突然SpriteStudioの動作が不安定になった(Windows)

突然SpriteStudioがフリーズする・起動しない等、様々な症状が発生した場合
Windows Updateによるデバイスドライバーの更新や、SpriteStudioのGUIの描画方法の設定がご利用のPCの環境と合っていない場合があります。

本ページではよくお問合せを頂戴する、GPUや描画方法に依存するエラーについてまとめています。

このページでは以下の症状をフォローします

上記の症状以外でお困りの場合、逆引きリファレンスのエラー関連や、SpriteStudioコミュニティに類似のお問合せが無いか一度検索いただければ幸いです。

レイアウトウィンドウでパーツのスケール変更など操作を行うとフリーズする

考えられる原因

特定のアニメーションを表示しようとするとフリーズする

考えられる原因

SpriteStudioが起動しなくなった

考えられる原因

OpenGLのバージョンが古いため正常に動作させることができませんというダイアログが出てしまう

考えられる原因

0 による浮動小数点数除算というエラーが発生してしまう

考えられる原因

セルリストなど、一部のウィンドウで表示に異常が発生する

考えられる原因

ノートパソコンで使用しようとすると動作が重くなってしまう

考えられる原因

対処方法

適切なグラフィックドライバーが使用されていない

Windows Update の自動更新の影響で、グラフィックボードのデバイスドライバーが更新されていたり、古いデバイスドライバーのまま使用している可能性があります。

ご使用のコンピュータで動作しているGPUベンダーのサポートページから、最新のデバイスドライバーをダウンロードし更新してください。

主要なベンダーのダウンロードページ

グラフィックボード(NVIDIA)の設定が高パフォーマンスになっていない

グラフィックボード(NVIDIA)のグローバル設定が自動選択になっている場合、フリーズが発生する可能性があります。

NVIDIA コントロールパネルから、「高パフォーマンス NVIDIA プロセッサ」に設定を変更してください。

ノートパソコンが内蔵グラフィックボードで動作している

ノートパソコンの場合、バッテリーの持続時間を保つため、内蔵グラフィックボードとGPUを切り替える設定があります。
この機能の影響で、内蔵グラフィックボードで動作するように切り替わることがあります。

常にGPUで動作するように、設定を変更してください。

常にGPUが動作するように設定を変更する

  • 常にGPUが動作するよう指定する
  • 電源に接続している場合、GPUが動作するよう指定する
  • ソフトウェア指定で、GPUで優先動作させるよう設定する

などが可能か、使用しているノートパソコンのマニュアルをご確認ください
※ノートパソコンの仕様により指定できないケースもあります

電源プランの見直し

Windows のコントロールパネルに「電源オプション」の設定があります。
こちらで「電源プランの選択またはカスタマイズ」で「高パフォーマンス」にしていただき、
GPUで動作するように設定できないか、ご確認ください。

GUI描画設定がご利用の環境と適していない

WindowsUpdateやドライバの更新による影響の可能性がございます。

SsOption.ssop の設定変更をお試しください。

SsOption.ssop の設定を変更する

お使いのSpriteStudioのバージョンによって「SsOption.ssop」のファイル名が異なります。

SpriteStudio 5 ドキュメント/SpriteStudio/SsOption.ssop
SpriteStudio Ver.6 ドキュメント/SpriteStudio/SsOption_v6.ssop

設定の変更方法

  1. SpriteStudio を終了します。
  2. マイドキュメント/SpriteStudio の中にある 設定ファイルをメモ帳などのテキストエディタで開きます。
  3. <useDXSoftware>0 の部分を <useDXSoftware>1 に変更します。
  4. ファイルを保存します。
  5. SpriteStudio を起動してください。

Ver.6.2 以降をご利用の場合

SpriteStudio Ver.6.2.0以降 では環境設定でGUIの描画方法を変更することが可能になりました。

1.「ファイル」メニューから環境設定を開きます。
その他の中に「GUI描画設定」があるので、こちらを変更します。

2.プルダウンメニューから任意のものを選択してください。

デフォルトでは「GDI+ を使用する」になっています。

3.OKを押すとダイアログが表示されますので、SpriteStudioを閉じ、再起動して設定を反映してください。

再起動する際には、編集中のsspjを保存するようにしてください。

GPUがWindows10のサポート対象外となっている

メーカーサポートが終了したGPUについては、デバイスドライバのWindows 10対応がおこなわれず、OSアップグレード後に動作しなくなり、エラーが発生する場合がございます。

特に、Windowsの大型アップデート時にサポート終了となる場合がございます。

この場合、デバイスドライバの確認・更新や、PCの買い替えなどをご提案しております。

解決しない場合

開発チームにて調査を行います。下記のお問合せフォームから症状をお伝えください。
追ってご返信いたします。
調査のためにデータのご提供をお願いする場合がございます。早期解決のため、何卒ご協力をお願いいたします。

※いただいたデータはお問合せいただいた不具合の調査以外に使用いたしません。

使い方・不具合・相談

OPTPiX SpriteStudio 5 につきましては Ver.5.8.3 が最終版となります。

SpriteStudio 5 につきましては不具合修正や Windows 10、macOS High Sierra以降にリリースされた最新OSへの対応等は行いません。

SpriteStudio 5 の今後のサポートに関して、詳しくは以下のページをご覧ください。