SpriteStudioで作成したデータをオリジナルのゲームエンジンで使用したい

OPTPiX SpriteStudioで作成されたデータをオリジナルのゲームエンジンで使用する際は「SpriteStudio SDK」、「ssbpLib」をご利用ください。

SpriteStudio SDKについて

「SpriteStudio SDK」には、SpriteStudio形式のファイル(sspj,ssce,ssae,ssee)の読み込みモジュールなどのライブラリ、データを加工するツールなどが含まれています。
こちらを使用していただくことでオリジナルのゲームエンジンへのデータを出力するツールを作成する等、対応可能になります。

ssbpLibについて

C++で作られたゲームエンジンの場合は、アニメーションデータを再生するための汎用C++ライブラリ「ssbpLib」もございます。

ssbpLibは、SpriteStudioで作られたアニメーションデータを、SpriteStudio SDKに含まれている「Ss Converter」にて出力される汎用バイナリファイル「ssbp」を用いて再生するライブラリになります。
ssbpLibは、ssbpのバイナリデータからアニメーション情報を解析し、描画へリクエストを行うライブラリとなっております。
ファイルの読み込み、再生環境への描画部分は含んでおりませんので、ご了承ください。


SpriteStudio Ver.6

SpriteStudio 6 SDK SS6ssbpLib

SpriteStudio 5

SpriteStudio 5 SDK

ssbpLib

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?