ウィンドウ

OPTPiX imestaの画面は、イメージやパレットを編集するための「編集ウィンドウ」と、ほかいくつかのウィンドウによって構成されています。

ウィンドウの一覧

 

メインメニュー

OPTPiX imestaの機能のほとんどを、ここから実行することができます。

ツールバー

OPTPiX imestaの各機能へのショートカット・ボタンです。

ステータスバー

OPTPiX imestaの状態を表示します。

編集ウィンドウ

イメージやパレットなどが含まれた画像ファイルを表示するウィンドウ(緑色)です。

ツールウィンドウ

「編集ウィンドウ」以外のウィンドウ(青色)は、画像を編集するためのさまざまなツールとなっています。これらのウィンドウをまとめて「ツールウィンドウ」といい、画面上の自由な場所に配置して使うことができます。

ウィンドウ背景

ウィンドウ背景のコンテキストメニューOPTPiX imestaのメインウィンドウ内の、編集ウィンドウツールウィンドウが置かれていない部分は、「ウィンドウ背景」と呼ばれます。この部分に画像やレイヤパレットなどをドラッグ&ドロップすることで、新しい編集ウィンドウを開くことができます。

エクスプローラから画像ファイルのアイコンをドラッグ&ドロップすると、画像を開くことができます。またフォルダのアイコンをドラッグ&ドロップすると、そのフォルダから画像を選ぶダイアログが開きます。

この部分を右クリックすると、機能へのショートカットとなるコンテキストメニューが現れます。

新規イメージ作成

新しいイメージを作成し、編集ウィンドウを開きます。

新規パレット作成

新しいパレットを作成し、編集ウィンドウを開きます。

開く

画像ファイルを読み込み、編集ウィンドウを開きます。
EsPix Pro Manager を起動 EsPix Pro Manager を起動します。 ※EsPix Pro がインストールされていない場合は、このメニュー項目は表示されません。

最近開いたファイル

最近読み込んだ、あるいは保存したファイルの一覧から、画像ファイルを選んで読み込みます。

最近開いたフォルダ

最近読み込んだ、あるいは保存したファイルのあるフォルダから、画像ファイルを選んで読み込みます。
新規作成貼り付け クリップボードにあるイメージ、またはパレットを、新しい編集ウィンドウに貼り付けて開きます。

イメージ表示連動

複数の編集ウィンドウを同時に拡大・縮小・スクロールさせることができるようにします。

ツールウィンドウ表示

ツールウィンドウの表示・非表示を切り替えます。
ヘルプ ヘルプを表示します。

このエントリーは役に立ちましたか?