Linux版 アンインストール

OPTPiX SpriteStudio 6 License Manager Linux版の使用を止める際のアンインストール方法を説明します。

目次

アンインストール方法

  1. 登録解除スクリプトを実行します。
    #/opt/wtflmgrd_ss6/bin/wtflmgrd_unreg.sh

    登録解除スクリプトでは、次の手続きを行います。

    • ライセンスの解除
    • daemon の停止と登録解除
    • ポートの開放停止

  2. 登録解除スクリプトの終了を待ちます。
    画面には処理結果が順に表示されて行きます。処理が完了するとコマンドプロンプトに戻ります。
    Unregister FLM license.
    Starting license authorization...
    Unregistration complete.
    Disable daemon.
    Close wtflmgrd port.
    success
    success
    Done.
    #
    
  3. パッケージをアンインストールします。
    #yum erase wtflmgrd_ss6

    アンインストール対象のディレクトリやファイルがすでに削除済みの場合、その旨の警告が表示されることがあります。パッケージのアンインストールにて自動的に削除されないファイルは、rm コマンドを使用して手動にて削除してください。

登録解除時のエラーについて

登録解除スクリプト実行時に次のエラーが発生することがあります。

Authorization failed, error code 78-0
ERROR: License unregistration failed.

これは短期間にライセンスキーの解除を何度も行うと発生するセキュリティエラーです。

このエラーが発生した場合、当該ライセンスキーを別のサーバーに移動させることはできなくなります。引き続き同じサーバーでライセンス認証して使用することは可能です。

別のコンピューターにてライセンスを使用される場合は、ユーザーサポートにお問い合わせください。

関連ページ

このエントリーは役に立ちましたか?