田中圭一のゲームっぽい日常 無料で描くことの難しさ

4年前、地方にある喫茶店のオーナーから「店に飾るので大きなイラストを描いて欲しい」との依頼があって引き受けた。実はその際オーナーから「お店の経営も思わしくないので、無料で描いていただけないか。万一こっちに来ることがあれば食事をご馳走するから。」さらに「田中さんがデビューした時からの熱心なファンで、今も応援している。」と言われ、こころよく引き受けることにした。

それからしばらくして、オーナーから「年も改まったのでテーマを変えて新しいイラストをお願いできないか?前のイラストはとても好評で、常連客も田中さんのファンになってくれた。」との連絡があり、引き受けることにした。ただ、それも無料で描いて欲しいということだった。その時は「まぁ、ファンも増えたことだし、いいか。」と思い、再び無料でイラストを提供した。そして翌年も、年が改まる度にイラストを描いた。

そして4年目になる今年の1月、オーナーから「今年のテーマは・・・」というタイトルでメールが来た。

さて、ここへ来てボクも色々と考えることがあった。お店の経営が厳しいから、ファンだから、常連客がファンになってくれるから、こういう理由でイラストを毎年無料で描き続けて、それが常態化してしまった。オーナーからは、さも当然のように「今年のイラストは○○なテーマでお願いします。よろしく!」という軽いメールが毎年届く。

さすがに「そろそろ原稿料をいただけないか?」という返事を返したら「そのうちご馳走させてくださいね。」という明るいメールが来た。つまりは「今年も無料で」という意味らしい。なので丁寧な口調でお断りのメールを送らせていただいたところ、オーナーからは「最近田中さんもマンガが売れてきて忙しいみたいなので、今年からは他の先生にお願いしようと思います。」という丁寧なお返事をいただいた。メールそのものは丁寧な口調で嫌みのない内容なのだが、感謝の言葉は書いていなかった。

数年前のボクであれば「毎年タダでイラストを描いたのに、感謝の言葉もないのかよ!」と憤ったに違いない。しかし最近はボクも考え方を変えた。今件は全面的にボクが悪かったのだ、と。
つまり最初に依頼があった段階で、ボクには「断る」という選択肢があった。その段階で断ったとしても、オーナーはボクを「ファンをないがしろにしやがって、ケチなヤツだ。」とは思わなかっただろう。ダメ元で依頼してきたのだから。

なのに、ボクは引き受けてしまった。毎年新たなイラストを描くうちにオーナーに「田中さんは毎年こころよくタダで描いてくれる人だ」という誤ったメッセージを送ってしまったのだ。ボクの本心は「こころよく描いている」わけではなかった。年を経る毎にオーナーが「描いてくれて当然」という感じになっていることにイラっとしていたのだ。そもそもファンだからタダで描いて、という依頼にすべて応えてしまったら身体がいくつあっても足りない。そして、引き受けた限りはイラっとしてはいけないのだ。その段階で断るべきなのだ。

無料で描くと言うことは自作のブランドを落とすと同時に、相手を勘違いさせてしまうことにもなる。ひょっとしたらオーナーはボクが途中でギャラを要求したことによって、結果的にボクのファンではなくなってしまったかもしれない。最初に断っていたら今もファンのままだったかもしれないのに。

この話を友人にしたところ、端的な回答をくれた。「もしも知人が電器店を経営していたとしたら、その知人に、テレビをタダでくれ。毎年新型に入れ替えてくれ。なんて言う人はいないだろ?」

そうなのだ。オーナーの要求はそういうことであり、ボクは最初に断るべきだった。仮に断らないのなら最後まで無料で描き続けるべきだったのだ。

無料で描くことで、いつかそのうち見返りを・・・という気持ちを抱くことが一番マズい対応だった。考えてみたら、親しい友人から、こういった無料でのお願いをされたことは一度もない。友人の多くがクリエイターかフリーランスであり、こういう要求をプロ作家に求めることに抵抗があるのかもしれない。

なんにせよ、無料で描いて欲しいという要求については、よくよく熟考して返事をすべきだと思う。

タグ: , |

コメント

15件のコメント

  • てりとま
    2017年4月14日 17:06

    プロの方に失礼ですが、お互い認知度が高くなった証拠なので
    今後は原稿料の請求はもちろん当然です。

    でも初期選択を気にする必要はありません。

  • 無邪気堂
    2017年4月15日 08:20

    いつも楽しみにしています。
    TBSラジオのご出演も、拝聴しました。
    そのオーナーさん、おそらくサイコパスです。
    サイコパスは他人を利用し、平気で嘘をつきます。
    今後これ以上の面倒を抱え込まれる前に、交際を絶たれた方がよろしいかと思います。
    サイコパスに弄ばれてうつ病を発症する例もあるとか。

