パーツカラーを使用したパーツが不透明度 0 でも表示される

パーツカラーを特定の設定で使用した際に、不透明度を 0 にしてもパーツの表示が消えないケースがあります。
以下のケースが考えられます。

パーツカラー「単色」ブレンド方法「ミックス」を使用している場合

プロジェクト設定の「(非推奨)半透明のミックスブレンド時にシェーダでRGB値を補正する」が有効になっていないかご確認ください。

こちらの設定が有効になっている場合、パーツカラーの不透明度は無効となります。
こちらの設定は外した状態で、パーツカラーをご使用ください。

パーツカラーの「頂点」ブレンド方法「ミックス」を使用している場合

Ver.6.2では描画方法が調整され、本項目の制限が無くなりました。

頂点指定:ブレンド方法「ミックス」でパーツカラーを使用している場合、不透明度は『カラーの反映度』として機能するため、パーツ自体を透明にすることはできません。

徐々にパーツ自体を透明にしたい場合は、以下いずれかをご利用ください。

  • 「単色」 ブレンド方法「ミックス」
  • 「頂点」 ブレンド方法「乗算」

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?