テクスチャ画像のデータサイズを削減したい

テクスチャ画像のデータサイズが大きくなってしまい、削減しなくてはいけない場合、以下の対応をご検討ください。

  • セルを小さくする
    エフェクト用のパーツ等、一瞬しか見えないパーツは、小さいサイズのパーツのみを準備し、スケールで拡大・縮小表示をするように調整する。
  • セルの種類を減らす
    コマアニメーションによるエフェクトの場合、前フレームと後フレームが半透明でクロスフェードするようなアニメーションを組むことでコマの枚数を減らす。
  • 左右反転、上下反転で同じに画像になるセルをまとめる
    右向きの表情と左向きの表情等、左右のパーツをそれぞれ用意している場合、左右反転を利用できないか調整する。
  • 未使用セルを削除する
    セルリストウィンドウのコンテキストメニューから、「未参照セルを選択」を使用して、使用されていないセルを見つけ、当該セルをリストから削除し、参照イメージからも削除してください。
    未使用のセルの削除を行ったうえで、テクスチャのセルの配置を見直し、テクスチャのサイズが小さくならないか、ご検討ください
  • PSDtoSS6で再パッキングをおこなう
    PSDtoSS6 を活用し、参照セルをパッキングしなおす方法もご検討ください。PSDtoSS6は、psdの情報をもとに、自動でテクスチャをパッキングする補助ツールです。

その他のツールを使う

OPTPiX ImageStudioシリーズは「テクスチャ圧縮」機能を搭載しており、美しさを保ちながらテクスチャ画像のファイルサイズを削減することができます。

7/3に公開したImageStudio 8 β4ではGUI上でテクスチャ圧縮の状態を確認できるようになりました。βトライアルは9/30までライセンス不要・無料でご利用いただくことができます。

SpriteStudioのVer.6.4にて「セルマップの最適化」という機能を追加いたしました。
アニメーションを作成した後に、使用していないセルなどを確認し、テクスチャをパッキングしなおす機能です。

現在β版として公開しています。評価版ではございますが、お試しください。

関連ページ