  • まるたまり
    2017年4月16日 00:55

    とてもわかります。
    私にはプロのイラストレーターの友人がいて、結婚披露パーティーのウェルカムボードをお願いしたら、無料で良いよ、とのことだったので、パーティーの参加料金を受け取りませんでした。
    結果的には、参加料金がギャラのような感じになったのです。
    そして、だから次も当然ただで何か描いて、ともなりません。
    やほり、そのお店のオーナーは、ちょっと図図しい方だったようなきが気が致しました。

  • とみたん
    2017年4月18日 10:03

    最初にタダで引き受けたときと今では状況も変わってるわけですから、引き受けたことは間違いではないでしょうし、いま断ったことも正しい決断だと思います。
    終わり方が気まずかった、というだけのことなので、遡って自分を責める必要はないでしょう。

  • 2017年4月19日 07:16

    このような人もいるのですね。
    労働には報酬を払うものです。
    感謝の気持ちも忘れてしまっては、関係が成り立ちません。

    自分も、人にものを頼む時、頼まれる時、気をつけて見たいと思います。特に、仕事が絡む時は。

  • おちみるく
    2017年4月19日 09:14

    ところでタダで食べさせてくれるのをどのくらい利用したのでしょうか??
    相手のお店に足を運んでいたのか?

    口約束とはいえ、オーナーと年間契約サービスを締結していたので「無料」とは言いづらいのでは。それを使わずに勝手に憤慨を我慢した、とも取れる。
    また、逆に利用しすぎてるうえに原稿料!?ってケースもある。

    真実がわからない以上、オーナーは責めれないな。

  • 匿名
    2017年4月19日 13:47

    元々そのオーナーは絵に対価を払う考えを持っていない人だったのでしょう。
    過去にも同じ手でプロの絵をせしめて味を占めていたと思われるようなメールですよね。
    ファンでもなんでもなく、漫画家がどう言えば喜ぶかというポイントを突いてお願いをしている
    とてもずる賢い人という印象を最初に持ちました。他人を利用し利益を得ることばかりを意識して生きている人間は感謝なんて感情は持ちません。今回の対応は毅然として正しい対応であったとおもいます。どうしてもすり寄ってくるんですよねこういう人間は。自分を責めないでください。
    依頼人が変な人だっただけです。

  • まぁちゃん
    2017年7月11日 09:18

    この話は、自治体が募集する市民協働ボランティアにも共通すると思う。
    地域の生涯学習の講師や、草刈り作業、要支援者救援活動、児童見守り、他、いろいろな役目を知識や技能に見合う対価を全く払わずに「ボランティア」の名の下に依頼してくる。
    日本中のみんなが対価を払わずに結果を求めるのが当たり前に成りつつあるのかな。

  • 匿名
    2017年9月22日 22:16

    家電製品は例えに例えにならないな。
    何故なら値段が見えるから。
    値のつけ方が不明瞭なものに対しては「ただ」が言いやすい。
    まぁイラストなら技術料はロハにしても必要経費は請求しやすいが(値段が見えるって意味で)、歌うたってよとかマジック見せて。は難しいな。

  • 紅茶
    2017年10月18日 18:40

    「うつヌケ」から先生を知りました。初めまして。

    「目に見えないサービス・技術」または
    「一般人では理解もできないほど洗練された・難しい技術」
    ほど、一般人には想像ができなくなるせいか、

    「あなたなら、ちょちょいと軽くできるんでしょ?」
    みたいに思われている気がします。

    同人イベントの「スケッチブック」や、
    ツイッターの御礼絵の無料サービスしかり。

    しかも、書かせておいて「もうちょっとこうしてほしかった」なんていうスケブ依頼者も過去いました。
    「あの人(個人的な友人)に無料なら、私も無料にしてよ」とか。

    対価も払わず、仕事としての明確な定義もなく、
    「ちょっとこんなかんじで書いて」と曖昧な依頼しておいて、
    その言い草はなんだと思って、イベントに出なくなったくらい嫌な思い出。

    「ファンだから、ファンです!、あなたの作品が好きです」の一言を言えば、
    すぐ天才と友達になったつもりになり、馴れ馴れしくプライベートを聞き出しはじめ、
    有能な天才の技術を無料で手に入れられると勘違いしている
    マナー知らずな人は全員滅びたらいいのにって正直思います。
    やりがい搾取に近いかと。

