メインメニュー

メインメニューは、OPTPiX imesta全体に対して操作の指示を出すための部分です。機能や作業対象ごとに項目が分かれており、該当の場所をクリックすることでサブメニューを表示することができます。   window_main_menu  

ファイル

画像ファイルの入出力や、TWAIN機器からの入力、プリンタへの印刷、プラグインによる画像の入出力を行います。

編集

イメージやパレットの範囲指定や切り貼り、画像の複製、編集ウィンドウに対する編集モードの選択、アンドゥ/リドゥを行います。

イメージ

減色、輝度や色合いの調整、サイズの変更、文字入れ、連結や分割など、イメージに対する加工作業を行います。

レイヤ

一つの画像で複数のイメージを扱う、「レイヤ」に対する作業を行います。

チャンネル

ピクセルやパレットの要素である「チャンネル」に対する作業を行います。

パレット

インデックスカラーイメージを扱うために必要な「パレット」に対する作業を行います。

フィルタ

イメージやパレットに特殊加工を施す作業を行います。

マクロ

大量のファイルに対して定型の作業を行ったり、複雑な作業をキーに登録して簡単に実行できるようにします。

設定

OPTPiX imestaの動作に対する設定を行います。

表示

ツールウィンドウ編集ウィンドウ内アイテムの表示のON/OFF、表示方法の設定を行います。

ウィンドウ

編集ウィンドウの表示位置を制御します。

ヘルプ

このヘルプの表示を行います。また、OPTPiX imesta本体やプラグインのバージョンを調べるときにも使用します。

 

このエントリーは役に立ちましたか?