企業のブログにWordPressを使う理由とは?

皆さんこんにちは。ウェブテクノロジで「OPTPiX Labs Blog」の管理をしている嶋です。いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今ご覧頂いている「OPTPiX Labs Blog」はWordPressというブログシステムを使用しています。今までいろいろとブログシステムを触ってきましたが、現段階で企業のブログのシステムとして一番ふさわしいのはこのWordPressだと実感しています。

企業のブログにWordPressを使う理由とは?

今回はそんなお話をしたいと思います。

そもそもWordPressとは?

WordPressはオープンソースのブログシステムです。動的なページ生成を行えるようPHPで書かれており、テキストデータなどはMySQLでデータベース上に管理されています。

テンプレートが「ウェブ標準」準拠で、プラグインなども充実しており、それほどウェブ周りの知識がない人(私のことです)でも比較的簡単にカスタマイズできるのが特長です。

また、オープンソースという特性上、多くのサンプルがウェブ上に展開されているため、「WordPress + やりたいこと」で検索するだけでヒントや答えが大体見つかります。ウェブ周りの知識がない担当者(私のことです)には非常にありがたい限りです。

更新もブラウザ経由でできるため、OSやソフトウェアに依存しません。最近はAndroid用のアプリなども出ているので、簡単な投稿や修正はパソコンレスでもできるようになりました。誰にでも気軽に更新できるWordPressは、「情報発信」の敷居をぐっと下げた魔法のシステムと言えます。

企業がWordPressを選ぶ事のメリット

「ブログなら、ウェブサービスがあるからそれを使えばいいんじゃないの?ブログ構築しなくてもいいし」という方も多いと思います。それはそれでいいこともあるのですが、WordPressにはそれ以上にメリットが存在します。

コストを抑えられる

企業にとってコストが抑えられる、というのは最大のメリットだと思います。WordPressはオープンソースなので月額利用料金などもかかりませんし、すでに持っている自社ホームページのサーバーに入れてしまえば新規のサーバー代はかかりません。

また、WordPressには数多くのプラグインが存在しますが、その大半がオープンソース、もしくはドネーションウェア(いわゆるカンパウェア)です。機能追加を行なっても新たなコストがほとんど発生しませんので、PDCAサイクルを回しつつ、ブログの質を向上させていくことが可能です。

検索エンジン、特にGoogleに強い

WordPressはGoogleから「検索エンジンに強い」とお墨付きをもらったことがあります。

2009年の「WordCamp」というイベントのセッションで、当時のGoogleの検索エンジンの開発責任者であるMatt Cutts氏がこう語っています。

WordPress is a great choice.WordPress takes care of 80-90% of (the mechanics of) Search Engine Optimization (SEO)

WordPressを選ぶことは、非常に良い選択です。というのも、WordPressは検索エンジン最適化(SEO)の手法の80~90%をフォローしているからです。

個人ブログと違って、企業ブログは情報発信の場であると共に、潜在顧客を呼び込む場所でもあります。WordPressには検索から人を呼び込むための基礎ができているわけですから、これを利用しない手はありません。

誰でもサイトの更新ができる

サイトを更新する場合、今まではWebデザイナーやWeb担当者がhtmlエディタを立ち上げ、ソースを修正し、サーバーにアップする、という作業が必要でした。そのため、担当者がいない状態ではサイトの更新もままならない、というのが当たり前でした。WordPressの場合、ブログ記事だけでなく、サイドバーやヘッダ・フッタに表示されている情報もブラウザ上で編集することができます。

また、動的生成のブログシステムなので、ブログを書いたらすぐにプレビューすることができます。「どういうふうに公開されるのか」を逐一確認しながら記事を作成できるので、ブログを書き慣れていない人でもストレスなく、記事の作成・公開ができます。

『あの企業』もWordPressを使っている

と、ここまでメリットを幾つかご紹介してきたWordPressですが、そのカスタマイズ性から単なる企業ブログとしてではなく、企業サイト全体の表示に使われている例もあります。

オンラインゲームやソフトウェアの販売を手がける株式会社ベクターは、自社のIR情報サイトの部分をWordPressで構築し、情報発信を行なっています。また、料理のレシピの投稿サイトとしてお馴染みのクックパッド株式会社では「クックパッド開発者ブログ」をWordPressで運用、企業サイト全体もWordPressで運用しています。

弊社の漫画作成ソフト「コミPo!」の公式ブログや、公式サイトもWordPressで運用しています。

この他、wordpress.orgではサイト内に、「Fortune 500(全米企業の総収入ランキング上位500社)」に入っている企業の内、WordPressを使っている企業をリスト化しています。先日のE3の熱気冷めやらぬSony Computer Entertainment Americaの「PlayStation.Blog」XEROXのブログなどが掲載されています。

まとめ

企業サイトにとって、定期的に情報を提供し、サイトへ人を誘導することは非常に重要なことです。製品の発売や、イベントへの出展など、きっかけがないと更新しづらい企業サイト本体に対し、企業ブログは書き込むネタさえあれば定期的に更新できます。

とはいえ、担当者だけで更新作業を背負ってしまっては、更新頻度は下がってしまいますし、何よりも掲載する情報の幅が狭まってしまいます。誰でも記事が書け、誰でも公開できるWordPressは、更新頻度を上げ、提供する情報の幅を広くし、結果としてサイトのアクセス数の向上につながります。

また、様々なプラグインを活用すれば、アクセス分析、SEO対策などがWordPressの管理画面だけで行えますし、社内の人誰でも更新できる環境を作ってしまえば、ウェブ担当者の負担も大幅に下がる……早い話「ラクができる」ということです。

インストールもカスタマイズも比較的容易なWordPress、まだ触ったことがない、という方はお試しになってみてはいかがでしょうか。

タグ | 2020/06/16 更新 |