

今回は、インディーズデベロッパー向けライセンス、『OPTPiX SpriteStudio for Indie』が大好評! な、「超汎用2Dアニメーションツール OPTPiX SpriteStudio」の件で、大変面白いお知らせ。

セールス&コミュニケーション部の浅井です。 果たして?

って、タイトルに書いちゃってるんですねー左様、「OPTPiX SpriteStudio」の作例シリーズ第一弾をYouTubeにて公開いたしました。 続きを読む

カテゴリー: OPTPiX SpriteStudio | タグ: | 2018/06/22 更新

SSPlayer(SpriteStudio Player) for Cocos2d-xのご紹介

こんにちは、ウェブテクノロジ R&D部の黒岡です。

本稿では、SSPlayer(SpriteStudio Player) for Cocos2d-xについてご紹介します。

SSPlayer for Cocos2d-xは、OPTPiX SpriteStudioで作成したアニメーションデータをCocos2d-x上で再生するためのプラグイン・モジュールです。SSPlayerを使用することで、デザイナーがSpriteStudioで作成したアニメーションを簡単・忠実に再生できるようになります。

続きを読む

カテゴリー: OPTPiX SpriteStudio | タグ: , , , | 2018/06/22 更新

SpriteStudio Player for Corona SDKのご紹介

こんにちは、ウェブテクノロジ R&D部の黒岡です。

本稿では、SpriteStudio Player for Corona SDK をご紹介します。OPTPiX SpriteStudio で作成したアニメーションを、Corona SDK 上で再生するためのライブラリです。

OPTPiX SpriteStudio のアニメーション再生ライブラリとしては、for Corona SDK のほかに、for Unity、for Cocos2d-x も提供しています。現状一番多いお問い合わせはUnity 関連で世間の需要を感じますが、最近はCorona SDK、Cocos2d-x についてのお問い合わせも少しずつ増えてきています。やはり、ゲームエンジンには向き不向きがありますので、それぞれのゲームエンジンの特色がだんだんと理解されてきた結果ではないかと思います。

SpriteStudio Player for Corona SDK は、Corona SDK に標準では搭載されていない親子構造を持ったアニメーションを再生することができるので、スプライトシートの画像枚数、サイズ削減に効果があります。効果的に活用することで、1画面あたりのメモリー消費量削減、ひいてはアプリケーションサイズの削減が可能になります。

続きを読む

カテゴリー: OPTPiX SpriteStudio | タグ: , , , , | 2018/06/22 更新