田中圭一のゲームっぽい日常 無料で描くことの難しさ

4年前、地方にある喫茶店のオーナーから「店に飾るので大きなイラストを描いて欲しい」との依頼があって引き受けた。実はその際オーナーから「お店の経営も思わしくないので、無料で描いていただけないか。万一こっちに来ることがあれば食事をご馳走するから。」さらに「田中さんがデビューした時からの熱心なファンで、今も応援している。」と言われ、こころよく引き受けることにした。

それからしばらくして、オーナーから「年も改まったのでテーマを変えて新しいイラストをお願いできないか?前のイラストはとても好評で、常連客も田中さんのファンになってくれた。」との連絡があり、引き受けることにした。ただ、それも無料で描いて欲しいということだった。その時は「まぁ、ファンも増えたことだし、いいか。」と思い、再び無料でイラストを提供した。そして翌年も、年が改まる度にイラストを描いた。

そして4年目になる今年の1月、オーナーから「今年のテーマは・・・」というタイトルでメールが来た。

さて、ここへ来てボクも色々と考えることがあった。お店の経営が厳しいから、ファンだから、常連客がファンになってくれるから、こういう理由でイラストを毎年無料で描き続けて、それが常態化してしまった。オーナーからは、さも当然のように「今年のイラストは○○なテーマでお願いします。よろしく!」という軽いメールが毎年届く。

さすがに「そろそろ原稿料をいただけないか?」という返事を返したら「そのうちご馳走させてくださいね。」という明るいメールが来た。つまりは「今年も無料で」という意味らしい。なので丁寧な口調でお断りのメールを送らせていただいたところ、オーナーからは「最近田中さんもマンガが売れてきて忙しいみたいなので、今年からは他の先生にお願いしようと思います。」という丁寧なお返事をいただいた。メールそのものは丁寧な口調で嫌みのない内容なのだが、感謝の言葉は書いていなかった。

数年前のボクであれば「毎年タダでイラストを描いたのに、感謝の言葉もないのかよ!」と憤ったに違いない。しかし最近はボクも考え方を変えた。今件は全面的にボクが悪かったのだ、と。
つまり最初に依頼があった段階で、ボクには「断る」という選択肢があった。その段階で断ったとしても、オーナーはボクを「ファンをないがしろにしやがって、ケチなヤツだ。」とは思わなかっただろう。ダメ元で依頼してきたのだから。

なのに、ボクは引き受けてしまった。毎年新たなイラストを描くうちにオーナーに「田中さんは毎年こころよくタダで描いてくれる人だ」という誤ったメッセージを送ってしまったのだ。ボクの本心は「こころよく描いている」わけではなかった。年を経る毎にオーナーが「描いてくれて当然」という感じになっていることにイラっとしていたのだ。そもそもファンだからタダで描いて、という依頼にすべて応えてしまったら身体がいくつあっても足りない。そして、引き受けた限りはイラっとしてはいけないのだ。その段階で断るべきなのだ。

無料で描くと言うことは自作のブランドを落とすと同時に、相手を勘違いさせてしまうことにもなる。ひょっとしたらオーナーはボクが途中でギャラを要求したことによって、結果的にボクのファンではなくなってしまったかもしれない。最初に断っていたら今もファンのままだったかもしれないのに。

この話を友人にしたところ、端的な回答をくれた。「もしも知人が電器店を経営していたとしたら、その知人に、テレビをタダでくれ。毎年新型に入れ替えてくれ。なんて言う人はいないだろ?」

そうなのだ。オーナーの要求はそういうことであり、ボクは最初に断るべきだった。仮に断らないのなら最後まで無料で描き続けるべきだったのだ。

無料で描くことで、いつかそのうち見返りを・・・という気持ちを抱くことが一番マズい対応だった。考えてみたら、親しい友人から、こういった無料でのお願いをされたことは一度もない。友人の多くがクリエイターかフリーランスであり、こういう要求をプロ作家に求めることに抵抗があるのかもしれない。

なんにせよ、無料で描いて欲しいという要求については、よくよく熟考して返事をすべきだと思う。

タグ: , |

コメント

7件のコメント

  • てりとま
    2017年4月14日 17:06

    プロの方に失礼ですが、お互い認知度が高くなった証拠なので
    今後は原稿料の請求はもちろん当然です。

    でも初期選択を気にする必要はありません。

  • 無邪気堂
    2017年4月15日 08:20

    いつも楽しみにしています。
    TBSラジオのご出演も、拝聴しました。
    そのオーナーさん、おそらくサイコパスです。
    サイコパスは他人を利用し、平気で嘘をつきます。
    今後これ以上の面倒を抱え込まれる前に、交際を絶たれた方がよろしいかと思います。
    サイコパスに弄ばれてうつ病を発症する例もあるとか。

  • まるたまり
    2017年4月16日 00:55

    とてもわかります。
    私にはプロのイラストレーターの友人がいて、結婚披露パーティーのウェルカムボードをお願いしたら、無料で良いよ、とのことだったので、パーティーの参加料金を受け取りませんでした。
    結果的には、参加料金がギャラのような感じになったのです。
    そして、だから次も当然ただで何か描いて、ともなりません。
    やほり、そのお店のオーナーは、ちょっと図図しい方だったようなきが気が致しました。

  • とみたん
    2017年4月18日 10:03

    最初にタダで引き受けたときと今では状況も変わってるわけですから、引き受けたことは間違いではないでしょうし、いま断ったことも正しい決断だと思います。
    終わり方が気まずかった、というだけのことなので、遡って自分を責める必要はないでしょう。

  • 2017年4月19日 07:16

    このような人もいるのですね。
    労働には報酬を払うものです。
    感謝の気持ちも忘れてしまっては、関係が成り立ちません。

    自分も、人にものを頼む時、頼まれる時、気をつけて見たいと思います。特に、仕事が絡む時は。

  • おちみるく
    2017年4月19日 09:14

    ところでタダで食べさせてくれるのをどのくらい利用したのでしょうか??
    相手のお店に足を運んでいたのか?

    口約束とはいえ、オーナーと年間契約サービスを締結していたので「無料」とは言いづらいのでは。それを使わずに勝手に憤慨を我慢した、とも取れる。
    また、逆に利用しすぎてるうえに原稿料!?ってケースもある。

    真実がわからない以上、オーナーは責めれないな。

  • 匿名
    2017年4月19日 13:47

    元々そのオーナーは絵に対価を払う考えを持っていない人だったのでしょう。
    過去にも同じ手でプロの絵をせしめて味を占めていたと思われるようなメールですよね。
    ファンでもなんでもなく、漫画家がどう言えば喜ぶかというポイントを突いてお願いをしている
    とてもずる賢い人という印象を最初に持ちました。他人を利用し利益を得ることばかりを意識して生きている人間は感謝なんて感情は持ちません。今回の対応は毅然として正しい対応であったとおもいます。どうしてもすり寄ってくるんですよねこういう人間は。自分を責めないでください。
    依頼人が変な人だっただけです。

1件のトラックバック

コメントはこちら