アニメーションの再生区間を指定したい

アニメーションの再生区間を指定したい場合、以下いずれかの方法をご利用ください。

ルーラー部で再生区間を指定する

アニメーションの再生区間を指定するには、フレームコントロールウィンドウのルーラー部で、を押しながら、再生させたい始点フレームと終点フレームをクリックすると、再生区間が指定されます。


再生区間を解除したい場合は、ルーラー部を右クリックしてコンテキストメニューを出し、「再生区間情報のクリア」を選択してください。

この再生区間の選択はSpriteStudio上でのみ有効です。
再生区間を指定した状態で保存しても、ssaeにはすべてのフレームが保存されます。

SpriteStudio以外で再生する際の設定方法

  • プログラム等で再生する場合
    プログラム上で、改めて再生区間を指定してください。
    ラベル機能や、アトリビュートの「ユーザーデータ」を利用するのも有効です。
  • レンダリング機能を使用して出力する場合
    レンダリング
    の際は「出力内容設定」で始点フレームと終点フレームを指定することで、指定した範囲だけを出力することができます。

下部ツールバーの開始/終了でフレームを指定する

本機能はSpriteStudio Ver.6にて追加されました。

フレームコントロールウィンドウの下部ツールバーの「開始/終了」で開始するフレームと終了するフレームを入力すると、その範囲のみを再生します。

ルーラー部で再生範囲を指定している場合はルーラー部の設定を優先します。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?