  • 紅茶
    2017年10月18日 18:52

    あと「無料で食事をあげるから」というメリットですが、
    「うちのポイントつけてあげるから、代金勘弁して」というかんじににてますね。

    その食事が田中先生の体質に合ってたり、通う距離など「利用しやすい、したい」と思えるなら
    メリットになりますが、「別にほしくない」場合、利益になりません。

    一時期、アングラ系で作品作る労働力を対価に、無料で技術のギブアンドテイクしていた時期がありますが、ネットの深い世界の「0円食堂」のように
    「何もないところから何かが生まれる」というものは
    「お互い、何か生み出す力があり、お互いの苦手分野をカバーしあえる」といった関係性の時のみ、さらに大きな利益を生み出す力になるってことです。

    田中先生が特にそのお店に行く用事もなく、特に好きな料理でもなく、
    距離的に行くのがきつい場合、「そんなメリット、俺のメリットじゃねーよ」と一蹴してもいいくらいです。

    ちょっとそのオーナー、交渉うまいというか、ずうずうしいというか、ヨーロッパ・アメリカ的ですよね。
    「自分のメリットをさも、相手のメリットに勘違いさせ、相手に労働力と生産力を押し付ける」という。

    比率でいえばwinメリットが
    物理的状態→先生:オーナー=1:9 (物理的にはなんら変化がない)
    心理的状態→先生:オーナー=9:1 (心理的には満たされているが、それも空想といえば終わり)
    という。

    「感謝」や「やりがい」なんてしょせん物理的には見えないものだから、
    交渉や仕事のさいはご自分が「やりたい」と自発的に思わない限り、
    「通帳に数字が増えるかどうか」でシンプルに考えたほうがいいかもしれません。

  • 家電量販で普段から無償でPCサポートやってますが何か?
    2017年10月30日 22:28

    この件に限って言えば2回目からは有料でしょ。そもそもサービスは「無料」ではない。しかし、日本では「これはサービスです」と言えば「これは無料です」と受け取られてしまうし、まぁその認識で「間違ってる」と言える人も少ないでしょう。
    でも、それが問題なのではないかと思います。

    「サービス」は「何かをしてあげること」であってそれは「奉仕」ではない。
    そして、絵描きにとって絵を描くことは仕事であり、友人知人には割引価格で提供してる。それを勘違いしてもらっては困るってことです。

    電気屋であるので、TVの例えは端的だとは思う。そして、それを「価格が出てるから違う」とか「モノと行為は違う」とか言ってる人こそがサービスを「奉仕」と勘違いしてるのではないだろうか。趣味と仕事は違うし、サービスはその行為自体が「商品」なのである。
    提供する側が勝手にやるならともかく、依頼するからにはその対価を支払わなくてはいけない。「飯おごる」の対価では「安いですよお客さん」と感じれば正当な単価を提示するべきだし、そこで決裂してしまった場合は、商談がまとまらなかったという事。ギブアンドテイクの関係だという事である。それは友人、知人、親戚であっても同様であると思う。それがわかってる人ほど気軽に頼んだりはしないはずである。何故なら「自分はそんなに高い料金を払えない」と感じてるから。

  • 匿名
    2017年11月3日 09:46

    問題は、無料で書いたことではなく、そもそも交渉するのが不得意だったということ。

    で、もしそれが出来ないのであれば、その書き手さんも営業担当者を雇って正規に対応すべき。

    それをあたかも依頼した人が悪いみたいに書いているのはそもそもが間違い。

    依頼者は安くしようとすること自体、間違いではない。

    書き手は商売人では無いのにも関わらず、がケチって営業担当者を設けていなかったからが問題なのだ。

  • 通りすがりの偽善者
    2017年11月10日 12:31

    昔、故やなせたかし氏も無料で引き受けていたらしく、どなたかが「失礼ではないか」と怒っていたという話を見ました。そういう人は、自分が要求している事が、本当はどれほどの価値なのか分かっていないのですから、感謝も薄いのではないかと思います。

  • 無言
    2017年11月11日 07:58

    >サイコパスです。
    サイコパスは他人を利用し、平気で嘘をつきます。
    今後これ以上の面倒を抱え込まれる前に、交際を絶たれた方がよろしいかと思います。
    サイコパスに弄ばれてうつ病を発症する例もあるとか。
    賛成意見です。
    そして田中先生がご自分を責める必要は有りません。
    経営難は最初から言い訳です。その時点でもう店じまいしていたかも。図々しいオーナーです。
    まず料理、実地、サービスその他で所在地の役所の産業課や中小企業診断士などに相談すべきです。その後も脈々を営業をしているので、経営難は嘘でしょう。他の漫画家さん、騙されないで。一般的に詐欺師は甘い顔で甘い言葉ですり寄って来て、紳士を装います。
    飲食のサービスは受けたのですか?
    オーナーは御礼としてお中元お歳暮的に何かを形で送って来て良いはず。それも無いのでしょう?

1件のトラックバック

コメントはこちら