田中圭一のゲームっぽい日常 マンガ家にとって「50歳」とはどういうことなのか

k1201410今年もあと残り3ヶ月を切ってしまった。ついこの間、年が明けたとばかり思ってたのに、だ。

さて、本題に入ろう。私は現在52歳。日本人男性の平均寿命が79歳なので、ざっくりと余命は27年もあるわけだ。…27年も?いや、27年しか残っていないワケだ。

特に、マンガ家という「精密な絵を描く仕事」「感性豊かな物語を作る仕事」「常に新しいトレンドを作り出す仕事」に従事する者としては、27年はちっとも長い時間ではない。

50代になり、目に見えて「仕事に対する集中力」が落ちてきたのを感じる。40代までは1時間でできた仕事が、50代になって2時間以上かかることがある。

70代で今なお現役のあの宮崎駿監督も、最新作「風立ちぬ」は完成までに7年かかっている。だが、宮崎さんの劇場作品第1作「ルパン三世・カリオストロの城」はたった3ヶ月で完成している。もちろん、予算や時間制限の問題があっての3ヶ月だから単純比較すべきではないが、その後の「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」が2年で完成していることを考えても、加齢による集中力や画力の衰えは、誰も避けては通れないのだと思う。

さて、そうなると私に残された時間は、実時間に換算してどのくらいと見積もるべきなのだろうか?

おそらくペンを握って原稿を仕上げることができるのは70歳までだろう。そして、52歳~70歳までの18年間は、集中力の衰え、画力の衰えを考慮すると若い頃の10年分くらいに相当する、そう考えるのが妥当だ。

つまり私に残された時間は、あと10年。

私が1年間に仕上げることができる原稿は、現在のところ300ページだ。

ということで、答えは…300ページ×10年=3,000ページ

単行本が1冊200ページだと考えると、15冊分だ。

それも、毎年フルで原稿依頼があった場合のマックス値が15冊。たったの15冊。

ところが、私が描きたい作品は現在でも20作品以上ある。今後もアイデアが涌いてきたら、それはもっと増えていくはずだ。

つまるところ、残りの時間と描けるページ数の中で、描きたい作品の中から「どの作品を諦めるか?」を決めなきゃならない。そういう時期にきているのだ。

年を追う毎に時間の経過が早く感じられるようになっている。10年なんてあっという間に過ぎそうだ。

ちょっと焦る。

タグ | 2018/06/22 更新 |

コメント

2件のコメント

  • ナムチ
    2014年10月7日 22:26

    手塚先生は60歳で亡くなったわけで、そう考えれば長いです。
    また水木しげる先生のように82歳でも連載を続けている方もいらっしゃいます。(描くペースはそんなに早くないと思いますが)
    どんな風になるかなんて死ぬまで分からないので今を楽しんでいって下さい。

  • 高のぞみ
    2017年5月20日 19:08

    アイデアノートを残しておいて死後誰かに描いてもらう。
    というのはどうか。

1件のトラックバック

コメントはこちら

※ コメントは承認後に公開されます。