レイヤアニメーション編集

レイヤアニメーション編集レイヤの自動切り替えによるアニメーション表示テストを行うには、メインメニューから[レイヤ]-[レイヤアニメーション編集]を選びます。

[再生]ボタン [再生]ボタンをクリックすると、再生を始めます。

[停止]ボタン [停止]ボタンをクリックすると、再生を停止します。

[巻き戻し]ボタン [巻き戻し]ボタンは、フレームを先頭に戻します。

[ループ]ボタン [ループ]ボタンは、アニメーションをループ再生します。

アニメーションデータは、編集ウィンドウごとに個別に持つことができます。また[保存と復元]ボタンでファイルへの保存が可能です。

ズームイン・ズームアウト

プレビュー領域を拡大・縮小表示するときに使用します。

タイミング

各フレームの切り替え間隔(表示期間)を表示しています。合計の表示期間は、リスト右上に表示されています。

リストからフレームを選択して、カーソル左右キーで値を上下させることができます。チェックをOFFにすると、そのフレームの表示がスキップされます。

※ パソコンの処理速度によっては、高速に切り替えるように(小さい値を)設定した場合に、その速度に追従できないことがあります。

All

すべてのフレームを選択します。[Shift]/[Ctrl]キーを押しながらリストをクリックすることで、複数のフレームを選択することもできます。

[+] / [-]

選択したフレームのタイミング値を変更します。

コピー

タイミング値をクリップボードにコピーします。

貼り付け

クリップボードにあるタイミング値を貼り付けます。

切り替え間隔

フレームのタイミング値を指定します。[タイミング]リストからフレームを選択すると、現在の値が設定されます。スライダを移動したり、数値を入力することで、値を調整することができます。

切り替え間隔は、1/60秒単位または1/100秒単位のどちらかで指定することができます。

※ パソコンの処理速度によっては、高速に切り替えるように(小さい値を)設定した場合に、その速度に追従できないことがあります。

 

コンテキストメニュー

タイミングリストのコンテキストメニュー

タイミングリストの各行を右クリックすると、コンテキストメニューが表示されます。

コピー

タイミング値をクリップボードにコピーします。

貼り付け

クリップボードにあるタイミング値を貼り付けます。

すべて選択

すべてのフレームを選択します。

選択項目の値を1上げる

選択フレームのタイミング値を1増やします。

選択項目の値を1下げる

選択フレームのタイミング値を1減らします。

キーボード操作

タイミングリストでは、以下のキー操作を行うことができます。

カーソル フォーカスを移動します。
[Shift]+カーソル 複数のフレームをフォーカスします。
[Ctrl]+A すべてのフレームをフォーカスします。
スペース フォーカスされているフレームの表示/非表示を切り替えます。
フォーカスされているフレームのタイミング値を+1します。
フォーカスされているフレームのタイミング値を-1します。
[Ctrl]+C フォーカスされているフレームのタイミング値をコピーします。
[Ctrl]+V コピーされたタイミング値を貼り付けます。

アルファブレンド背景

イメージと背景をどのようにブレンド表示するかを選択します。詳細は「アルファチャンネル設定」をご覧ください。

アルファを持ったイメージにのみ適用できます。

ブレンド表示しない 背景を表示しません。
背景色(模様無し) 単一色を背景にして、合成します。
背景色(チェック模様) 2色のチェック模様を背景にして、合成します。
背景イメージ

指定したイメージを背景にして、合成します。横の[変更]ボタンで、背景イメージの変更ができます。

開いているイメージを使用

現在開いている編集ウィンドウから選択したイメージを、背景イメージにします。

画像ファイルを読み込む

画像ファイルを選択して、背景イメージにします。

レイヤ1 レイヤ1のイメージを背景にして、合成します。

背景イメージと合成しているときは、プレビュー領域で[Ctrl]+ドラッグすることで、背景位置を調整することができます。

非表示レイヤは再生時にスキップする

コンテンツウィンドウで「[合成表示スイッチ]がOFFになっているレイヤ」を、再生に含めません。

保存と復元

保存と復元

現在のアニメーション設定データをファイルに保存、またはファイルから読み出したいときに、クリックします。

タイミングを初期値に戻す

設定データを「画像ファイル読み込み時の値(新規作成時は初期値)」に戻します。

タイミングを編集前に戻す

設定データを「このダイアログを開いたときの値」に戻します。

アニメーションデータ読み込み

設定データを指定したファイルから読み込みます。

アニメーションデータ保存

現在の設定データをファイルへ保存します。アニメーションデータの拡張子は”.isl”です。

アニメーションGIFファイル出力

設定データと画像をアニメーションGIF形式で保存します。インデックスカラーイメージに対してのみ適用できます。

 

保存の詳細については、「ファイル保存オプション – GIF」の項をご覧ください。

アニメーションGIF

アニメーションGIF画像を読み込むと、「レイヤアニメーション編集」で各フレームの表示時を編集することができます。

また、「レイヤアニメーション編集」で編集した情報は、画像の保存形式に「アニメーションGIF」を指定することで、保存することができます。

アニメーションGIF画像として保存するには、画像が以下の条件を満たしている必要があります。

  • 全レイヤの縦横サイズが同一である。
  • 全レイヤがインデックスカラーである。

このエントリーは役に立ちましたか?