UV関係のアトリビュートを表示したい

UV関係のアトリビュートが表示されていない場合、「プロジェクト設定」の「互換性」の設定をご確認ください。

再生対象のプラットフォームを「カスタム」に変更し、UV関係のアトリビュートにチェックをいれることでアトリビュートが使用できるようになります。

sspj(プロジェクトファイル)の新規作成時の初期設定を変更したい場合は、ファイルメニューから環境設定を選択し、「新規作成時のプロジェクトのデフォルト設定」から、sspjの初期設定を設定してください。

なお、再生するプラットフォームによって、UV関係のアトリビュートは使用できない場合があります。充分ご確認の上、アトリビュート項目は設定してください。

Ver.5.8以降では互換性を「デフォルト」にしていても、UV関係のアトリビュートが表示されます。
UVアニメーションの制御も行いやすく改修されておりますので是非ご利用ください。

関連ページ

関連ウィンドウ

このエントリーは役に立ちましたか?