『アートワークの受発注ノウハウセミナー』へのお誘い

昨年の9月に、OPTPiX SpriteStudio 勉強会『発注 x 受注 x Friendship』と題して、2Dアニメーションリソース制作の受発注をキーワードにした勉強会を開催いたしました。今回はその精神的続編みたいな勉強会のご案内です。

昨年秋に開催した”SpriteStudioの勉強会”は大変好評でした。が、アニメーションだけでなくイラストレーションにUI、それにエフェクトにもちろん3Dモデリングなどなど、外注案件の範囲は(御存知の通り)かなり広く。また、最近のゲーム開発プロジェクトは巨大化する一方。法人だけでなく、フリーランスのデザイナーへの案件発注の話も。

にも関わらず、その受発注のお約束事って、明文化されてなくって主に口伝だったり、お得意さん故のナァナァだったりと、そのノウハウが共有されていないよね? された方が良いよね? じゃあしよう! と、仲良くしているゲーム業界のフレンズ()と盛り上がった次第なのです。

発注側・受注側のいずれか、またはその両方の立場として、仕様や責任範囲を決める役割にある人。アーティストとして実際に手を動かす人。法人だけでなく個人事業主の皆さんなどなど、より現場に近い人にこそ、聴講してほしいと考えております。

セミナーの受講申し込みは、以下のリンクの先に。皆さん奮ってご参加ください。

igda Japan

タグ , , , | 2018/06/22 更新 |

コメントはこちら

※ コメントは承認後に公開されます。