さ~て今年のCEDECは? 『烏丸です。今年はスマー(後略』

個人的にはトレンドに乗っかるのが冗談みたいに苦手。ソリューション営業部の浅井でございます。

さて本年も近づいて参りました、ゲーム開発者の祭典『CEDEC』!
昨年は思いがけずお知らせいただいた採用事例をネタに、弊社製品「SpriteStudio」を一押し! したんですが、そのお陰なのかその後も「SpriteStudio」に関しての採用事例がどしどし。 しかもその採用事例が今時のトレンド「スマートフォン」にうまいこと乗っている、というコトもございまして・・・今年は「スマートフォン」、それに「PlayStation® Vita」をテーマにお送りいたします、というのが弊社ブースでございます。

展示内容、簡単にご紹介いたしますと、

「OPTPiX imesta 7 for PlayStation® Vita」【新製品

まず話題の「PlayStation® Vita」。
国内携帯ゲーム機としては初の”有機EL”搭載かつ高精細。より表現力の増した新ハードですが、”OPTPiX imesta 7″シリーズももちろん対応。
“PVRTC”高画質圧縮エンジンを実装、また画像により圧縮先のテクスチャ形式を自動的に選択する機能、これまでどおり多機能なマクロにより、「PlayStation® Vita」タイトル開発のサポート

※ところでなんで「PSP® go」みたいなスライド式にしなかったんでしょうか
※好きなんですがPSP® go

 

●「OPTPiX imesta 7 for Mobile Contents」【Ver.UP】

フィーチャーフォン向け画像コンテンツ制作ツールがバージョンアップ。
スマートフォンの表現力に合わせて、新たに「アルファチャンネル対応減色」機能を実装、加えて3Dポリゴンなどを使ったリッチなアプリケーション開発向けに、”PVRTC”および”ETC”などのテクスチャ圧縮機能を追加

※ところでなんで「IS01」みたいなクラムシェル式なスマフォはでないんでしょうか
※好きなんですがIS01

 

●「SpriteStudio 4 Professional」

各種コンシューマに加え、スマートフォンでの活用事例が続々!
従来通り「多目的」に使える2Dアニメーションデータの制作・出力に加え、Windows上での単体ビューア+iPhone/Android用サンプルコードを添付。
コンシューマ機と同等以上のアニメーションを表現するのに最適なツールです

※ところで来年あたりは「WindowsPhone」の採用事例とか期待していいんでしょうか。
※好きなんですがWindowsPhone。っていうかWindowsCE

 

に、加えまして、

○「SpriteStudio for ※※※※」

この”SpriteStudio”と今話題のミドルウェア「※※※※」の連携ツールを鋭意開発中、ということでプレビューを予定しております。

この「※※※※」というのも、今年のゲーム業界では実にトレンドワード。乗るしか無いこのビッグウェーブ、というか本件もとあるお客様からのご要望で実現した、弊社っぽいネタでございます

と、実に盛り沢山でお送りいたします。

また、今回の弊社展示ブースでは、「スマートフォン」を対象にゲーム開発を予定・決定されているお客様に対して、「SpriteStudio」を特別価格でご提供します。詳しくは弊社ブースにて!
ものすごくご期待ください。

最後に、プレゼントのお知らせ~でございます。
CEDEC2011会期中、「スポンサーシップセッション」「展示コーナー」「インタラクティブセッション」「コ・ロケーテッド イベント」などに参加できる「エキスポパス」を抽選でプレゼントいたします。
お申し込みは以下のフォームより。ふるってお申し込みくださいませ。
(受付は終了いたしました)

2018/12/06 更新 |

コメントはこちら

※ コメントは承認後に公開されます。