「快適操作・効率改善」がテーマのSpriteStudio Ver.6.1の予告とVer.6.2以降のお話

2018年も早くも3月を迎えようとしておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

3月といえばちょうど年度末。新年度の新たなプロジェクト、はたまた今運営しているプロジェクト、新事業の検討などなど、いろいろなことを見直しをする季節ですね。

さてそんな皆様大層お忙しい時期ですが、SpriteStudio は今月 Ver.6.1 のアップデートを予定しております。
今回、この記事では、Ver.6.1の予告と、そしてその次に SpriteStudio がどんなことをしようと考えているのかをお伝えさせていただきます。

Ver.6.1での追加機能

SpriteStudio Ver.6.1は「快適操作・効率改善」をテーマにアップデート!

メッシュ生成を簡単にする自動メッシュ生成機能や、頂点変形の小数点以下指定可能など、かゆいところに手が届くような、便利な機能を追加しました。

ポチポチクリックからさよなら! 自動メッシュ生成機能でメッシュ・ボーンを使いやすく!

今までは原点と分割点を一つずつクリックして打つ必要がありましたが、自動メッシュ機能ならもうそんな手間はいりません!ワンクリックでセルに合わせて自動でメッシュを作ります。

エディタのUIもすっきり! より分かりやすく、カンタンに使えるようになりました。

よりなめらかなアニメーションを実現 頂点変形に小数点以下を指定可能に

小数点以下を指定することができるようになります!この修正により、なめらかなアニメーションを実現。かゆいところに手が届く!

※各種プレイヤーとの互換性のため、プロジェクト設定で使用の可否を選択できます。
※ご使用の SDK/SS6Pplayer のアップデートが必要な場合があります。

インスタンスパーツの長さがフレームコントロール上で一目瞭然!

尺の確認のためにソースアニメーションに戻らなくてもOK!
インスタンスアトリビュートで設定した再生速度やループ回数も考慮して表示されるため、フレームコントロール上でインスタンスパーツがどのくらい再生されるかが一目でわかるようになりました。

勝手にフォルダを開きません! プロジェクトウィンドウのフォルダの状態をセーブ

プロジェクトウィンドウのフォルダを閉じて終了したのに、sspj を開いたらいつだって全開……。
多くのご要望をいただいていたこの問題、Ver.6.1 で対応しました。
地味ではありますがよく使われるこの個所。Ver.6.1 で改善されることで快適にご利用いただけます。

もう間違って消さない! 使用されているセルがありますダイアログ

削除しようとしているセルがデータのなかで使用されている場合、本当に消しても大丈夫か確認するダイアログを表示するようになりました。
これで誤ってセルを削除してしまう不幸な事故を減らします。

そんな SpriteStudio Ver.6.1、今月リリースを目標に現在制作中です。

この記事を読んで興味を持ったあなたのために、Ver.6.1 ではオープンβテストを実施します!ぜひ触ってみてください!


ここまでは SpriteStudio Ver.6.1 のお話。ここからは、「これからの SpriteStudio について!!」開発チームで今取り組んでいることについてお話します。

SpriteStudio Ver.6.2 は『SpriteStudio Ver.6 の決定版』

SpriteStudio Ver.6.2 は待望の「メッシュワープ」を搭載予定!
「SpriteStudio のメッシュ・ボーン機能の完成形」となる SpriteStudio Ver.6 の決定版です。

関節にとらわれない自由な動きを実現「メッシュワープ」

現在のメッシュ・ボーン機能はボーンありきでのアニメーションですが、メッシュワープ機能でメッシュのみで変形させることが可能になります。
マントがはためいたり、ロマン満載の乳揺れといった、『骨』が必要ないアニメーションの表現力がさらにアップします。

実装してからの「ちょっといまいち……」を無くします!「レイアウトウィンドウの背景画像設定機能」

キャラクタアニメやボタンのアニメーション。実装して背景素材と合わせたときに「なんかいまいちかも?」と思ったことはありませんか?

Ver.6.2 ではレイアウトウィンドウの背景に、任意の背景画像を設定できるように機能追加予定!あらかじめ背景を設定した状態でアニメーションを作成できるため、実装してからのギャップを減らし、修正を少なくします。

また、重力ベースとは異なる純粋な渦巻き型のエフェクトを実現するための新たなパラメータを追加予定。
エフェクトエディタの改良も検討中です!

さてその後は……?

SpriteStudio のフローを根本から見直し!大幅な利便性向上を図ります。

もう事前にアトラス化しなくてOK! 使ったパーツを自動で配置「後からパッキング」

もうセルマップ作りに頭を抱えなくてOK!ばらばらのパーツ画像を登録するだけ!
使うかわからないパーツも全部登録しちゃって大丈夫!使わなかったパーツはパッキングしません。
事前準備としてセルマップ作りありきだった SpriteStudio の作業フローが、大きく変化します。

こんがらがって大変だった優先度設定を直感的に!「簡単優先度設定」

パーツの総量や構成を把握し、適切な数値を指定しなければいけなかったアトリビュート「優先度」の設定。「パーツの描画順リスト」をレイヤーの表示順を設定するように移動するだけで設定できるように改良予定です。
これでもう表示順で苦しまない!


そのほか、PSDtoSS が不要になる!?「PSD の直接インポート機能」やアニメーションのプレビューを確認しながら編集できる「プレビューウィンドウ」といった、さらに便利に、使いやすくなる要素を実装予定。

安定性、64ビット化によるパフォーマンスの向上や、大幅にUIを見直したメジャーアップデート、Ver.7 も鋭意開発中です!

また、テキスト入力やサウンド再生機能といった、多くご要望いただいている機能についても検証中です。もうしばらくお待ちください!

ご要望はぜひ SpriteStudio コミュニティへ!

なお、アップデートの機能追加に関しましては「SpriteStudio コミュニティ」に寄せられたご要望を参考にしております。

使っていて「こんな機能があったらいいな」と思ったら、一度 SpriteStudio コミュニティをのぞいてみてください!

あなたと同じ気持ちのユーザーがいて、すでに要望が投稿されていたら「指示」してみてくださいね! ご投稿もお待ちしております!

ユーザーの皆様とともに成長する SpriteStudio にどうぞご期待ください!

タグ: , | 2018/06/22 更新 |

コメントはこちら

※ コメントは承認後に公開されます。