同じモーションのまま、左右反転を行いたい

同じモーションのまま、アニメーションを左右反転・上下反転したい場合、以下の手順を行ってください。

  1. rootパーツや、一番親となるデータの1つ下にNULLパーツを作成します。
  2. 作成した1フレーム目に、アトリビュートの「X/Yスケール」を設定します。
    (左右反転の場合は「Xスケール」、上下反転の場合は「Yスケール」
  3. X/Yスケール」を「-1」に設定します。

なお、「X/Yスケール」にマイナスの値を設定すると、そのパーツと親子関係にある子パーツの回転を、フォーカス枠やギズモで行う場合、操作と逆方向に回転してしまいます。
そのため、反転させる前に調整を行うことをおすすめします。

注意点

SpriteStudioには「左右反転」「上下反転」といった、反転に使うようなアトリビュートが存在しますが、これらのアトリビュートを使わないでください。

それぞれのアトリビュートの機能・効果について以下をご確認ください。

「イメージ左右反転」「イメージ上下反転」について

「イメージ左右反転」「イメージ上下反転」はSpriteStudio Ver.6で追加した新規アトリビュートです

「イメージ左右反転」「イメージ上下反転」は、セルの原点の位置を無視して反転を行います。

そのため、「イメージ左右反転」「イメージ上下反転」を使用するとレイアウトが崩れてしまいます。「X/Yスケール」、をご利用ください。

「ローカルX/Yスケール」について

「ローカルX/Yスケール」はSpriteStudio Ver.6で追加した新規アトリビュートです

「ローカルX/Yスケール」はパーツの親子関係を無視して、選択したパーツにのみ適用されます。
そのため、すべてのパーツを一括で左右反転したい場合は「X/Yスケール」をご利用ください。

パーツをひとつだけ左右反転を行いたい場合、「ローカルX/Yスケール」を使用してください。

「左右反転」「上下反転」について

「左右反転」「上下反転」はSpriteStudio Ver.6では非推奨アトリビュートとなりました。

「左右反転」「上下反転」はパーツの座標はそのままで、セルのみを反転する機能です。
そのため、複数のパーツで構成しているアニメーションでこのアトリビュートを使用すると、右図のようにレイアウトが崩れてしまいます。

一方、「X/Yスケール」に「-1」を設定する場合、パーツの座標変換を行って反転しています。この親パーツの座標変換が子パーツの座標にも適用されることで、関連パーツ全体が反転されて表示されます。

そのため、複数パーツで構成されたキャラクターの左右反転を行う際には、Xスケールで行うことをおすすめします。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?