ゲーム開発」カテゴリーアーカイブ

Unite 2015 Tokyo、出展と登壇のお知らせ

毎度お世話になっております、ウェブテクノロジの浅井です。 『何事も始めるのに遅いは無い』、そう知人に進められて、なるほどそうかーと始めてみたものの無理ですね、って何がってあれですよスギ花粉。おのれ知人、みたいな。

さァ、よく分からないマクラは置いときまして表題の件、左様、今年も Unityの祭典『Unite』に大参加! というお知らせでございます。

unitetokyo2015_logo 続きを読む

カテゴリー: Unity | タグ: , , , | 2018/06/22 更新

Unityで、もっとキレイな16bitカラーテクスチャを使おう!

こちらでは、思い出せないくらい大変にお久しぶりです。コミPo! でもお世話になっております、開発の小野知之です。久しぶりのブログ記事は、Unityでのテクスチャ画像取り込みについてのお話しです。

はじめに

Unityで、マルチプラットフォーム向けのゲームなどを作成するケースが増えています。弊社の2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」とUnityを連携してご利用いただいているお客様も増えてきたのですが、それと同時にこんなお問い合わせも増えました。

「作成したテクスチャ画像を、Unityに16bitカラーに変換して取り込むと、画質が大きく落ちてしまう。これは、なんとかならないものか?」

Photoshopなどで作成したテクスチャ画像をUnityに取り込んで使う場合に、「PVRTCでは圧縮ノイズが気になる」「32bitカラーではデータサイズが大きすぎる」といった理由で、「16bitカラー」形式を選択することが多いと思います。しかし、16bitカラーに変換すると、画質が大きく落ちてしまうのです。

そこで当社では、Unityのテクスチャ取り込み処理について調査し、16bitカラー画像への変換時に画質が大きく落ちる原因とその対策方法を見つけましたので、ご紹介します。

※ 本記事は公開時点(2012年7月9日)の情報を元に作成しています。今後のUnityのアップデートなどでご紹介した方法が使用できなくなる可能性もありますのであらかじめご了承ください。

続きを読む

カテゴリー: Unity | タグ: , , , , , , , | 2018/06/22 更新

ゲーミフィケーション 2012年 流行語大賞?

「ゲーミフィケーション」

ソーシャルゲームの流行に合わせるようにして、最近よく耳にし、目にする言葉です。
携帯向けのゲームが流行ることでゲームをする人が再び急激に増加してきました。

続きを読む

カテゴリー: ゲーム開発 | タグ: , , , , | 2018/06/22 更新

さ~て今年のCEDECは? 『烏丸です。今年はスマー(後略』

個人的にはトレンドに乗っかるのが冗談みたいに苦手。ソリューション営業部の浅井でございます。

さて本年も近づいて参りました、ゲーム開発者の祭典『CEDEC』!
昨年は思いがけずお知らせいただいた採用事例をネタに、弊社製品「SpriteStudio」を一押し! したんですが、そのお陰なのかその後も「SpriteStudio」に関しての採用事例がどしどし。 しかもその採用事例が今時のトレンド「スマートフォン」にうまいこと乗っている、というコトもございまして・・・今年は「スマートフォン」、それに「PlayStation® Vita」をテーマにお送りいたします、というのが弊社ブースでございます。

展示内容、簡単にご紹介いたしますと、

「OPTPiX imesta 7 for PlayStation® Vita」【新製品

まず話題の「PlayStation® Vita」。
国内携帯ゲーム機としては初の”有機EL”搭載かつ高精細。より表現力の増した新ハードですが、”OPTPiX imesta 7″シリーズももちろん対応。
“PVRTC”高画質圧縮エンジンを実装、また画像により圧縮先のテクスチャ形式を自動的に選択する機能、これまでどおり多機能なマクロにより、「PlayStation® Vita」タイトル開発のサポート

※ところでなんで「PSP® go」みたいなスライド式にしなかったんでしょうか
※好きなんですがPSP® go

 

●「OPTPiX imesta 7 for Mobile Contents」【Ver.UP】

フィーチャーフォン向け画像コンテンツ制作ツールがバージョンアップ。
スマートフォンの表現力に合わせて、新たに「アルファチャンネル対応減色」機能を実装、加えて3Dポリゴンなどを使ったリッチなアプリケーション開発向けに、”PVRTC”および”ETC”などのテクスチャ圧縮機能を追加

※ところでなんで「IS01」みたいなクラムシェル式なスマフォはでないんでしょうか
※好きなんですがIS01

 

●「SpriteStudio 4 Professional」

各種コンシューマに加え、スマートフォンでの活用事例が続々!
従来通り「多目的」に使える2Dアニメーションデータの制作・出力に加え、Windows上での単体ビューア+iPhone/Android用サンプルコードを添付。
コンシューマ機と同等以上のアニメーションを表現するのに最適なツールです

※ところで来年あたりは「WindowsPhone」の採用事例とか期待していいんでしょうか。
※好きなんですがWindowsPhone。っていうかWindowsCE

 

に、加えまして、

○「SpriteStudio for ※※※※」

この”SpriteStudio”と今話題のミドルウェア「※※※※」の連携ツールを鋭意開発中、ということでプレビューを予定しております。

この「※※※※」というのも、今年のゲーム業界では実にトレンドワード。乗るしか無いこのビッグウェーブ、というか本件もとあるお客様からのご要望で実現した、弊社っぽいネタでございます

と、実に盛り沢山でお送りいたします。

また、今回の弊社展示ブースでは、「スマートフォン」を対象にゲーム開発を予定・決定されているお客様に対して、「SpriteStudio」を特別価格でご提供します。詳しくは弊社ブースにて!
ものすごくご期待ください。

最後に、プレゼントのお知らせ~でございます。
CEDEC2011会期中、「スポンサーシップセッション」「展示コーナー」「インタラクティブセッション」「コ・ロケーテッド イベント」などに参加できる「エキスポパス」を抽選でプレゼントいたします。
お申し込みは以下のフォームより。ふるってお申し込みくださいませ。
(受付は終了いたしました)

カテゴリー: ゲーム開発 | | 2018/12/06 更新