同じアニメーションで、衣装違いなどのバリエーションを作りたい

同じアニメーションで、衣装違いやキャラクター違いのバリエーションを作りたい場合、参照セルを変更することで対応可能です。

本ページではサンプルデータ「基本的なアニメーションのサンプル」に格納されている「comipo」を使用し、「参照セルマップの変更」で衣装を差し替える方法と、「参照セル」を変更することで表情を変更する方法を解説します。

「参照セルマップの変更」で衣装のssce(セルマップファイル)を差し替える

サンプルデータ「基本的なアニメーションのサンプル」に格納されている「comipo」を使用し、制服を冬服から夏服に差し替える手順を解説します。

1.ComipoProject.sspjを開きます。

この段階では冬服の「clothes1.png」が参照イメージとなっています。

2.夏服の参照イメージを準備します。

差し替える参照イメージは同じ構成にしてください。

胴体、スカートなど、共通するパーツの位置がズレると、図柄が切れてしまうため、セルの範囲等を調整しなければいけません。

3.clothes1.ssce(冬服のssce(セルマップファイル)を複製します。

複製したいssceを右クリックし、コンテキストメニューから「複製」を選択してください。

4.複製したssceの参照イメージを、夏服の参照イメージである「clothes2.png」に変更します。

5.夏服の参照イメージが紐づいたssceが完成しました。

  • clothes1_1.ssce
    • clothes2.png(夏服の参照イメージ)

6.バリエーションを作りたいssaeを複製します。

アニメーションデータの複製でも問題ありません。
状況に応じて使い分けてください。

7.複製したssaeの参照先セルマップを変更します。

複製したssaeを右クリックし、「参照先セルマップの変更」を選択します。

8.対象のセルマップを変更します。

今回は冬服の「clothes1.ssce」を、夏服の「clothes1_1.ssce」に変更します。

9.参照セルマップが変更され、夏服に切り替わりました。

これで作業は完了です。

「参照セル」を変更し、表情を変更する

アトリビュート「参照セル」を変更し、表情等を変えることが可能です。

1.今回は目のパーツを変更します。

「Eye(目のパーツ)」の1フレーム目を選択します。

2.アトリビュートウィンドウの「参照セル」の「設定」をクリックし、変更したいセルを選択します。

3.「Eye」の参照セルが変更され、表情が変わりました。

ssae、アニメーションデータの複製を行い、上記手順で参照セルを変更することで、複数の表情バリエーションを作成することができます。

プログラム上でssceを差し替えたい

本ページの解説は、SpriteStudio上でのバリエーションの作成方法となります。
アプリケーション等の開発で、プログラム上でssceを切り替えたい場合は、下記ページをご参照ください。

画像差し替えでキャラクタを変更したい

参照イメージのテンプレートの作成方法、キャラクタ自体を変更したい場合は以下のページをご参照ください。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?